バンチャン(提供写真)

Stray Kidsバンチャン、傷は「自分を表現する一つの武器」曲作りへの思い<「Scars」インタビュー連載>

2021.12.03 18:00
0
6

JAPAN 2nd Single『Scars / ソリクン -Japanese ver.-』を10月13日にリリースした韓国のボーイズグループ・Stray Kids。次世代のK-POPを背負いトップへと進んでいく彼らに、“Scars=傷”にまつわるインタビュー連載で迫る。ソロインタビュー第1弾はリーダーのバンチャン(Bang Chan)。※毎日18時/記事&動画配信予定

Stray Kidsバンチャン、傷は「自分を表現する一つの武器」

日本オリジナル楽曲「Scars」は、彼らがデビュー前の練習生時代から、これまで経験してきたすべてのこと…当時から重ねてきた努力や汗、その全てを“Scars=傷”として表現。既にたくさんの傷を抱えながらも、さらに大きな夢を掴む為には、今後も深く大きな傷を刻んでいかなければならない、というメンバー自身の覚悟と決意を謳った楽曲。

Stray Kids内のユニット3RACHAであるバンチャン、チャンビン、ハンが今作も作詞・作曲を手掛けた。

Stray Kids(提供写真)
Stray Kids(提供写真)
― なぜこのタイミングで自分たちの“傷”をテーマにした曲を作ったのですか?

バンチャン: 誰でも傷を持っていると思いますが、その傷を隠さず自分を表現する一つの武器だという思いから「Scars」というタイトルで曲を作りました。この曲を通じてStray Kidsの覚悟をお見せしたいと思いました。

バンチャンが傷ついても進んでいける理由は?

― バンチャンさんが傷ついても進んでいける理由は?

バンチャンStray Kidsのメンバーたちのおかげで傷ついても気にせず乗り越えられると思います。

― 傷は忘れて前に進む派?傷を抱えて前に進む派?

バンチャン:全部流して前に進みます。

バンチャン「Stray Kidsというジャンルには定義がありません」

Stray Kids/「Scars/ソリクン -Japanese ver.-」初回生産限定盤B (提供写真)
Stray Kids/「Scars/ソリクン -Japanese ver.-」初回生産限定盤B (提供写真)
― 9月にオーディション番組「LOUD」に出演されましたが、練習生たちを見て自分の練習生時代も思い出したのではないでしょうか。練習生のころの自分に、今なんと声をかけたいですか?

バンチャン:「LOUD」の練習生たちと、僕の練習生時代の環境が違うので、また違った境遇だと思います。練習生のころの僕に声をかけるとしたら、もっと早く寝てたくさん食べたら今よりもっと背が大きくなったのではないかと思います(笑)。

― Stray Kidsは “縛られずに”自分たちの音楽をしている印象です。自分たちらしさを失わないように心がけていることはありますか?

バンチャンStray Kidsというジャンルには定義がありません。僕たちが何をしたいか、何をしているか、それこそがStray Kidsだと思います。

― 「Scars」の歌詞にもあるように自分の中で変わらない信念はありますか?

バンチャン:自分の周りの人たちとの義理です。

― バンチャンさんが“個人として”力の限り目ざすものは?

バンチャン:死ぬ前に一度直接月に行って地球を見たいです。

JAPAN 2nd Single『Scars / ソリクン -Japanese ver.-』

Stray Kids/「Scars/ソリクン -Japanese ver.-」初回生産限定盤A (提供写真)
Stray Kids/「Scars/ソリクン -Japanese ver.-」初回生産限定盤A (提供写真)
JAPAN 2nd Singleには「Scars」のほか、今年8月に韓国でリリースされミリオンヒットを記録した2nd Full Album『NOEASY』のリード楽曲「Thunderous」の日本語バージョン「ソリクン -Japanese ver.-」、「Scars」「ソリクン」と同様に3RACHAが作詞・作曲を手掛けた日本オリジナル楽曲「CALL」を収録。

さらにABEMAの人気恋愛番組『オオカミ』シリーズの最新作である『虹とオオカミには騙されない』の挿入歌となった「My Pace -Japanese ver.-」もBonus Trackとして収録されている。

