石崎ひゅーい いしざきひゅーい

「石崎ひゅーい」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「石崎ひゅーい」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「石崎ひゅーい」に関連するモデルプレス記事

石崎ひゅーいのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

石崎ひゅーいのプロフィール

石崎ひゅーい(いしざき・ひゅーい)

シンガーソングライター。
生年月日:1984年3月7日
出身地:茨城県
血液型:A型

■来歴

茨城県水戸市出身。中学校3年生のとき、友人に誘われてボーカルを担当する。その後、和光大学1年生のときにコピーバンドを解散し、2004年10月にロックバンド「astrcoast」を結成する。

astrcoastで活動中、横浜市のライブハウスで須藤晃と出会う。その後、須藤の後押しもあり、2010年11月にバンドを解散してソロに転身。

2012年7月25日、エピックレコードジャパンからミニアルバム『第三惑星交響曲』をリリースし、メジャー・デビューを果たす。「第三惑星交響曲」は、スペースシャワーTV7月度パワープッシュとM-ON8月度レコメンドと異例のCS2冠を獲得。

「僕がいるぞ!」のPVに携帯電話の番号が公開され、2015年3月19日から4月7日までの18:00 - 21:00の間に、本人がかかってきた電話に出るという企画が行われた。

2015年6月、劇団鹿殺しのロックオペラ「彼女の起源」で客演主演を務め、初の演技へ挑戦。

2015年9月25日、日本テレビのニュース番組『NEWS ZERO』内「FROM ZERO」のコーナーで取り上げられた。

2016年12月公開の映画『アズミ・ハルコは行方不明』(原作:山内マリコ・監督:松居大悟)で主演の蒼井優の相手役として映画初出演を果たす[10]。

2018年1月から放送の日本テレビドラマ「トドメの接吻」主題歌の菅田将暉「さよならエレジー」を楽曲提供している。

2018年3月28日に初のベストアルバム「Huwei Best」を発売。4月12日(木)には代々木公園・野外ステージでのフリーライブが決定している。

■音楽性

生々しく感情を歌い上げるボーカルと、リアルな日常とファンタジックな想像が合わさった楽曲が特徴[14]。特にボーカルについては、マーティ・フリードマンから「歌ってる最中の声に、『震え』がひしひしと感じられる」という評価を受けた。石崎自身は、母親の影響を強く受けていると発言しており、楽曲に含まれるファンタジックな要素は母親の影響が表れたものとしている。

ライブでは、ピアノやギターによる弾き語りを披露することもあるが、基本的には歌のみを担当している。またライブ中はステージを所狭しと動き回っており、時折、一風変わったジャンプを見せる。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

石崎ひゅーいを「ウィキペディア」で参照する