ますだおかだ ますだおかだ

「ますだおかだ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「ますだおかだ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「ますだおかだ」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

ますだおかだのプロフィール

ますだおかだ

増田英彦と岡田圭右の2人からなるお笑いコンビである。所属事務所は松竹芸能。略称は「ますおか」。2002年M-1グランプリ王者。

■メンバー
・増田英彦(ますだ・ひでひこ)
生年月日:1970年2月9日
出身:大阪府
血液型:O型

ボケ、ネタ作り担当。立ち位置は向かって右。
「増田政夫」名義で歌手デビューも果たしている。元々歌唱力の高さには定評があり、2007年2月27日放送の第7回お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャルではその実力を存分に発揮し見事優勝を果たしている(但し、「ますだおかだ」としてコンビでの優勝となっている。)。

・岡田圭右(おかだ ・けいすけ
生年月日:1968年11月17日
出身:大阪府
血液型:O型

ツッコミ担当。立ち位置は向かって左。
2008年から2011年まで「クイズ!ヘキサゴンII」の常連出演者で集められたヘキサゴンファミリーの一員[1]としても活動し、番組内から誕生した「AIR BAND」「(品川祐と)スベラーズ」「矢口真里とストローハット」などの複数のユニットのメンバーとして歌手活動も行っていた。但し、相方の増田と比べると歌唱力は普通程度である。

■来歴
1988年、大阪府枚方市にある関西外国語大学短期大学部穂谷学舎で同じクラスになり、出会う。
2人が2回生の時、増田が岡田を芸能界に誘うが、岡田が嫌がる。卒業後、増田は関西外国語大学の3年に編入学、岡田は専門学校へとバラバラになる。

増田は4回生で学園祭実行委員となり、イベントの司会などをしているところを、松竹芸能の目に止まり、スカウトされる。再び岡田を芸能界に誘い、なんとか2人で松竹芸能タレント養成所に通うも、3ヶ月後、岡田がやはり嫌がり、増田は広告代理店「大広(同期に佐々木蔵之介がいる)」、岡田は文具メーカー「クツワ」へと、内定していた就職先に就職した。

それと同時期に吉本新喜劇座員のオーディションに合格しており、芸能活動とサラリーマンの両方を並行しようとするも、新喜劇でのダンスのレッスンに岡田が嫌気が差したのか、レッスン2週目で増田と音信不通になった。

互いに音信不通になって4ヶ月たったある日、短大時代の友人の結婚パーティーで久しぶりに2人は再会。「サラリーマンの仕事がおもしろくない」ともらした岡田を増田が遂に口説き落とした。

1993年1月、2人はそれぞれの会社を退職。正式に松竹芸能タレント養成所に入所し、コンビを組む。2月には初舞台を踏み、4月には初テレビ出演を果たし、1年目でレギュラー番組3本(テレビ2本とラジオ1本)を持つ。

1994年1月に第15回ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞、同年2月に第24回NHK上方漫才コンテスト最優秀新人賞を受賞するなど結成1年足らずで数々の漫才の賞を総なめしていく。当時千原兄弟、ジャリズムなどのコントが主流の中で、無名のコンビが正統派の漫才でいきなり賞を受賞したことで一躍注目される事となる。同年8月にはGAHAHAキング(テレビ朝日)で10週勝ち抜き、第3代チャンピオンの座に輝く。グランドチャンピオン大会では爆笑問題と同点優勝し、「(関)西の爆笑問題」と呼ばれたことがある。

1996年、「ボキャブラブーム」や「吉本2丁目芸人ブーム」に挟まれ、東京移転や吉本興業移籍さえ真剣に考え始めた頃、ちょうど同時期にスタートした『爆笑オンエアバトル』(NHK)に参戦。正統派漫才を武器に連勝を重ねていき、様々な記録を残すなど活躍した(後述)。2003年に同番組を卒業。

