石川瑠華(いしかわるか)

「石川瑠華」に関連するモデルプレス記事

  1. 金子大地の“笑顔”をチェック 共演の石川瑠華「機嫌をうかがってから…」

    モデルプレス

石川瑠華のプロフィール

石川瑠華(いしかわ るか)

生年月日:1997年3月22日
出身:埼玉県
身長:155センチ

ソニー・ミュージックアーティスツ所属の女優。チーズfilmサポートタレント

▪経歴
西武学園文理高等学校卒業、上智大学理工学部物質生命理工学科在学中。

大学在学時よりモデルキャスティングサービス「Cherishdoll」に登録し、モデルとしての依頼を受け付けていた。2017年5月には写真週刊誌FRIDAYの「女子大生水着美女図鑑」で水着姿を披露している。制作会社・芸能事務所チーズfilmのトレーニングを半年間受講したのち、2017年8月11日に同事務所への所属が発表され、女優としての活動を開始した。

事務所所属後、2017年8月の舞台「SUGAR WORKS」でデビュー。初の映像出演は第2回未完成映画予告編大賞出品作の『猿楽町で会いましょう』のヒロイン・ユカ役で、同作はグランプリと小原信次賞を受賞し、2019年に本編の製作が決定。第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門正式出品作に選出され、2020年から渋谷シネクイントから全国順次公開が予定されている。

オーディションを経て、アスミック・エース配給で2019年8月公開の映画『イソップの思うツボ』の主演・亀田美羽役に抜擢。同映画のキャストが公開された際、Yahoo!リアルタイム検索に石川の名前が8位にまで上った。TOHOシネマズ日比谷で行われた初日舞台挨拶では「撮影のときには上映館が109館というのも、こんな光景が目の前に広がるというのも想像できなかったので、今すごくうれしいです」と喜びをあらわにした。

2020年1月1日より、ソニー・ミュージックアーティスツに移籍。前所属事務所のチーズfilmも「サポートタレント」という枠組みを新たに作り、引き続き石川をサポートする。同年8月から放送のフジテレビ系連続ドラマ『13』にて主人公の妹役を演じ、これが連続ドラマの初レギュラー出演となった。

▪人物・エピソード
特技にダンス、テニス、水泳、蕎麦の早食いを挙げており[5]、特にダンスは幼稚園生の頃から続けており、大学でもダンスサークルに入ってヒップホップをやっていた。役者デビュー前、好きな有名人に広瀬すず、宮崎あおい、綾瀬はるかを挙げていた。好きなお笑い芸人はくりぃむしちゅー、NON STYLE。影響を受けた映画に『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を挙げる。

派手なことはあまり好まないタイプ。くまのプーさんの抱き枕を愛用している。

大学生になるまで役者の道に進むとは考えていなかったという。しかし、大学の環境が嫌になり「どこか違うところに行きたい」と思った結果、演技のワークショップを受けたところ、演技について想像していたものとは異なっていたことから興味を惹かれ、週1でワークショップに通い続けた。

役の中に自身の色が出てきてしまうのを嫌い、オーディションの際には自身のことを話したり伝えたりすることはほとんどなく、自分より役を見てほしいと考えている。これはSuperendrollerの舞台稽古中、役を演じていたつもりが「それは瑠華だから」と指摘されて悔しかった経験から来ている。オーディション前にはカフェなどに入ってイメージに近い音楽を聞くことで感情にスイッチを入れているという。役者としての将来像は「芸能人じゃない人。普通の人を普通に演じられる人。」と答えており、石川瑠華という名前よりも役名で覚えていてもらえるような役者を目指している。

映画『イソップの思うツボ』のオーディション終了直後、担当の監督3人の間では特別「石川がよかった」という意見は出ていなかったものの、特別華があったり、特別芝居が上手かったりを超えた何かを感じ取り、3人の監督全員が「この子は残しておこう」と石川の名前を候補に残していた。結果、新人女優ながらヒロインへの抜擢へと至った。

映画監督の児山隆が第2回未完成映画予告編大賞出品作の主役をどうするか考えていた際、Instagramで石川の写真を見て、まだ女優の仕事を行っていなかったものの「この人、すごい実在感があるな」と強く惹かれ、ダイレクトメッセージで出演をオファーした。映画化が決定した際も石川を最初にキャスティングし、「石川さんだけは絶対に残したい」とプロデューサーに伝えたという。

