久松郁実(ひさまついくみ)

誕生日:
1996年2月18日
星座:
みずがめ座
身長:
165cm
画像 記事 雑誌 プロフィール

久松郁実の関連リンク

久松郁実に関する画像

久松郁実に関する記事

  1. 結婚発表の久松郁実、インスタで改めて報告 山本美月も祝福

    モデルプレス

  2. 久松郁実、2020年秋に結婚していた 美しいウエディングドレス姿披露

    モデルプレス

  3. 2月18日はスターを生む?東方神起・BTS・SEVENTEENら誕生日重なりネット賑わす

    モデルプレス

  4. 久松郁実、新型コロナウイルス感染 所属事務所が発表

    モデルプレス

  5. 久松郁実「CanCam」専属モデル卒業

    モデルプレス

  6. 久松郁実、美ボディがのぞくSEXYシーンに自信 撮影中のハプニングも明かす

    モデルプレス

  7. 久松郁実、SEXY黒ビキニで美ボディ全開「私のお気に入り」私生活の水着事情も明かす

    モデルプレス

  8. 久松郁実「女子から見たら一番素敵な体」K-1武尊選手を絶賛

    モデルプレス

  9. 久松郁実、ハワイでヘルシー&爽やかビキニ姿

    モデルプレス

  10. 久松郁実、ふんわり豊満バストに釘付け 初めて見せる“夜の顔”

    モデルプレス

  11. 久松郁実、大胆SEXYカット初挑戦を振り返る「ファンの方はびっくりすると思う 」

    モデルプレス

  12. 馬場ふみか&佐野ひなこ&久松郁実、話題の“ダメ恋ダンス”生披露に「可愛い」の声

    モデルプレス

  13. 佐野ひなこの「ダメ恋トーク」に悲鳴 衝撃エピソード明かす

    モデルプレス

  14. 久松郁実、大胆SEXYに初挑戦 ランジェリーで美谷間際立つ

    モデルプレス

  15. 馬場ふみか&佐野ひなこ&久松郁実、TWICE主題歌で踊るOPが可愛すぎ “ダメ恋ダンス”に「流行りそう」の声<深夜のダメ恋図鑑>

    モデルプレス

  16. 久松郁実、ファン騒然の大胆SEXY姿 ダイナマイトボディがパワーアップ

    モデルプレス

  17. 瀬戸利樹&清原翔、イケメン“ダメ男”に 馬場ふみか・佐野ひなこ・久松郁実らと恋模様<深夜のダメ恋図鑑>

    モデルプレス

  18. 馬場ふみか・佐野ひなこ・久松郁実、ダメ男たちと恋<深夜のダメ恋図鑑>

    モデルプレス

  19. 久松郁実、柔らかボディを“王道魅せ”

    モデルプレス

  20. 久松郁実、劇団EXILE野替愁平(SWAY)と恋愛ドラマ 撮影エピソード明かす<KISSしたい睫毛>

    モデルプレス

久松郁実に関する雑誌

久松郁実のプロフィール

久松郁実(ひさまついくみ)プロフィール

愛称:いくたん
生年月日:1996年2月18日
出身地:日本・東京都
血液型:O
身長:165cm
リーサイズ:B80/W60/H86
足のサイズ:23.5cm

久松 郁実(ひさまつ いくみ、1996年2月18日 - )は日本のファッションモデル、女優。
東京都出身。インセント所属。

■来歴

原宿でスカウトされ、2008年に『ハナチュー』のモデルとしてデビュー[1]。2009年2月号のハナチューで、初めての表紙を飾る。同年、『携帯彼氏』で映画初出演。

2012年8月23日発売の「CanCam」10月号の専属モデル入りを発表した。

■人物

2012年3月に発売された「CanCam」の増刊号「プチCan」に登場するや「あの可愛い子は誰?」と話題となり「CanCam」専属モデルに昇格した。

特技はバスケと走ること。趣味はファッションやメイクなどの人間観察。

■出演

◆雑誌

・「Hanachu」(2008年10月号 - 2011年5月、主婦の友社)専属モデル
・「CanCam」(2012年8月発売10月号~、小学館)専属モデル


◆テレビ

・東京カワイイTV(2009年11月21日、NHK総合)
・ケータイGACHI中学生のホンネを聞いて(2010年5月11日、NHK教育)
・Nコンマガジン ハモリ隊、隊長(2011年、NHK教育)

◆Web

NTTドコモ携帯ドラマ「あともう一歩~無限ループ∞受験生~」 黒沢エリカ 役(2010年 - )

◆映画

携帯彼氏(2009年)長内和恵 役

◆カタログ

プチベリー(2009年-、ニッセン)
なかよし共和国(2010年-、ニッセン)

◆出典・脚注

“久松郁実 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑”. 2010年9月5日閲覧。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.