IKKO いっこー

「IKKO」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「IKKO」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「IKKO」に関連するモデルプレス記事

IKKOのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

IKKOのプロフィール

IKKO(いっこー)
本名 豊田一幸(とよだかずゆき)
生年月日 1962年1月20日
出身地 福岡県田川郡福智町
身長 171cm
職業 メイクアップアーティスト、ヘアメイクアーティスト、タレント

IKKO(いっこー、1962年1月20日 - 本名:豊田一幸)は、日本のメイクアップアーティスト・ヘアメイクアーティスト、タレント。
「IKKO」は本名(豊田一幸「とよだかずゆき」)の音読み「とよだいっこう」に由来する。また本名の名前のみを音読みとした「豊田一幸(とよだいっこう)」の名義でも活動している。

■来歴
福岡県田川郡福智町(旧方城町)出身。福岡県立西田川高等学校を経て、北九州美容専門学院卒業[1]。
美容師を経て、1992年に「アトリエIKKO」を設立、主宰。司会者の逸見政孝の専属ヘアメイクとして、全幅の信頼を受けていた。また、逸見が亡くなった際の死化粧も行った(2006年6月11日放送日本テレビ系『いつみても波瀾万丈』より)。

女性誌の表紙・ファッションページや、テレビ・CM・舞台などで高い人気を得て、最近では数多くのバラエティに出演したり、トークショー等で自らの体験談を披露することも多い。

2006年7月には初エッセイ『超オンナ磨き~美のカリスマIKKOの幸せを呼ぶゴールデンルール』を出版。「コンプレックスこそオンナ磨きの原点」として、自分の体験から得た誰でもすぐできる実践的なノウハウを伝授。「新・美のカリスマ」として評判を呼んだ。

現在、韓国観光名誉広報大使の他、同国の化粧品会社「Etude House」のキャンペーンキャラクターも務めている。また、2007年12月には『どんだけ〜の法則』でavexより歌手デビューを果たした。

■人物
・律儀な性格で、バラエティ番組での共演者全員に、達筆な手紙を渡すほどである。裏方(ヘアメイク)ではなく、自分が表舞台に出る際のメイクはもちろん自分で行うが、それだけでなく、衣装のスタイリングも自身が手がけ、最近はほとんどグッチ(GUCCI)で揃えているという。

・年に1回ディナーショーを開催しており、メイクのデモンストレーションとトークショーに加え、最近では歌(山本リンダの名曲「どうにもとまらない」をスローにアレンジしたもの)を披露している。

・ゴミと共存するのが嫌いなため、部屋にはゴミ箱を置かず、ゴミが出ると外に設置してあるゴミ箱へ捨てに行く。また、エコ意識が高く、鼻をかむのにハンカチを使う。

・大の韓国好きであり、「SMAP×SMAP」出演の際に「私の人生、韓国無しでは考えられない」と発言している。
・2009年6月4日に、観光活性化に寄与したとして、韓国のソウル市から「2009ソウル観光大賞」を贈られた。[2]
・香取慎吾と共演のNTT東日本CMでは、自身の本名をネタにしている。
・「おネエ★MANS」で共演していた植松晃士と山口達也から、よく茶化されている。

・「行列のできる法律相談所」や「クイズ!ヘキサゴンII」で島田紳助と共演した際、「玉IKKO」といじられており、ヘキサゴンでは現在も使うことがある。特に行列では、紳助が「IKKOさーん」と呼んで、かつて人気を博した、テレビ朝日のアニメ・一休さんの『とんちんかんちん一休さん』の音楽が流れたほどであった。

・「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「MONEY WARS ギャラ High&Low」に出演した際、席を移動する度に、とんねるずの石橋貴明から「背中広っ!」と言われた。
・「なるトモ!」にゲスト出演する度に、陣内智則に「ゲーリー・グッドリッジ」と言われている。

