吉川ひなの よしかわひなの

「吉川ひなの」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「吉川ひなの」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「吉川ひなの」に関連するモデルプレス記事


吉川ひなののSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

吉川ひなののプロフィール

吉川ひなの(よしかわひなの)
生年月日 1979年12月21日
出身地 日本・東京都東久留米市
血液型 B
公称サイズ(2007年4月時点)
身長 / 体重 168 cm / ― kg
スリーサイズ 80 - 57 - 82 cm

吉川 ひなの(よしかわ ひなの、1979年12月21日 - )は、レプロエンタテインメントに所属する日本のファッションモデル。
タレントしてドラマやバラエティ番組に出演。東京都東久留米市出身。愛称は「ひなの嬢」「あいちゅう」。

■来歴
1979年12月21日生まれ、家族構成は父、母、兄、姉、妹。兄は元ビジュアルバンドマンで現ボディビルダーの高田一也。『メレンゲの気持ち』に出演し、MCの久本雅美から混血なのかと質問された際、きっぱりと「純日本人です」と否定していた。

1993年 銀座をウィンドウショッピング中にスカウト、伊勢丹の広告に起用され、ファッションモデルとして活躍。「吉川ひなの」という芸名に関して、バラエティ番組『さんま・所の乱れ咲き花の芸能界オシャベリの殿堂』出演時には、所ジョージに「本名?」と聞かれ、はっきりと「本名です。タヒチ島の花の名前らしいです」と断言しているが、後に自身の著書にて実際の本名を公表し「吉川ひなの」は芸名であったことを明らかにしている。本名は高田愛(たかだ・あい)。

1997年 『瀬戸内ムーンライト・セレナーデ』で映画デビュー。日本アカデミー賞新人賞を受賞。
1999年2月 ヴィジュアル系バンドSHAZNAのボーカリストIZAMと結婚。その7ヶ月後の1999年9月に離婚。
2001年 櫻田宗久とのユニット「☆Spica☆」を結成、アルバムをリリースした。
2001年 下着通販カタログ「ピーチ・ジョン」のイメージキャラクターもつとめた。
2003年 「私とわたしとあなたと私」で初舞台。
2004年 パリ・コレクションのモデルデビュー。
2007年 「ピーチ・ジョン」で下着モデルに挑戦。表紙を飾る。

■その他
・大型犬から小型犬まで十数匹の犬や猫、爬虫類など、動物に囲まれて暮らしている。
・荒木元太郎の手によって立体模型が作られたことがある。
・好きなお笑い芸人はネプチューン (コントグループ)の原田泰造と堀内健である。[1]
・脇毛フェチである。
・お酒に強い。
・引越しを20回以上、経験している。

主な出演
■ドラマ
・君を想うより君に逢いたい
・オンリー・ユー~愛されて~
・世紀末の詩
・三姉妹探偵団 ※鈴木蘭々、野村佑香と共に主演。
・ゴールデンボウル
・恋する日曜日
・恋愛内科25時

■映画
・デボラがライバル
・瀬戸内ムーンライト・セレナーデ
・TOKYO EYES ※日仏合作映画
・いぬのえいが
・カミュなんて知らない
・ホーンテッド・ハイウェイ(原題:DEATH RIDE/米ホラー映画)

■バラエティ
※ゲストとしての出演も含む
・学校では教えてくれないこと!! レギュラー
・力の限りゴーゴゴー!! レギュラー
・笑っていいとも! ※過去レギュラー
・恋するハニカミ! ※俳優の吉沢悠とデート
・サルヂエ
・ワンナイR&R ※「もんじゃろ学園物語」
・未来予報2011(2006/7/28 日本テレビ放送)
・中井正広のブラックバラエティ ※準レギュラー
・しゃべくり007(2009年4月13日) ゲスト
・ザ・イロモネア(2008年8月30日・9月6日・12月6日) ※「ゴールドラッシュ」、4回笑わず。

■CM
・三菱自動車工業パジェロミニ(1998年10月)
・グリコポッキー、小絹
・キリンビバレッジサプリ
・キヤノンBJ
・資生堂マシェリ
・花王ソフィーナレイシャスオーラチェンジファンデーション(2006/8~)
・東京テレメッセージ(1990年代後半)
・トヨタ自動車 ターセル

■CD
シングル
・ハート型の涙(1997年)
・ウサギちゃんSAY GOOD BYE(1997年)
・ホットミルク(1998年)※映画『ドラえもん のび太の南海大冒険』主題歌
・One More Kiss(1998年)
・メロウプリティー(1999年)
アルバム
・I am pink (1998年) 

■その他アルバム
☆Spica☆名義  
・We Love Spica(2001年)
・One(2001年)

■受賞歴
・第21回日本アカデミー賞 新人俳優賞(1998年)
・第52回毎日映画コンクール スポニチグランプリ 新人賞 (1998年)
・第35回ゴールデン・アロー賞 グラフ賞 (1998年)
・第15回ベストジーニスト 大賞(1998年)
・第13回高崎映画祭ベストアイドル賞 (1998年)
・第27回ベストドレッサー賞(1998年)
・ビデオでーたーDVD賞 (1999年)
・ネイルクイーン賞 (1999年)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
吉川ひなのを「ウィキペディア」で参照する