▪出演
テレビドラマ
御茶ノ水ロック 第5話(2018年2月8日、テレビ東京) - 晃子 役
絶景探偵。SP(2019年3月1日、福島中央テレビ) - ヒロイン・本村珠緒、ハナ 役(二役)
13(2020年8月1日 - 22日、フジテレビ) - 相川千帆 役
スポットライト 第8話「アタシはカレシ」(2020年8月25日、TOKYO MX1) - 主演・歩美 役
ウェブドラマ
告ったり、フラれたり 第25話「こんな生活終わってほしいと願った私がバカだった」(2019年9月27日、YouTube)
猿に会う(2020年4月10日 - 18日、dTV) - 飯田のぞみ 役
テレビ番組
全力坂(2018年6月13日・22日、テレビ朝日)
痛快TV スカッとジャパン(2018年12月17日・2019年1月14日・2月25日、フジテレビ)
映画
きらきら眼鏡(2018年9月15日公開、S・D・P、監督:犬童一利)
希望のゆくえ(2019年7月7日「ムビハイ19」にて上映、監督:貝田祐介) - 主演・佐々木菜々子 役
イソップの思うツボ(2019年8月16日公開、アスミック・エース、監督:浅沼直也・上田慎一郎・中泉裕矢) - 主演・亀田美羽 役
左様なら(2019年9月6日公開、SPOTTED PRODUCTIONS、監督:石橋夕帆) - 松井美優 役
恐怖人形(2019年11月15日公開、キグー、監督:宮岡太郎) - まどか 役
SHELL and JOINT(2020年3月27日公開、ギグリーボックス、監督:平林勇)※第41回モスクワ国際映画祭参加作品
13月の女の子(2020年8月15日公開、チーズfilm、監督:戸田彬弘) - 奥沢ほのか 役
猿楽町で会いましょう(2021年6月4日公開、エレファントハウス、監督:児山隆) - 主演・田中ユカ 役
うみべの女の子(2021年8月20日公開予定、スタジオジャム、監督:ウエダアツシ) - 主演・佐藤小梅 役
闇國(2021年公開予定、監督:藤井秀剛) - ヒロイン・佐竹花 役
短編映画
stay(「第20回TAMA NEW WAVE」出品・ある視点 Vol.3にて上映、監督:藤田直哉)
ビート・パー・MIZU(「MOOSIC LAB 2019」短編部門作品予定、監督:富田未来) - 主演・隅子 役
舞台
フロアトポロジー第8回公演「SUGAR WORKS」(2017年8月16日 - 20日、明石スタジオ)
ラ・セッテ×イヌッコロ コラボ公演「まわれ!無敵のマーダーケース」(2017年10月12日 - 22日、サンモールスタジオ)
Superendroller LIVE "scene04"「hammer & hummingbird」(2018年2月28日 - 3月4日、すみだパークスタジオ倉) - クチバシ 役
MV
宇宙団「ヘルプ!」(2018年)
TSUKEMEN「WINNING RUN」(2018年)
井上苑子「踏み出す一歩が僕になる」(2018年)
ゆず「イコール」(2018年)
森本ケンタ「trigger」(2018年)
森本ケンタ「時を止めて」(2018年)
Shift Control「ペトリコール」(2018年)
Aimer「We Two」(2019年) - アニメーションモデル
ロイ-RöE-「VIOLATION*」(2019年)
とけた電球「焦がれる」(2019年)
Only Hip Club「Monday Sunday」(2020年)
CM・広告映像
JT スペシャルムービー「想うた 愛する人を想う」篇(2018年)※Web限定CM
Google Home Mini「Loves Cat」篇(2018年)
JR東日本「TYO by Shinkansen!」(2019年)
読売ジャイアンツ「6月18日(火)はみんなでアフロ」(2019年)
TAMA-KYU「覆面マスクビヨ〜ン」(2019年)
AViVA「役立つクリエイティブスキル」篇(2020年)
その他コンテンツ
女子大生水着美女図鑑 2017Summer(2017年)
コウキシン女子の初体験 vol.17(2019年)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

石川瑠華を「ウィキペディア」で参照する