銀シャリ ぎんしゃり

「銀シャリ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「銀シャリ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「銀シャリ」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

銀シャリのプロフィール

銀シャリ(ぎんシャリ)
吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)大阪本社所属の漫才コンビ。
2005年8月結成
大阪NSC25期生

メンバー
鰻 和弘(うなぎ かずひろ、 1983年8月31日(33歳) - )
大阪府八尾市出身。ボケ担当。立ち位置は向かって左。身長171cm、血液型A型。左利き。趣味は原付の旅[1]。清友高校卒業。2015年7月24日(土用の丑の日)に婚姻した。
橋本 直(はしもと なお、 1980年9月27日(36歳) - )
兵庫県伊丹市出身。ツッコミ担当。立ち位置は向かって右。身長176cm、血液型AB型。趣味はラーメンの食べ歩き。あだ名は「くんちゃん」。関西学院中学部・高等部を経て関西学院大学経済学部卒業。

エピソード
鰻 和弘
3人兄弟の末っ子で、5歳上の姉と3歳上の兄(大阪NSC22期)がいる。父、母、祖母、姉、兄の6人家族で育つ。
書道六段の腕前を持つ。
「鰻」という珍しい苗字は現在日本に7名程度しかおらず、内5名をこの鰻の家族及び嫁が占めている。(別の鰻の読み方の苗字(むなぎ・まん)を含むと20人程度いる。)
鰻家では、代々ウナギを食べてはいけないという伝統の言い伝えのようなものがあり、実際食べた先祖は二人ほど、一週間ほど後に「原因不明の心臓麻痺」で亡くなったという。このことがありウナギは食べられないが、アナゴは食べられる。亡くなっているのは事実だが、橋本に「原因不明の心臓麻痺って何?心臓麻痺ってわかってるやん。」と言われている。
baseよしもとによる「baseで一番はじける笑顔の持ち主は誰?」コンテストで1位に輝いた。
以前は「ポジションパーラーすえすえ」というトリオで活動していた。この頃は漫才をする時、黄色のTシャツを着ていた。
ジョン・レノンの顔マネができ、『オールザッツ漫才2008』では橋本がオノ・ヨーコに扮しネタをした。
小学校1年生の頃から中学3年生まで、約10年間全54巻に上る漫画を書き続けていた。きっかけは家が貧乏でゲームなどを買ってもらえなかったからで、家にあったペンとノートを使い、ゲームをする自分を主人公にした内容の漫画を描いていた。
金が無かったため、基本的には色はなく、最初は赤のボールペンだけで描かれており、その影響で血をイメージさせるなどの残酷描写になっていた。
小学校高学年の時に蛍光ペンを使い始める。このとき蛍光ペンを買ってもらった嬉しさを表現すべく、ページ1枚いっぱいに自分の蛍光ペンに対する思いを書くなど私的な情報を入れていた。
47巻ではこの蛍光ペンの集大成ともいえる「太陽系野球大会・野球ドーム」(鰻自身の漫画内でのオリジナル)を2ページ使って描いた。
2014年に、それまで書き溜めた作品の中から77本を選び、1コマ漫画集『どう使うねん』(竹書房)として出版した。出版に当たり、植田まさしが推薦文を寄せ、併せて植田に日本漫画家協会入りを勧められた。
今でも、TwitterやInstagramに先輩の似顔絵を描いたものを載せている。
第5回BGO上方笑演芸大賞にて映像作品賞を受賞した。受賞作品は四条和也(学天即)を起用した『四条マンション』(劇場イベントで使用した映像である)。
出身地の八尾市が本場に当たる河内音頭が好きで、2010年10月から河内家菊水丸の一座へ弟子入り。入門志願の際には、菊水丸が最も嫌う一派の音頭を(事情を知らないまま)歌ったため、菊水丸から「(親交の深い)たむらけんじ・ハイヒールリンゴを後見人にする」という条件を付けられたという。入門を許された後は、漫才師としての活動のかたわら、1年間弟子として修業。2011年6月15日に、菊水丸から「河内家上り丸(のぼりまる)」の襲名を許された。同月25日に大阪で開かれた菊水丸の「大盆踊りツアー2011出陣式」では、音頭取りデビューを果たしている。
26歳にして初めて恋人ができた。高校時代の同級生で、2011年当時東京在住のためなかなか会えなかった。その当時は毎月彼女へしりとり形式でプレゼントを贈っていた。その後2012年にその彼女が大阪へ戻り、鰻の元で同居生活を始め、2015年7月に結婚した。プロポーズの言葉は「鰻姓の人は6人しかいないので、7人目の鰻になってください」だった。
宇宙と風俗が好き。
電車(通勤形電車・近郊形電車)の雰囲気が大嫌いで、基本的に一般的な電車は乗らない。KBS京都まで新幹線とタクシーを乗り継いで赤字を出して通っている。
伊坂幸太郎の作品を昔よく読んでいた。
カルピス好き。カルピス6、水4の割合で1杯飲んでから、原液をちょっと飲むのが習慣になっている。順序が逆の場合もある。

