リノ(提供写真)

Stray Kidsリノ、“踊る宝石”ビジュアルへの注目にプレッシャーも「STAYのおかげ」<「Scars」インタビュー連載>

2021.12.04 18:00
0
2

JAPAN 2nd Single『Scars / ソリクン -Japanese ver.-』を10月13日にリリースした韓国のボーイズグループ・Stray Kids。次世代のK-POPを背負いトップへと進んでいく彼らに、“Scars=傷”にまつわるインタビュー連載で迫る。ソロインタビュー第2弾はリノ(Lee Know)。※毎日18時/記事&動画配信予定

Stray Kidsリノ「やっとStray Kidsの色を確立したと堂々と言える」

日本オリジナル楽曲「Scars」は、彼らがデビュー前の練習生時代から、これまで経験してきたすべてのこと…当時から重ねてきた努力や汗、その全てを“Scars=傷”として表現。

既にたくさんの傷を抱えながらも、さらに大きな夢を掴む為には、今後も深く大きな傷を刻んでいかなければならない、というメンバー自身の覚悟と決意を謳った楽曲。

Stray Kids内のユニット3RACHAであるバンチャン、チャンビン、ハンが今作も作詞・作曲を手掛けた。

Stray Kids(提供写真)
Stray Kids(提供写真)
― なぜこのタイミングで自分たちの“傷”をテーマにした曲をリリースしたのですか?

リノ:今まで色んな活動をして来ましたが、今となってやっとStray Kidsの色を確立したと堂々と言える境地になり、その過程の話を込めた曲を出すようになったと思います。

リノ「過去のことを忘れず一つの学びとして乗り越える」

― リノさんが傷ついても進んでいける理由は?

リノ:ONLY STAY(※STAYはStray Kidsのファンネーム)

― 傷は忘れて前に進む派?傷を抱えて前に進む派?

リノ:過去の傷を乗り越えてこそ、次にまたそのような傷を受けてもまた一歩成長できると思います。僕は過去のことを忘れず一つの学びとして乗り越えるタイプです。

― 「Scars」は印象深い歌詞が多いですが、特に気に入っている箇所は?

リノ:「例え壊れそうでも」。僕のパートなので印象的です。 

リノ、ビジュアルに注目が集まることに負担は…?

Stray Kids/「Scars/ソリクン -Japanese ver.-」初回生産限定盤B (提供写真)
Stray Kids/「Scars/ソリクン -Japanese ver.-」初回生産限定盤B (提供写真)
― “踊る宝石”ともいわれるほど美しいビジュアルが注目されるリノさんですが、ビジュアルに関心が集まることで負担に感じることはありませんか?

リノ:はい、すごくプレッシャーを感じています(笑)おかげでダイエットと管理を頑張ってます。STAYのおかげです(笑)。

― 音楽番組のMCに最近就任されましたが、挑戦してみていかがですか?新たな挑戦経験を活かして、今後挑戦してみたいことなどはありますか?

リノ:MCをしながら多くのアーティストさんを見て学ぶことが多く、光栄だと思います。趣味や料理、釣りなど続けることで、徐々に僕のカテゴリを広めています。新しく挑戦したいことは、水泳は苦手ですが、スキューバダイビングにも挑戦してみたいです。

― 「Scars」の歌詞にもあるように自分の中で変わらない信念はありますか?

リノ:猫の執事!

― リノさんが“個人として”力の限り目ざすものは?

リノ:すべての人が幸せに暮らせる、そんな世の中を作りたいです。

JAPAN 2nd Single『Scars / ソリクン -Japanese ver.-』

Stray Kids/「Scars/ソリクン -Japanese ver.-」初回生産限定盤A (提供写真)
Stray Kids/「Scars/ソリクン -Japanese ver.-」初回生産限定盤A (提供写真)
JAPAN 2nd Singleには「Scars」のほか、今年8月に韓国でリリースされミリオンヒットを記録した2nd Full Album『NOEASY』のリード楽曲「Thunderous」の日本語バージョン「ソリクン -Japanese ver.-」、「Scars」「ソリクン」と同様に3RACHAが作詞・作曲を手掛けた日本オリジナル楽曲「CALL」を収録。

さらにABEMAの人気恋愛番組『オオカミ』シリーズの最新作である『虹とオオカミには騙されない』の挿入歌となった「My Pace -Japanese ver.-」もBonus Trackとして収録されている。