2002年、本格的に東京進出。同年12月に開催された「M-1グランプリ2002」ではラストイヤーとなる結成10年目で見事優勝を果たした(後述)。

2006年4月から2007年3月までオールナイトニッポンのレギュラーパーソナリティーを務めた。
これ以前にも1994年4月8日、超若手の時代に特別番組としてオールナイトニッポンの2部(27:00 - 29:00)を担当し、当番組のプロデューサーに「いいね!ますだおかだ!秋から2部のレギュラーパーソナリティをやろうか!」と言われ、本来ならばそれが初の東京でのレギュラー番組の仕事となるはずであった。ところが、プロデューサーが人事異動となり、その時はオールナイトニッポンのレギュラーパーソナリティを逃している。さらに、1998年ごろにも特番として担当した際にもプロデューサーから「4月からやろうか」と言われたが、またもプロデューサーの人事異動によりレギュラーを逃しており、2006年4月にようやく念願のオールナイトニッポンのレギュラーパーソナリティーを務めることになった。

2009年からはそれぞれがピンで情報番組の司会を担当しているため、コンビでのテレビ出演が減少している。

2013年、コンビ結成20周年。12月14日には、『ますだおかだコンビ結成20周年記念特番 漫才のキセキ 』が関西テレビで放送された。

2016年2月29日、「よしもと砦の戦い~松竹芸能軍の来襲~」(吉本新喜劇の本拠地・なんばグランド花月での特別公演)に、「松竹芸能軍」のメンバーとして出演した。

現在は主にテレビ出演であるが、隔月ペースで漫才ライブ(漫才セブン)を東京(松竹芸能新宿角座)と大阪(松竹芸能 DAIHATSU MOVE 道頓堀角座)で行い、新ネタを披露し続け、年に数回のネタ番組にも出演している。

■受賞歴
第15回「ABCお笑い新人グランプリ」最優秀新人賞(1994)
第24回「NHK上方漫才コンテスト」最優秀賞(1994)
第29回「上方漫才大賞」新人奨励賞(1994)
第36回「上方漫才大賞」奨励賞(2001)
第30回「上方お笑い大賞」話題賞(2001)
平成13年度「咲くやこの花賞」大衆芸能部門(2001)
第37回「上方漫才大賞」大賞(2002)

・その他
GAHAHAキング(テレビ朝日)第3代チャンピオン(1994)
爆笑オンエアバトルにて史上初となるパーフェクト(545キロバトル)を大阪収録で達成(1999)
第1回「M-1グランプリ」第4位(特別審査員の合計点は第2位)(2001)
第2回「M-1グランプリ」優勝(2002)
爆笑オンエアバトルゴールドバトラー、最多連勝記録(17/17、その後タカアンドトシが18連勝で更新)

■出演
レギュラー番組[編集]
※それぞれ単独での出演番組に関しては、増田英彦、岡田圭右の項を参照のこと。

アッコにおまかせ!(TBS)- 準レギュラー
ゴゴスマ!(CBC) - 増田:金曜日レギュラー。岡田:火曜日準レギュラー。
怪談グランプリ(2009年 - 、関西テレビ)年1回特番。岡田が司会・増田が審査員
過去のレギュラー番組[編集]

