パリス・ヒルトン(ぱりすひるとん)

誕生日:
1981年2月17日
星座:
みずがめ座
身長:
173cm
画像 記事 雑誌 プロフィール

パリス・ヒルトンの関連リンク

パリス・ヒルトンに関する画像

パリス・ヒルトンに関する記事

  1. ブリトニー・スピアーズ、第3子妊娠 周産期うつ病の経験も明かす

    モデルプレス

  2. パリス・ヒルトン、純白ドレス姿披露 豪華すぎるウェディングパーティーが話題

    モデルプレス

  3. パリス・ヒルトン、4度目の婚約発表 40歳の誕生日にサプライズ

    モデルプレス

  4. <海外セレブのハロウィン>パリス・ヒルトン、アリアナ・グランデらSEXY美ボディ&高クオリティな仮装が今年も話題に

    モデルプレス

  5. オーランド・ブルームの“わんこ”日本メディア初取材 パリス・ヒルトンの大豪邸にも潜入

    モデルプレス

  6. パリス・ヒルトン、3度目の婚約解消か

    モデルプレス

  7. パリス・ヒルトン、“2億円超”婚約指輪を紛失し号泣 リングの行方は?

    モデルプレス

  8. パリス・ヒルトン、婚約を発表

    モデルプレス

  9. <海外セレブのハロウィン>過激なSEXYコス&桁違いのクオリティ…今年も本気度がすごかった

    モデルプレス

  10. セレーナ・ゴメス、恋人との密着ショット初公開で話題 まだいる!“コーチェラ”フェス訪れたカップルたち

    モデルプレス

  11. <海外セレブのハロウィン>アリアナ・グランデはポケモン、ケイティ・ペリー、テイラー・スウィフトは…

    モデルプレス

  12. パリス・ヒルトン、極小チワワがペットに加入

    モデルプレス

  13. パリス・ヒルトン、ロングドレスで空港に降り立つ

    モデルプレス

  14. ワンランク上の大人の女性を目指すなら「格子柄」ワンピがオススメ!

    モデルプレス

  15. パリス・ヒルトン、愛犬ティンカーベルの死に悲嘆

    モデルプレス

  16. SEXY&キュートなフェスファッションをイッキ見!「コーチェラ」来場セレブまとめ

    モデルプレス

  17. フェスシーズン幕開け セレブの「コーチェラ」フェスファッション

    モデルプレス

  18. グラミー賞アフターパーティ、テイラー・スウィフトら人気セレブが集合 

    モデルプレス

  19. パリス・ヒルトン、今度は18歳のイケメンモデルと交際?

    モデルプレス

  20. 海外セレブInstagram、今年最も「いいね!」された写真を発表

    モデルプレス

パリス・ヒルトンに関する雑誌

パリス・ヒルトンのプロフィール

パリス・ヒルトン

生年月日:1981年2月17日
出身:アメリカ合衆国

アメリカ合衆国の実業家、ソーシャライト、テレビ番組・メディアパーソナリティ、モデル、女優、歌手、DJである。彼女はヒルトンホテルの創設者コンラッド・ヒルトンの孫娘である。ニューヨーク市で生まれ、カリフォルニア州ビバリーヒルズで育ったヒルトンは、ニューヨークに本拠を置くモデルエージェンシートランプ・モデル・マネージメント(英語版)と契約を結び、10代のときにモデルとしてその経歴を開始した。彼女の私生活は噂が立ってエンターテインメントニュースとダブロイドの特集をもたらし、ヒルトンは2001年に「ニューヨークを代表するイット・ガール(英語版)」と宣言された。2003年、ヒルトンとかつての恋人リック・ソロモン(英語版)とのセックス・テープ(英語版)がリークされ、後に「ワン・ナイト・イン・パリス」という題名で発売された。リアリティ番組シリーズ「シンプル・ライフ」の封切の3週間前のことであった。彼女は彼女の長年の友人であるニコール・リッチーと共に出演し、セックス・テープはメディアで話題となった。

2004年、ヒルトンはニューヨーク・タイムズ・ベストセラー・リスト(英語版)になった著書「コンフェッション・オブ・アン・エイレス(英語版)」を発表。その後、ホラー映画「蝋人形の館」に出演。2005年にワーナー・ブラザース・レコードと契約し、スコット・ストーチ(英語版)、トム・ウォーリー、J・R・ローテム(英語版)、ドクター・ルーク(英語版)、フェルナンド・ギャリベイ(英語版)、カーラ・ディオガルディ(英語版)がポップアルバムに登場。