バンチャン・チャンビン・ハンがセルフプロデュースの中心となり、自分たちの音・思いで進んでいくStray Kids。今年はサバイバル番組「KINGDOM:LEGENDARY WAR」で優勝を果たし、「Thunderous」は初の地上波音楽番組1位をグループにもたらした。同曲はグループ史上最短でMV1億回再生を突破し、『NOEASY』はJYP Entertainment所属アーティスト史上初のミリオンセラーを記録。進化を続ける彼らの歩みに目が離せない。(modelpress編集部)

バンチャン(Bang Chan)プロフィール

1997年10月3日生まれ。
出身:オーストラリア
オーストラリアで子供時代を過ごし、JYPエンターテインメントのグローバルオーディションに合格して韓国へ。約7年間の長い練習生期間も経験。JYPのプロデューサーであるJ.Y. Park氏からの評価も高く、信頼も厚い。グループのブレインでありプロデューサー的存在。

【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. Stray Kidsインタビュー&動画連載開始 “Scars=傷”から紐解く8人の思い
    Stray Kidsインタビュー&動画連載開始 “Scars=傷”から紐解く8人の思い
    モデルプレス
  2. Stray Kids「CanCam」で“神ビジュ”再び メンバー関係丸わかり相関図も
    Stray Kids「CanCam」で“神ビジュ”再び メンバー関係丸わかり相関図も
    モデルプレス
  3. Stray Kids、心に残っているJ.Y. Parkからの言葉明かす 田中圭も「なんか刺さる」
    Stray Kids、心に残っているJ.Y. Parkからの言葉明かす 田中圭も「なんか刺さる」
    モデルプレス
  4. Stray Kids「MUSIC BLOOD」出演決定 田中圭&千葉雄大が魅力に迫る
    Stray Kids「MUSIC BLOOD」出演決定 田中圭&千葉雄大が魅力に迫る
    モデルプレス
  5. Stray Kids「PMC」で日本音楽誌初表紙 日本語曲レコーディング秘話も
    Stray Kids「PMC」で日本音楽誌初表紙 日本語曲レコーディング秘話も
    モデルプレス
  6. Stray Kids「S Cawaii!」メンズ特集号表紙に決定
    Stray Kids「S Cawaii!」メンズ特集号表紙に決定
    モデルプレス

「韓国エンタメ」カテゴリーの最新記事

  1. BTS、アメリカ三大音楽賞「BBMAs」史上最多受賞アーティストに 2022年は3冠達成
    BTS、アメリカ三大音楽賞「BBMAs」史上最多受賞アーティストに 2022年は3冠達成
    モデルプレス
  2. 防弾少年団(BTS)、ビルボード・ミュージック・アワードで3冠に 6年連続受賞
    防弾少年団(BTS)、ビルボード・ミュージック・アワードで3冠に 6年連続受賞
    もっと!コリア
  3. PENTAGON・YUTO「ガルアワ」で日本凱旋ランウェイ 長身抜群スタイルで視線独占<GirlsAward 2022 S/S>
    PENTAGON・YUTO「ガルアワ」で日本凱旋ランウェイ 長身抜群スタイルで視線独占<GirlsAward 2022 S/S>
    モデルプレス
  4. ジェジュン、インスタの職業欄が「スーパーマーケット」の理由
    ジェジュン、インスタの職業欄が「スーパーマーケット」の理由
    モデルプレス
  5. BTS・JIN、ギプスの取れた左手披露 近影に「元気そうで嬉しい」の声
    BTS・JIN、ギプスの取れた左手披露 近影に「元気そうで嬉しい」の声
    モデルプレス
  6. 注目度No.1!BTSの事務所からガールズグループ『LE SSERAFIM』が本格始動!
    注目度No.1!BTSの事務所からガールズグループ『LE SSERAFIM』が本格始動!
    Ray
  7. TWICEモモ、“ダヒョン撮影”空港ファッションショットに「スタイル抜群」「美しい」の声
    TWICEモモ、“ダヒョン撮影”空港ファッションショットに「スタイル抜群」「美しい」の声
    モデルプレス
  8. Stray Kids「CanCam」初表紙 メンバーの中で一番“理想の恋人”イメージが強いのは?
    Stray Kids「CanCam」初表紙 メンバーの中で一番“理想の恋人”イメージが強いのは?
    モデルプレス
  9. MC the MAX ジェイ・ユンさんが亡くなって1年 才能豊かなアーティスト 享年39歳
    MC the MAX ジェイ・ユンさんが亡くなって1年 才能豊かなアーティスト 享年39歳
    もっと!コリア

あなたにおすすめの記事