・テレビ
カオスパニック(KBS京都)
月刊爆笑演芸ライブ(朝日放送)
Jリーグ図鑑(関西テレビ)
Jリーグ事典(関西テレビ)
街かどチャチャチャ(朝日放送)
GAHAHA王国(テレビ朝日)
BIG4ボウリング(朝日放送)
堂本剛のDO-YA!(朝日放送)
謎の処方箋 コントS錠(関西テレビ)
猛虎まるかじり(skyA)
あなたにありがとう(関西テレビ)
昼あがり!どまんなか(関西テレビ)
S-KIP!(関西テレビ)
DOSUE!(関西テレビ)
ファイトマネー(関西テレビ)
スゴ腕バウト(関西テレビ)
紳助ファンド(関西テレビ)
いつでも笑みを!(関西テレビ)
ガラパゴス〜絶滅危惧品種保護委員会〜(関西テレビ)
野球狂のネタ(関西テレビ)
BAN!BOO!ぱいん!!(よみうりテレビ)
金曜かきこみTV(NHK教育)
土曜かきこみTV(NHK教育)
GIRLS A GOGO!(テレビ朝日)
ますだおかだ角パァ!(朝日放送)
F2スマイル(フジテレビ)
全国一斉!日本人テスト(フジテレビ)
シブスタ(テレビ東京)
笑いの金メダル(朝日放送)
恋愛脳℃(TBS)
ますだおかだのこれイチ!(よみうりテレビ)
ますだおかだの出たぁトコ勝負!(ファミリー劇場)
ますおかの完パケましょう(ファミリー劇場)
っちゅ〜ねん!(毎日放送)
ラジかるッ(日本テレビ)岡田のみ
おもいッきりイイ!!テレビ(日本テレビ)岡田のみ
おもいッきりDON!(日本テレビ)岡田のみ
おもいッきりDON!第1部 おもいッきりPON!(日本テレビ)岡田のみ
痛快!エブリデイ(関西テレビ)増田のみ
テレビでハングル講座(NHK教育)増田のみ
チャレンジ!ホビー『めざせ! ロックギタリスト』(NHK教育)増田のみ
名作ホスピタル(NHK教育)増田のみ
アップ&UP!(関西テレビ)増田のみ
あっぷ&UP!(関西テレビ)
キキミミ!(関西テレビ)
韓流チョッタ!~ますだ式韓国ガイド~(ひかりTV)増田のみ
ヴァンガ道(テレビ東京­­)岡田のみ
原宿キラキラ学院(テレビ東京)岡田のみ
見知らぬ関西新発見!みしらん(朝日放送)岡田のみ
MY MO SEOUL(TOKYO MX) 増田のみ
飛び出せ!MY MO SEOUL(TOKYO MX) 増田のみ
岡田圭右のナイス「パァ!」ゴルフ(関西テレビ)岡田のみ
韓バラ!(TOKYO MX)増田のみ
ハピくるっ!(関西テレビ)岡田が月曜・増田が木曜の司会担当
すいエンサー(NHK教育)岡田のみ
ますおか&こじるりのベタな旅人トラベター(北海道放送)
ますだおかだのオモログ(関西テレビ)

・ラジオ
こだま・ひびきのラジオ突撃隊(KBS京都ラジオ)水曜ラジオカー 1993年10月~
ヤンタンあそびのWA!!(MBSラジオ)火曜メインパーソナリティ
ますだおかだのお笑いトルネード計画(TBSラジオ)
MBSヤングタウン(MBSラジオ)水曜メインパーソナリティ
ますだおかだの街はごきげんPタイム(KBS京都ラジオ)
ますだおかだの生なまツーカーステーション(MBSラジオ)
一撃!ネオ・ラ・ジオ(MBSラジオ)岡田のみ
週末でR(MBSラジオ)増田 メインパーソナリティ
OBCブンブンリクエスト(ラジオ大阪)増田 火曜メインパーソナリティ
どーだ!ますだおかだ(MBSラジオ) 
M-1通(ABCラジオ)
ゴチャ2(MBSラジオ)火曜メインパーソナリティ
ぷらっと☆ホーム(MBSラジオ)水曜メインパーソナリティ
ますだおかだ寺田のベースボールキッズ(MBSラジオ)
知ってる?24時。(ニッポン放送)増田 月~木曜メインパーソナリティ
目からウロコ!(ニッポン放送)岡田 メインパーソナリティ
ますだおかだのオールナイトニッポン(オールナイトニッポン金曜日、ニッポン放送)
MBSサウンドキングダム(MBSラジオ)増田 火曜第1部メインパーソナリティ
ますおかちゃんねる(ニッポン放送)
with…夜はラジオと決めてます(MBSラジオ)増田 木曜メインパーソナリティ
MBSタイガースライブ番外編(MBSラジオ)増田 メインパーソナリティ
MBSベースボールパークみんなでホームイン(MBSラジオ)増田 火曜メインパーソナリティ