橋本 直
特徴のある黒ぶちの眼鏡をかけている。
得意芸は次々とうまい事を言うこと。この芸で『麒麟の部屋』などの番組にも出演している。
高橋茂雄(サバンナ)が率いる「しげおBOYS」の一員でもある。
以前は「ビールズ」というコンビで活動していた。
マンションの一部屋で10人以上の芸人と同居していた。その模様を『あほやねん!すきやねん!』などで特集されている。
毎朝、青汁と生姜を混ぜて飲んでいる。
おでんくんの実写版と言われる。
ジャニーズが大好きで、松本潤が出演するテレビドラマが好きだとも言う。
学生時代、アメリカンフットボール部に所属していた。
2011年11月14日夜に腹痛を起こし、大阪市内の病院で診断を受けたところ、虫垂炎と判明。16日に手術を受けた。
母方の祖父は大工の棟梁で、母親はお嬢。2歳下の妹がいる。父親は橋本が芸人になる前に亡くなった。小さい頃ピアノを習っていた。
中学時代にアメフト部で日本一になった経験を持つ。
フィギュアが大好きで、成功して大きい家に住んで、ガラスケースにフィギュアを入れて、それを眺めながら生活するのが夢である。

コンビ
「銀シャリ」というコンビ名は、お互い20個ずつコンビ名を出し合った結果、たまたま一つだけかぶっていたためこのコンビ名になった。
一時は、鰻がひとまずボケまくり、橋本がまとめてツッコんでいくスタイルの漫才をよく披露していた。現在では、細かくボケとツッコミを重ねる正統派ネタを主力にしている。
芸風は基本的に漫才で、主にしゃべくり漫才を行う。漫才をする時は青いジャケットを着ている。これは横山やすし・西川きよし等の古き良き漫才スタイルに傾倒しているため。2010年のM-1グランプリ決勝では「古風の漫才師」と紹介され、西川きよしからメッセージが送られた。コントも行うことがあるが、基本的にキングオブコントなどのコント専門の賞レースなどに限られるものの、コントの実力も高い。
単独ライブのタイトルもかつての人気番組のパロディであることが多い。
2007年の『オールザッツ漫才』で「悪魔が吐いたガムを処理する公務員」というコントで、30組中27位となった。
ABCお笑い新人グランプリで2008-2010年と3回連続で最終決戦3組に残ったが優勝は逃している。初期のルールでは最終決戦3組に残ったコンビは翌年以降の本選に参加できないことになっていたので、この珍記録を持っているのは2010年現在、銀シャリだけである。
陣内智則から「サンゴ」という芸名に改名するように提案され、橋本は賛成したが鰻が断ったため、橋本が『R-1ぐらんぷり』で「ハシモトサンゴ」という名前で出場した。
『M-1グランプリ2010』にて初の決勝進出を決めるも5位に終わった。
『THE MANZAI 2011』にて認定漫才師に選ばれた。予選24位、ワイルドカード決定戦を勝ち上がり決勝に進出する。
『キングオブコント2012』にて初の決勝進出。
baseよしもと→5upよしもとに出演していたが2013年2月に卒業した。
2016年12月4日、和牛、スーパーマラドーナの二組と決勝を争った末に審査員から5票中3票を獲得し、『M-1グランプリ』初優勝を果たした。

出囃子
筋肉少女帯 「日本の米」

テレビ
現在のレギュラー番組
土曜はダメよ!(読売テレビ、2010年3月20日 - )「ギョーテン事業仕分け!!夫婦のルールいる?いらない?」のコーナー
ごきげんライフスタイル よ~いドン!(関西テレビ、2012年2月13日 - )「関西いっちょうらコレクション」のコーナー
探偵!ナイトスクープ(朝日放送、2013年10月18日 - )橋本のみ
おはよう朝日です(朝日放送、2014年4月4日 - )鰻のみ
ちちんぷいぷい(毎日放送、2015年4月1日 - )水曜17時台、「銀シャリのブラリ...言われましても?」のコーナー
じもてぃ愛情マップ みんな すきやねん!(NHK総合・関西地域向け、2016年4月10日 - ) - MC

