富澤たけし とみざわたけし

「富澤たけし」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「富澤たけし」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「富澤たけし」に関連するモデルプレス記事

富澤たけしのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

富澤たけしのプロフィール

富澤 たけし(とみざわ・たけし)

生年月日:1974年4月30日
出身:宮城県
血液型:AB型

お笑いコンビサンドウィッチマンのボケ担当。

■略歴
父、富澤清は大手輸入食品会社支社長である。

生後半年で愛知県名古屋市守山区に移住、さらに1980年(昭和55年)に新潟県新潟市中央区に移住したのち、1984年(昭和59年)から宮城県泉市(現・仙台市泉区)で育った。いずれも父の転勤による。

仙台市立南光台中学校、仙台商業高等学校卒業[6]。高校生の頃から普通のサラリーマンにはなりたくなく、役者やモノを作り上げる人間になりたいと漠然と思い始め、卒業間近になっても芸能人かクリエイターという夢を捨てたくなかったことから、高校卒業後は定職に就かずアルバイト生活に入る。

1995年に創立された吉本興業仙台事務所(仙台吉本)への所属を目標に、最初はラグビー部の同級生の伊達みきおを誘ったが断られ[7]、小学生・中学生時代からの友人だった別の相方と組んで「ゆやゆよん」というコンビ名でアマチュア活動をしていたが、所属以前に仙台吉本が撤退した(仙台吉本に所属していたという報道があったが、これは誤報)。「ゆやゆよん」として「仙台夕やけ劇場」の素人コーナーに出演していた[5]。仙台夕やけ劇場の閉鎖と共にゆやゆよんは解散[7]。後に、一度は断られた伊達を改めて誘ったところ了承され、1998年9月に「親不孝」を結成[7]。仙台で一緒にやっていて先に上京していた芸人仲間と同じホリプロ預かりとなるが、ネタ見せでの不満やいざこざなどもあってホリプロを脱退。フリーになると共にコンビ名を「銭と拳(かねとこぶし)」に改名[7]。後に浜田ツトムが加わり「サンドウィッチマン」となる。2000年9月、浜田が脱退するが、ユニット名は変更せず。2003年末頃の一時期「バイキング」に改名したことがある。

2011年3月11日、気仙沼市で『サンドのぼんやり~ぬTV』のロケ中に東北地方太平洋沖地震が発生し、相方の伊達みきお、番組スタッフと被災した。スタッフの指示で安波山に避難したが、津波で町が浸水した後に火災が発生し、山を下りられない状態になった。その後、気仙沼市内のホテルのロビーに避難した。翌朝、無事であるとブログで報告し、東北放送へ向かう最中、『久米宏 ラジオなんですけど』に生出演した。東北放送到着後、実家へ寄り肉親の無事を確認。10時間かけて東京へ戻った。なお、富澤のブログのコメント欄は安否情報の連絡掲示板として開放されている。

2011年4月27日に長男、2015年6月9日に次男が誕生。

■出演
・テレビドラマ
ハチワンダイバー(2008年5月3日 - 7月19日、フジテレビ) - 飛鷹安雄 役
空飛ぶ広報室(2013年6月23日、TBS) - 最終話ゲスト・山本三等空佐 役
生きたい たすけたい(2014年3月11日、NHK) - 智弘 役
ごめんね青春!(2014年10月12日、TBS) - 富永 役
勇者ヨシヒコと導かれし七人(2016年10月28日、テレビ東京) - 盗賊の前説 役
カルテット(2017年1月17日 - 3月21日、TBS) - 谷村大二郎 役
精霊の守り人 悲しき破壊神(2017年3月18日 、NHK総合) - オゴン 役
精霊の守り人 最終章(2018年1月6日、NHK総合)-オゴン 役
BG~身辺警護人~(2018年2月22日、テレビ朝日)- 飲食店の店員 役

・バラエティ
女子アナの罰(2012年7月16日 - 2014年3月26日、TBS) - ナレーター

・テレビアニメ
GON -ゴン-(2012年) - リーダー 役(声の出演)

・映画
銀色の雨(2009年) - 魚屋・小島 役
とある飛空士への追憶(2011年) - 千々石武夫 役(声の出演)
アイネクライネナハトムジーク(2018年公開予定)

・CM
雪見だいふく(ロッテアイス) - 冷蔵庫 役(声の出演)
日産・ノート(日産自動車)
住友生命(飲食店で1UP)篇 -店主Tさん役 (2017年)

・PV
スキマスイッチ「Hello Especially」(2013年)

■作品
・著書
ちょっと何書いてんのかわかんないです……!!(2008年12月1日、講談社)

・脚本
独眼竜 花嫁道中(2015年7月29日、NHK BSプレミアム)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
富澤たけしを「ウィキペディア」で参照する