・口癖は「どんだけぇ?」である。流行語となっており、若者の間でも使われている。 「どんだけぇ?」はIKKOの口癖が起源である、と思われがちだが、芸能人で最初に使い始めたのはFUJIWARAの藤本敏史で、藤本がバラエティ番組(TBS「リンカーン」)の仕事で行ったゲイバーでその店のママ、ヤス子が使っていた口癖にまず藤本が食いつき面白がって使っていたのをIKKOも使い始め、使用する局面を徐々に拡大&変化させたものである。また、IKKOが手を前に出し人差し指を横に振る動作であるのに対し、元祖であるヤス子ママの動きは下から上に腕を振り上げる動作である。以上により、今日確認できる史料では、「どんだけぇ?」の生みの親は、新宿2丁目のゲイバー「プラチナ」の「やすこママ」であると定義されている。そのためか流行語大賞に選ばれた時にはIKKO本人の口から「このギャグは自分がつくったものではない」と公表することになった。しかし先日発表された2007年流行語大賞の授賞式では「やすこママ、FUJIWARA藤本」ではなく自ら授賞式に出た為、新宿2丁目のゲイからは以前にも増して批判される事になる。

・mixiの性別欄は、女性と書かれている。[3]

■TV
・世界バリバリ☆バリュー(毎日放送系列)
・メレンゲの気持ち(日本テレビ系列 2005年9月~2006年7月)
・めんたいワイド(FBS福岡放送)※水曜日コメンテーター
・おネエ★MANS(日本テレビ系列 2006年10月7日~2009年3月10日)
・メレンゲの気持ち(日本テレビ 2009年4月18日)
・誰だって波瀾爆笑(日本テレビ 2009年4月12日)
・おもいッきりDON!(日本テレビ)
・ひるおび!(TBS)
・にじいろジーン(関西テレビ、2009年3月)
・所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!(テレビ東京、2009年2月)
・秘密のケンミンSHOW(読売テレビ)
・なるトモ!(読売テレビ)
・SmaSTATION!!(テレビ朝日 2007年8月、2008年1月)
・VivaVivaV6(フジテレビ 2008年11月「横浜スイーツ」、2008年4月「石焼ビビンバ」)
・田舎に泊まろう!(テレビ東京)
・2009年1月18日(2度目のお泊り)
・2009年1月4日(お泊り交渉生中継で2008年に訪ねた遠野に再訪)
・2008年6月29日(岩手県遠野市でお泊り)
他、多数

ディスコグラフィ
■シングル
「どんだけ~!の法則」(2007年12月5日 エイベックスエンタテインメント)
山本リンダ「どうにもとまらない」カヴァーも収録。 DVDにはPV、特典映像を収録。

■主な著作
・IKKOの振袖ロマンティック(主婦と生活社、2004年)ISBN 4-391-61976-8
・IKKOウェディング――永遠のガーリッシュウェディング(主婦と生活社、2005年)ISBN 4-391-62110-X
・超オンナ磨き〜美のカリスマIKKOの幸せを呼ぶゴールデンルール(アスコム刊、2006年7月)ISBN 4-7762-0336-7
・IKKO 女の法則(世界文化社刊、2007年6月)ISBN 978-4-418-07408-2
・IKKO 美人道 (集英社 9月19日 恋愛、ビューティー、人間関係。究極のお悩み相談BOOK)
・脱・コンプレックス IKKO流 美のゴールデンルール(世界文化社 2009年10月20日)

■その他
・第1回ギャオーディション(GyaO、2007年)特別審査員
・LipLog - IKKO X Baby-G IKKO流どんだけ~☆☆美の法則 -キラキラ女磨き-(CASIO Baby-Gキャンペーンとして)

■脚注
1.[1]
2.IKKOさんらにソウル観光大賞 ソウル市が授賞 産経新聞 2009.6.4
3.IKKOのmixiページ(要ログイン)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
IKKOを「ウィキペディア」で参照する