花沢将人 はなざわまさと

「花沢将人」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「花沢将人」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「花沢将人」に関連するモデルプレス記事

花沢将人のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

花沢将人のプロフィール

花沢 将人(はなざわ まさと)
1989年5月4日
俳優、モデル

経歴
アイドルグループSMAPが好きで、幼い時から歌やエンターテインメントの世界に興味を持っていた。2010年からヒラタオフィスの新人タレント研修部門フラッシュアップに所属。2013年、乙女ゲームを原作とする舞台「CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ A live Moment」に情報屋役で出演。2014年に行われた新シリーズにも出演。2014年1月、俳優の黒田アーサーがアドバイザーとして監修に携わるパフォーマンス集団「STYLISH BOYS」のオーディションに参加し、合格。4月に第1弾舞台公演「マジハウス」に出演。2017年3月をもって、同グループを卒業。
2017年、Instagramで公開していた自撮り写真が「菅田将暉や綾野剛、成田凌を合わせたようだ」と話題を集め、同年2月7日に情報サイトモデルプレスとのインタビューが公開されると同日付けのTwitterのトレンドの上位に彼の名前が登場。2月7日正午時点で1万人に達していなかった彼のInstagramのフォロワーは、一気に13万人までに増えた。情報サイトR25は、写真1つで一躍時の人となったこの現象を橋本環奈のそれと比較して、彼を彼女の"男性版"と称した。一方、花沢自身はこうした盛り上がりに対して前述のモデルプレスとのインタビューで「実力と結果が伴っていないので不安が先行してます…。」と吐露している。話題になったときは既に、3月1日に7年間所属したフラッシュアップを退社することが決まっており、次の所属先も未定という状態だったが、一連のブレークで数多くの大手芸能事務所からオファーを受け、「芸能界でカタチにしていきたいものが具現化できる環境だと判断し」、2017年3月2日からエヴァーグリーン・エンタテイメントに移籍することを、2月22日付けの自身のTwitterで報告した。
2017年3月、雑誌『JUNON』が選ぶ「ネクストブレイク美男子」に、戸塚純貴、健太郎、SUPER★DRAGON、Flowback、杉野遥亮、赤澤遼太郎と共に選出される。3月25日、第24回東京ガールズコレクション2017SPRING/SUMMERでランウェイに初挑戦した。同イベントを企画・制作するW TOKYOの村上範義によると、花沢はSNSで見つけて村上が自ら出演依頼をしたTGC史上初めての人物である。

人物
中学時代から6年間陸上部に所属。全国大会に出場し、千葉県選抜にもなった実績を持つ。高校はスポーツ推薦で入学し、引き続き陸上部で活躍した。趣味は散歩、一人カラオケ。
尊敬する俳優として、「役への対峙の仕方や生き方がとても尊敬できる」という理由から森山未來の名前を挙げている。好きな映画監督は園子温。アクションシーンや殺陣のあるシーンを演じてみたいと語っており、殺し屋役にも興味を示している。

映画
MARCHING 明日へ(2014年8月23日公開) - ジーベックメンバー役
HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス(2016年)

CM
セブンアンドアイホールディングス 「nanacoカード」 (2013年)
HONDA N BOX(2014年)
江崎グリコ 「ジャイアントコーン」<おつかれさまです編>(2014年)
みずほ銀行(2014年)

舞台
CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ A live Moment(2013年9月27日-10月6日、全労済ホールスペース・ゼロ)- 情報屋役
CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ A live Moment 再演(2014年3月12日-3月17日、星陵会館ホール(永田町))- 情報屋役
STYLISH BOYS 1st.stage「マジハウス」(2014年4月30日-5月5日、テアトルBONBON) - 矢口満役
CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ リンゲージ rin-g-age(2014年11月22日-11月30日、博品館劇場)- 情報屋役

WEB
SUZUKI(2010年)
NHKプレマップ 「みちしる」(2011年)
ウィンザー商事 「テニスウェア」(2012年)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
花沢将人を「ウィキペディア」で参照する