・その他の主な出演番組
爆笑オンエアバトル(NHK総合)戦績17勝0敗 最高545KB(パーフェクト達成)
爆笑BOOING(関西テレビ)1週勝ち抜き
GAHAHAキング 爆笑王決定戦(テレビ朝日)10週勝ち抜きチャンピオン
第54回NHK紅白歌合戦(NHK総合)はなわ・テツandトモの応援
ボキャブラ天国(フジテレビ)キャッチコピーは「しゃべくりハリケーン」
金曜いきいきタイム(サンテレビ、テレビデビュー)
爆笑レッドカーペット(フジテレビ)キャッチフレーズは「走り続ける漫才キング」
お笑いDynamite!(TBS)キャッチフレーズは「中年若手芸人」
お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル(フジテレビ) 優勝
エンタの神様(日本テレビ)キャッチフレーズは「漫才界のエース」
ますだおかだコンビ結成20周年記念特番~漫才のキセキ~(関西テレビ、2013年12月12日)
松竹芸能創立60周年記念特番「新宿ますだおかだ寄席」(BSフジ、2017年3月25日深夜)

■出演作品
・CM
大阪府医師会~エイズ撲滅キャンペーン~
ファースト引越センター
摂津水都信用金庫
ファースト引越センター
宝塚ファミリーランド
カードローンRapido(北海道銀行)
ワンダモーニングショット(アサヒ飲料)岡田のみ
お笑いTYPHOON!
アピタ
アサヒビール~麦搾り~ 岡田のみ
JT ~缶コーヒー Roots~ 岡田のみ
くら寿司 岡田のみ
スタッフサービス ~グッジョブ私「正しいがんばりかた2」~ 岡田のみ
Dydo Dydo自販機 増田のみ

・ドラマ
恋愛内科25時(TBS)(2005年)増田のみ
陽炎の辻 正月スペシャル 夢の通い路(NHK総合)(2009年)増田のみ
だんだん(NHK総合)(2009年)増田のみ
産科医・大河内あかね(フジテレビ)(2010年)増田のみ
カーネーション(NHK総合)(2012年)増田のみ
悪夢ちゃん(日本テレビ)(2012年)
戦力外捜査官(日本テレビ)(2014年)増田のみ
ルーズヴェルト・ゲーム(TBS)(2014年)増田のみ

・映画
レーシング・ストライプス(日本語吹き替え版)(2005年)声優
釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束(2007年)増田のみ
デコトラの鷲 火の国熊本親子特急便(2008年)
オンナゴコロ(2009年)増田のみ
スノー・バディーズ 小さな5匹の大冒険(日本語吹き替え版)(2009年)声優
ルパンの奇巌城(2011年)増田のみ
劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女(2012年)声優
悪夢ちゃん The 夢ovie(2014年)岡田のみ
それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い(2014年)声優 岡田のみ

■著書・ディスコグラフィ
・著書
「ますだおかだの漫才タイガース」(2004年1月発売、宝島社)
「ますだおかだのお笑い大阪案内」(2004年3月発売、角川書店)
「ますだおかだの漫才詩」(2004年4月発売、幻冬舎)増田著
「漫才少年」(2004年10月発売、ベストセラーズ)
「ますだ式ダジャレで覚える韓国語」(2010年10月発売、学研パブリッシング)増田著

・DVD
「爆笑オンエアバトル ますだおかだ」(2001年4月発売、ポニーキャニオン)
「M-1グランプリ2001完全版 〜そして伝説は始まった〜」(2003年12月発売、R&C)(一部のみ)
「M-1グランプリ2002完全版 〜その激闘のすべて〜」(2003年12月発売、R&C)(一部のみ)
「LIVE! チクる JAPAN TOUR 2004」(2004年12月発売、ソニーミュージックディストリビューション)(一部のみ)
「Shochiku Kadoza Live 松竹角座ライブ」(2005年7月発売、バップ)(一部のみ)
「Live!チクる 笑いのEXPO 2005」(2005年12月発売、ソニーミュージックディストリビューション)(一部のみ)
「ますおかな奴らで107」(2006年7月29日発売、松竹ホームビデオ)
「ますだおかだ寄席~15周年記念単独ライブ~」(2008年12月14日発売、コンテンツリーグ)
「芸能人落語研究会 お後がよろしいようで 完全版」(2007年10月3日発売、コンテンツリーグ)増田のみ

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
ますだおかだを「ウィキペディア」で参照する