石橋遼大(いしばしりょうだい)

誕生日:1996年9月13日

「石橋遼大」に関連するモデルプレス記事

  1. 「有吉の壁」“2.7次元アイドル”KOUGU維新の稽古に密着 プラスドライバ&マイナスドライバの手に汗握る戦い

    モデルプレス

  2. 四千頭身・石橋遼大、元カノが“リオ五輪入賞選手”と告白

    モデルプレス

  3. 「有吉の壁」“2.7次元アイドル”KOUGU維新、最初で最後のミュージカル挑戦

    モデルプレス

  4. 「有吉の壁」“2.7次元アイドル”KOUGU維新、音楽番組初出演決定 選抜メンバーでパフォーマンス

    モデルプレス

  5. 「有吉の壁」“2.7次元アイドル”KOUGU維新がブレイク中 癖になるパロディ感&美麗ビジュアルにハマる人続出

    モデルプレス

  6. EXIT兼近大樹「青春アミーゴ」熱唱 四千頭身・石橋遼大との「四千チャラーゴ」が話題

    モデルプレス

石橋遼大のプロフィール

石橋 遼大(いしばし りょうだい、1996年9月13日)

四千頭身の石橋担当。ボケの都築、ツッコミの後藤に対して石橋担当。立ち位置は石橋。
東京都出身。身長171cm。血液型AB型。利き手は右。愛称は 「バシ」「バシくん」。
特技は、『スラムダンク』の漫画単行本全31巻のサブタイトルが言えること、15秒間の中で自分の頭を立ったまま30回蹴れること、うつ伏せの状態から跳ね上がれること。『スラムダンク』の他に好きな漫画は、『ONE PIECE』、『ドラゴンボール』、『NARUTO』。
実践学園高校サッカー部出身。小学1年生から高校3年生までサッカーをやっていた。上述の頭を立ったまま蹴る特技も、サッカー部時代に股関節のストレッチをし続けて出来るようになったものである。相撲にも詳しく、趣味は大相撲観戦。好きな決まり手はすくい投げ。
NMB48、小田和正のファン。アイドルでは48グループのことに詳しい。
幼稚園児の頃に『SMAP×SMAP』でのSMAPのコントを視てバラエティにハマったことが、芸人を目指すようになったきっかけ[1]。ワタナベコメディスクールに入学したのは、同スクールの関係者が父の知人と関わりがあったというその縁から。
元々、かまいたちなど関西の芸人が好きだった。後藤とも、学天即が面白いという話題から意気投合した。
上品な顔立ちで女性ファンも多く、そのファンは別名『バシガール』と呼ばれている。

石橋遼大を「ウィキペディア」で参照する