過去のレギュラー番組
鉄筋base(関西テレビ、2008年4月15日 - 2009年3月24日)
ロケみつ(毎日放送、 2008年10月16日 - 2009年1月8日 / 2009年5月14日)鰻のみ、「銀シャリ・鰻和弘の101匹わんちゃんブログ旅」「銀シャリ・鰻和弘の101球王ちゃんホームランブログ旅」のコーナー
銀シャリのbaseベイベー(GAORA、2009年4月8日 - 2011年1月12日)
炎上base(関西テレビ、2009年4月10日 - 2010年3月19日)
銀シャリの無限大ベイベー(GAORA、2011年1月19日 - 2011年2月2日)
銀シャリの5upベイベー(GAORA、2011年2月16日 - 2012年3月4日)
20マウス(TBS、2011年4月20日 - 9月21日)
わっしょい!5up(朝日放送、2011年5月14日 - 2012年3月25日)
銀シャリ×藤崎マーケットの◎本の矢(関西テレビ、2011年10月6日 - 12月22日)
あしたモテ期にな~れ! てるてるモテるちゃん(読売テレビ、2012年1月7日 - 2012年3月10日)
もってる!? モテるくん(読売テレビ、2012年3月17日 - 2013年2月23日)
SHINPUU2 ジャルジャル×銀シャリ ヤバイブル~キセキの危機回避マニュアル~(関西テレビ、2012年4月5日 - 6月28日)
週末応援ナビ☆あほやねん!すきやねん!→学校再発見バラエティー あほやねん すきやねん(NHK大阪、2013年4月6日 - 2016年3月19日)

過去の出演番組
爆笑オンエアバトル(NHK総合)戦績0勝3敗 最高361KB
オンバト+(NHK総合)戦績1勝0敗 最高417KB
しゅんげー!ベスト10(朝日放送、2007年6月1日)
ジャイケルマクソン(毎日放送)
オールザッツ漫才(毎日放送)
麒麟の部屋(毎日放送)
あらびき団(TBS)橋本のみ
新春ホワイトカーペット(フジテレビ)キャッチコピーは「いいネタのせます」
爆笑レッドカーペット(フジテレビ)キャッチコピーは「いいネタのせます」
エンタの神様(日本テレビ)キャッチコピーは「炊きたての上手味(うまみ)」
大阪発疾走ステージ WEST WIND(NHK大阪、2008年2月24日)
新しい波16(フジテレビ、2009年1月26日)
快傑えみちゃんねる(関西テレビ、2009年2月23日)
秘密のケンミンSHOW(読売テレビ、2012年5月26日)
上方演芸ホール(NHK大阪放送局)
人志松本の○○な話(フジテレビ、2010年1月26日)橋本のみ
人志松本のすべらない話(フジテレビ、2010年6月26日)橋本のみ
ゼッタイジャルっ!(関西テレビ、2010年5月14日)
フジ算(フジテレビ、2010年5月30日)
枠アリ!(毎日放送、2010年8月22日)
レッドカーダ!(テレビ大阪)
GORIGORIくりぃむ(テレビ朝日、2012年9月25日)最終回のみのレギュラーとして出演。
頭脳回転ずしQ兵衛(関西テレビ)
クイズミラクルファーム(テレビ朝日、2012年3月17日) 橋本のみ
くりぃむクイズ ミラクル9(テレビ朝日、2012年4月 - 2013年5月) 橋本のみ、不定期出演
run for money 逃走中(フジテレビ、不明)橋本のみ
趣味バカ (サンテレビ、2014年8月9・16・23日)
ボーダーライン(NHK大阪、2014年10月4日)橋本のみ、吉田役

CM
エイチ・アイ・エス 初夢フェア(2010年)

ラジオ
現在の出演
銀シャリの炊きたてふっくらじお(KBS京都ラジオ)
過去の出演
キングコングのほにゃらじお(ABCラジオ)
丑バラ(MBSラジオ)橋本のみ、2008年2月15日放送「しげおBOYSのLIVE STAND スペシャル」にしげおBOYSの一員として登場。
オンスト(YES-FM)水曜日担当
5upよしもと ガチモリ(ラジオ大阪)水曜日担当

Web
モノボケBATTLE(2010年、エイチ・アイ・エス関西)