バンチャン・チャンビン・ハンがセルフプロデュースの中心となり、自分たちの音・思いで進んでいくStray Kids。今年はサバイバル番組「KINGDOM:LEGENDARY WAR」で優勝を果たし、「Thunderous」は初の地上波音楽番組1位をグループにもたらした。同曲はグループ史上最短でMV1億回再生を突破し、『NOEASY』はJYP Entertainment所属アーティスト史上初のミリオンセラーを記録。進化を続ける彼らの歩みに目が離せない。(modelpress編集部)

リノ(Lee Know)プロフィール

1998年10月25日生まれ。
出身:韓国
ダンスパフォーマンスが特徴のメンバー。しなやかでパワフルなダンスに定評がある。その端正な顔立ちから踊る宝石とも言われている。

【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. Stray Kidsバンチャン、傷は「自分を表現する一つの武器」曲作りへの思い<「Scars」インタビュー連載>
    Stray Kidsバンチャン、傷は「自分を表現する一つの武器」曲作りへの思い<「Scars」インタビュー連載>
    モデルプレス
  2. Stray Kidsインタビュー&動画連載開始 “Scars=傷”から紐解く8人の思い
    Stray Kidsインタビュー&動画連載開始 “Scars=傷”から紐解く8人の思い
    モデルプレス
  3. Stray Kids「CanCam」で“神ビジュ”再び メンバー関係丸わかり相関図も
    Stray Kids「CanCam」で“神ビジュ”再び メンバー関係丸わかり相関図も
    モデルプレス
  4. Stray Kids、心に残っているJ.Y. Parkからの言葉明かす 田中圭も「なんか刺さる」
    Stray Kids、心に残っているJ.Y. Parkからの言葉明かす 田中圭も「なんか刺さる」
    モデルプレス
  5. Stray Kids「MUSIC BLOOD」出演決定 田中圭&千葉雄大が魅力に迫る
    Stray Kids「MUSIC BLOOD」出演決定 田中圭&千葉雄大が魅力に迫る
    モデルプレス
  6. Stray Kids「PMC」で日本音楽誌初表紙 日本語曲レコーディング秘話も
    Stray Kids「PMC」で日本音楽誌初表紙 日本語曲レコーディング秘話も
    モデルプレス

「韓国エンタメ」カテゴリーの最新記事

  1. IVE、日本人メンバー・レイのポニーテールヘアから“食べたいもの”トーク 無邪気な姿に反響
    IVE、日本人メンバー・レイのポニーテールヘアから“食べたいもの”トーク 無邪気な姿に反響
    モデルプレス
  2. BTSジョングク、新曲準備中か 近況に注目集まる「楽しみすぎる」
    BTSジョングク、新曲準備中か 近況に注目集まる「楽しみすぎる」
    モデルプレス
  3. Netflix、2月以降の韓国作品一挙公開 ソン・ガン、ソン・イェジン新作など24タイトルまとめ
    Netflix、2月以降の韓国作品一挙公開 ソン・ガン、ソン・イェジン新作など24タイトルまとめ
    モデルプレス
  4. 入隊中のEXOチェン、妻が第2子出産
    入隊中のEXOチェン、妻が第2子出産
    モデルプレス
  5. IVEチャン・ウォニョン、驚異的スタイルのトレーニング写真公開「筋力すごい」「まるで絵画」の声
    IVEチャン・ウォニョン、驚異的スタイルのトレーニング写真公開「筋力すごい」「まるで絵画」の声
    モデルプレス
  6. 少女時代スヨン、実姉のクローゼットを見て思わず涙「自分で選んだバッグがない」
    少女時代スヨン、実姉のクローゼットを見て思わず涙「自分で選んだバッグがない」
    もっと!コリア
  7. 神話(SHINHWA)アンディ、SNSで結婚を発表 「生涯を共にしたい人ができた」
    神話(SHINHWA)アンディ、SNSで結婚を発表 「生涯を共にしたい人ができた」
    もっと!コリア
  8. SMの最強ユニットGOT the beat「M COUNTDOWN」に出演 「Step Back」披露
    SMの最強ユニットGOT the beat「M COUNTDOWN」に出演 「Step Back」披露
    もっと!コリア
  9. 綾瀬はるかと熱愛報道されていたノ・ミヌ、n.CHエンターと専属契約で再出発
    綾瀬はるかと熱愛報道されていたノ・ミヌ、n.CHエンターと専属契約で再出発
    もっと!コリア

あなたにおすすめの記事