ヒルトンのデビューシングル「スターズ・アー・ブラインド(英語版)」は、2006年6月に全世界で発売され、スコットランドでの首位獲得を始め、世界中で即座にヒットした。アメリカでは、2006年に最もヒットしたデビューシングルの1つになった。デジタル販売の好調によりBillboard Hot 100で最高18位を記録し、125以上のラジオ局で放送された。2006年8月22日に世界的に発売された自分の名前を冠したアルバム「パリス(英語版)」は、Billboard 200で最高6位を記録し、世界中で60万枚を売り上げた。

ヒルトンはその後、リアリティ番組界に戻った。2008年に「MTV My New BFF~パリス・ヒルトンのベストフレンドを探せ!~」、2009年にそのスピンオフ「Paris Hilton's British Best Friend」「Paris Hilton's Dubai BFF」、2011年にオキシジェン(英語版)シリーズ「The World According to Paris」。彼女のその他の演技の経歴には、「パリス・ヒルトン in HOLLYWOOD☆SCANDAL(英語版)」「プリティ・ライフ パリス・ヒルトンの学園天国(英語版)」(2006年)、「The Hottie and the Nottie」(2008年)、「REPO! レポ」(2008年)、ソフィア・コッポラの「ブリングリング」がある。2012年、ヒルトンはDJとしての経歴を発表し、サンパウロのポップ・ミュージック・フェスティバルでデビューした。彼女のパフォーマンスは批判されたが、世界中でクラブレジデンスを抱える有名DJの1人となった。同年、リル・ウェインとバードマンのレーベルキャッシュ・マネー・レコードとレコード契約を結び、音楽界の戻った。

批評家や崇拝者たちはヒルトンは「有名であることで有名(英語版)」だと述べている。それはセレブタントと呼ばれており、才能や仕事ではなく、豊かな富や生活様式で知られる有名人のことである。

彼女はメディアでの名声を香水とファッションブランドに引き出した。彼女の香水は15億ドルを稼ぎ出した。現在、3つのパリス・ヒルトン・アパート複合施設と、44のパリス・ヒルトン・ショップが世界中にあり、香水、ハンドバッグ、時計、靴などの製品を扱っている。ヒルトンは製品の販売により年間1000万ドル以上を稼いでいる。香水製品だけでも、ハリウッドの女優エリザベス・テイラーのそれに次ぐ2番目の売り上げを記録しており、25億ドル以上の収入がもたらされている。2005年の時点で、クラブやイベントに出演して役30万ドルを稼いだ。

■出演
・映画
Wishman(1991年)
Sweetie Pie(2000年)
ズーランダー Zoolander(2001年)カメオ出演
Nine Lives(2002年)
QIK2JDG(2002年)
L.A. Knights(2003年)
Wonderland(2003年)
ハットしてキャット - The Cat in The Hat(2003年)
Win a Date with Tad Hamilton!(2004年)
パリス・ヒルトン in ビバリーヒルズの誘惑 - The Hillz(2004年)
Raising Helen(2004年)
蝋人形の館 - House of Wax(2005年)
Bottoms Up(2006年)
プリティ・ライフ パリス・ヒルトンの学園天国 - National Lampoon's Pledge This!(2006年)
The Hottie and the Nottie(2008年)
REPO! レポ(2008年)

■受賞とノミネート、記録など
・女優業
蝋人形の館(2005)
2006年 MTVムービー・アワード
ノミネート:恐怖演技賞
第26回ゴールデンラズベリー賞
受賞:最低助演女優賞
ノミネート:最もうんざりしたダブロイドネタ賞
ティーン・チョイス・アワード
受賞:Choice Movie Scream Scene
ノミネート:Choice Movie Breakout Performance - Female

The Hottie and The Nottie(2008) / REPO! レポ(2008)
第29回ゴールデンラズベリー賞
受賞:最低助演女優賞

蝋人形の館(2005)/ The Hottie and The Nottie(2008) / REPO! レポ(2008)
第30回ゴールデンラズベリー賞
受賞:2000年代最低女優賞

・その他
2008年 Harvard Lampoon ウーマン・オブ・ザ・イヤー

・記録
2003年 ミスター・ブラックウェルが選ぶ女性ワーストドレッサー 1位
2004年 ミスター・ブラックウェルが選ぶ女性ワーストドレッサー 5位
2005年 ミスターブラックウェルが選ぶ女性ワーストドレッサー 6位
2006年 ミスターブラックウェルが選ぶ女性ワーストドレッサー 1位(ブリトニー・スピアーズと同率で1位)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.