イギー・アゼリア いぎーあぜりあ

「イギー・アゼリア」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「イギー・アゼリア」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「イギー・アゼリア」に関連するモデルプレス記事

イギー・アゼリアのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

イギー・アゼリアのプロフィール



イギー・アゼリア(英:Iggy Azalea)
本名はアメシスト・アメリア・ケリー(英:Amethyst Amelia Kelly)1990年6月7日生まれ)はオーストラリアニューサウスウェールズ州出身のラッパーであり、モデル。
ウィルヘルミーナ・モデルズ所属。

2015年に公開予定の『Fast & Furious 7』(「ワイルド・スピード7」)へのカメオ出演も決定している。

11歳の頃に祖母と共にアメリカを訪れ、ロサンゼルスからドライブし、ラスベガスで見たショーガールに憧れ、アメリカで暮らしてみたいと感じるようになる。
その頃からヒップホップに興味を持つようになり、バスタ・ライムス、ミッシー・エリオット、フィールド・モブ、2PACに夢中になる。

地元の女の子と3人組でヒップホップグループを結成するも、本気でラッパーとしてのキャリアを築きたいと思うようになったイギーはアメリカへの夢をさらに膨らませる。

14歳の頃、女子3人でガールズグループを結成するも後に解散。
本気でラッパーとしてのキャリアを築こうと決めたイギーはアメリカへ行くことを決心する。

高校を退学してホテルの清掃員等のバイトを掛け持ちし、飛行機代を稼いだ。
地元にいる間もインターネットを通じてラップ音楽を探すなか、アメリカに住む10代の男の子、デレクと知り合う。
イギーはデレクに自分で作ったラップを送ったりしていた。

そしてイギーは自力で飛行機代を貯め、たった一人の知り合いしかいないアメリカへと飛び立つ。
イギーは地元にいる頃から曲作りに励み、インターネットのYou Tube上に自信の楽曲を投稿。
それがきっかけでイギーの名は徐々に広まっていった。

イギーを一躍有名にしたミックス・テープが「イグノラント・アート」だ。
イギーは2012年に、ヒップホップ音楽誌XXLの新人リスト10人のうちの一人として選ばれる。
しかも女性ラッパーとして、またアメリカ以外の出身者として初の快挙だった。

2012年にリリースされたミックス・テープ「Trap Gold」ではラップのリリックの合間にサルバドール・ダリ、アンディ・ウォーホル、デビッド・ラシャペルのインタビュー音声が散りばめられている。
最初のミックステープのタイトルにもあるように、無知(イグノランス)と芸術(アート)を斬新に融合させるのがイギーのやり方だ。

シングル「Fancy feat. Charli XCX」は全米ビルボード・チャート7週間連続1位を獲得。
女性ソロラッパーとしてトップに選ばれた4人目となる。
同じ週に、シングル「Problem」も2位を獲得し、ビルボードホット100の1、2位を自身のアルバムが同時に選ばれた記録を持つビートルズやアシャンティに加わる記録である。
加えて、ビルボードホット100で女性ラッパーとしては最長期間のシングル1位記録を持つリル・キムを抜かす勢いで5位につけた。

◆生い立ち◆

イギー・アゼリアはオーストラリアのシドニーに生まれ、アメシスト・アメリア・ケリーと名付けられた。
彼女がまだ幼少の頃、家族がニューサウスウェールズ州のマランビンビーに引越し、父親が泥レンガで自ら建てた家で12エーカーの土地に囲まれて過ごした。
父親のブレンダン・ケリーは画家そして漫画家であり、母親のターニャはホリデーハウスやホテルの清掃員であった。

イギーの両親はどちらもアボリジニの家系であると言っている。
「私の両親は「最初の植民船団」でオーストラリアに来たの。私の家系は100年以上、長い間オーストラリアに居たわ。
自分の家系がもしオーストラリアにずっと住んでたら、誰だって少しくらいはアボリジニの血を持ってるわ。
私の家族がそうだってことは、目の特徴で分かるの。アボリジニだけが持つ特徴だから。」

彼女の名字ケリーは、アイルランド由来である。
彼女いわく、父親がティーンエージャーだった彼女を[アート]作品にし、そのことが彼女の人生や作品へ常に影響しているという。

14歳の時にラップを始めた。
ソロ活動の前は、近所の少女2人とグループを組んで活動していた。
「“私はラッパーになれる”って、思ったわ。TLCやレフト・アイみたいにね。」
後に、メンバーの2人が本気でなかったことから、イギーはグループの解散を決意した。
「私は、何にでも本気でするの。競争心が激しすぎるのかも。」

アメリカに移る願望を叶えるため、高校を退学してホテルの清掃員等のバイトを掛け持ちした。ホリディハウスでは母親と働いていた。
高校のクラスを嫌っていた彼女だが、アートのクラスだけは別だった。
また、学校に友達が居なかったことや手作りの洋服を着ていたことでいじめられたと話している。

2006年、16歳になる寸前にイギーはアメリカへと渡った。
両親には、友達と休暇に行くとだけ伝えていたが、次第に残ることを決意し、後に両親には家に戻らないことを告げる。

「アメリカにどっぷりつかっていたの。だって、母国では自分がよそ者みたいに感じてたから。ヒップホップが大好きだったし、それならアメリカが発祥地でしょ。
そして、音楽を身近に感じられるのが幸せなんだってことに気付いたの。間違ってなかったわ」

「ママは泣きながら、“とにかく気をつけてね”と言ってたわ。その時思ったの。私は本当に1人なんだって、なんて私はクレイジーなんだろうって。」
アメリカ到着後、彼女は高校卒業を認定する試験GEDに合格し、3ヶ月毎に出国することでビザ免除を6年間に渡って繰り返した。
現在では、これまでの不法な労働歴がありながらも、5年のOビザによってアメリカに滞在している。

◆ディスコグラフィー◆

【ミックステープ】

・Ignorant Art (2011年9月)

・Trap Gold (2012年10月)

【EP】

・Glory (2012年7月)

【スタジオ・アルバム】

・The New Classic(2014年4月)

◆経歴◆

全米ビルボード・シングル・チャート7週間連続1位:「Fancy feat.CharliXCX」
全米ビルボードチャートにおいてザ・ビートルズ以来の歴史的快挙を達成。
(自身の楽曲が初登場で1位2位を独占。1位「Fancy feat.CharlliXCX」2位「Problem feat.Iggy Azalea」(アリアナ・グランデの楽曲)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

イギー・アゼリアを「ウィキペディア」で参照する

</