新聞・雑誌執筆
日刊スポーツ西日本 「お笑い7Days」(2009年8月 - 12月 最終面テレビ面 Span!と隔週)

DVD
ギンギラ銀にシャリげなく (ASIN B0043XXL7O、2010年12月28日)

単独ライブ
銀シャリの単独ライブのタイトルは、かつての人気番組(現在、放送中の番組も含む)をもじったものであることが多い。
2007年
07月16日 - 「銀シャリだ・ヨ!全員集合」(baseよしもと/大阪)
2008年
07月12日 - 「銀ちゃんのドンとやってみよう!」(baseよしもと/大阪)
11月01日 - 「ウナチャンナオチャンの誰がやらねば!」(baseよしもと/大阪)
2009年
02月28日 - 「銀シャリの生でダラダラいかせて‼」(baseよしもと/大阪)
04月25日 - 「俺たちひょうぎん族」(baseよしもと/大阪)
06月20日 - 「銀シャリアワー 握っていいとも!」(baseよしもと/大阪)
2010年
03月 - 「銀覚自」(baseよしもと/大阪)
08月 - 「ギンギラ銀にシャリげなく」(ルミネtheよしもと/東京)
10月11日 - 銀シャリDVD収録イベント「ギンギラ銀にシャリげなくin神戸」(Art Theater dB KOBE/神戸)
2011年
03月 - 「シャリリーマン銀太郎」(5upよしもと/大阪)
07月 - 「ギン肉マン」(5upよしもと/大阪)
2012年
06月 - 「銀田一シャリ年の事件簿」(5upよしもと/大阪、SUNSHINE STUDIO/名古屋、ルミネtheよしもと/東京)
2013年
08月 - 「SAMURAI BLUE JACKET」(ABCホール/大阪、きゅりあん小ホール/東京)
2014年
05月24日 - 「漫才使いシャリー」(ビブレホール/福岡)
06月27日 - 「漫才使いシャリー」(ルミネtheよしもと/東京)
07月13日 - 「漫才使いシャリー」(ABCホール/大阪)
2015年
02月28日 - 「新米寄席」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
03月29日 - 「新米寄席」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
04月20日 - 「新米寄席」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
05月23日 - 「新米寄席」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
07月10日 - 銀シャリ10周年記念ライブ「10周年もギンギラ銀にシャリげなく」(なんばグランド花月/大阪)
08月23日 - 銀シャリ10周年記念ライブ「10周年もギンギラ銀にシャリげなく」(ルミネtheよしもと/東京)
09月15日 - 「新米寄席」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
2016年
02月02日 - 「うなちゃんなおちゃんのごきげんライブ」(ルミネtheよしもと/東京)
03月01日 - 「新米寄席」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
04月19日 - 「新米寄席」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
04月23日 - 「銀シャリ食堂 ~旬のネタとコーナーを添えて~」(ルミネtheよしもと/東京)
05月24日 - 「新米寄席」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
06月19日 - 「銀シャリ食堂 ~旬のネタとコーナーを添えて~ 二夜目」(ルミネtheよしもと/東京)
07月21日 - 「逆襲のシャリ」(なんばグランド花月/大阪)
08月16日 - 「逆襲のシャリ」(ルミネtheよしもと/東京)

賞レースなどでの戦績
2002年 平成14年度ワッハ上方アマチュア演芸コンクール 敢闘賞(橋本)
2006年 M-1グランプリ2006 準決勝進出
2007年 第28回ABCお笑い新人グランプリ 新人賞
2008年 第29回ABCお笑い新人グランプリ 優秀新人賞・最終決戦進出
2008年 笑いの超新星 新人賞
2009年 第30回ABCお笑い新人グランプリ 優秀新人賞・最終決戦進出
2009年 第5回BGO上方笑演芸大賞 映像作品賞(鰻)
2009年 第39回NHK上方漫才コンテスト 優秀賞
2010年 第31回ABCお笑い新人グランプリ 新人賞・最終決戦進出
2010年 第40回NHK上方漫才コンテスト 優勝
2010年 M-1グランプリ2010 第5位
2011年 第46回上方漫才大賞 新人賞
2012年 キングオブコント2012 第7位
2013年 第2回ytv漫才新人賞 優勝
2015年 M-1グランプリ2015 第2位
2016年 第51回上方漫才大賞 奨励賞
2016年 M-1グランプリ2016 優勝

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
銀シャリを「ウィキペディア」で参照する