SHINee、“輝く”パフォーマンスに1万2000人熱狂<セットリスト>

参照回数:136,196

「MUSIC FOR ALL,ALL FOR ONE」2日目のトリを飾ったSHINee左からオンユ、ジョンヒョン、テミン、ミンホ、キー
オンユ、ジョンヒョン、テミン、ミンホ、キー
男性5人組K-POPグループのSHINeeが23日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された音楽イベント「MUSIC FOR ALL,ALL FOR ONE」に出演した。 オンユ、ジョンヒョン、キー、ミンホ、テミンのメンバーで08年に韓国でデビューし、昨年6月に日本デビューを果たしたSHINee。この日、トリで登場した彼らは1曲目でポップなダンスチューン「Dazzling Girl」を披露すると会場はこの日一番の大歓声が上がった。

SHINeeコールが響き渡る中、続けてデビュー曲の「Replay -君は僕のeverything-」を歌唱。MCでは、テミンが「こんなに大きなステージで皆さんにお会いできて本当に嬉しいです」とコメント。キーも「素晴らしいアーティストの皆さんと同じステージに立つことができて嬉しい。熱いですよね。代々木の皆さんサイコーです!余談ですけど、ソウルは気温が-10℃まで下がるんですけど、SHINeeが東京に降り立ったら5人だけエスキモーみたいな格好をしていて恥ずかしくなりました。すみません、余談でした…」と流暢な日本語で話し、無邪気にはにかんだ。

このほか「こうして音楽を通じて色々な国に行って皆さんにお会いできることに感謝しています」(ジョンヒョン)、「去年の6月から活躍していますが1年半の間には素敵な思い出が沢山あります。代々木は忘れられない場所です」(オンユ)「皆さんのおかげでまた一つ大切な思い出ができました」(ミンホ)とそれぞれコメント。

さらに「Sherlock」では息のあったダンスを披露したほか、12月12日に発売されたばかりの新曲「1000年、ずっとそばにいて」では、高音の美しい歌声を響き渡らせると会場全体がSHINeeカラーのグリーンのペンライト一色となり幻想的な雰囲気に包まれた。

鳴り止まないアンコールで再度ステージに登場したSHINeeは、「LUCIFER」を全力でパフォーマンス。最後は「メリークリスマス!また会いましょう」の言葉で締めくくった。

「MUSIC FOR ALL,ALL FOR ONE」は、大手配信サイト「レコチョク」主催のもと、各レコード会社や音楽メディアが協力し合い、レーベルを越えたアーティストが一堂に会するライブイベント。昨年は「忘れちゃいけない年の、忘れられないクリスマス」というコンセプトのもと、出演アーティストは「音楽」を通じて力強くメッセージを発信、次の年につながるパワーを全国に届けた。

今年は昨年のイベントでつながった絆を絶やさず、より一層「音楽」の持つパワーを届けるためにアーティストが集結。この日はSHINeeのほか、倖田來未、JUJU、BENI、E-Girls、Crystal Kay、家入レオらが出演し、約1万2000人の観客を動員。明日24日は、Aqua Timez、CNBLUE、華原朋美、きゃりーぱみゅぱみゅ、三浦大知、Ms.OOJAらがライブパフォーマンスを繰り広げる予定だ。(モデルプレス)

■SHINee セットリスト

1.Dazzling Girl
2.Replay -君は僕のeverything-
3.Keeping love again
4.JULIETTE
5.Stranger
6.Love Like Oxygen
7.Sherlock
8.1000年、ずっとそばにいて
EC.LUCIFER

■「FamilyMart presents MUSIC FOR ALL,ALL FOR ONE」開催概要

日時:2012年12月22日(土)、23日(日)、24日(月・振休)15:00開場/16:00開演/20:30終演予定
会場:東京・国立代々木競技場第一体育館
アーティスト出演日(※アルファベット表記でのABC順)
12月22日(土):AI、シェネル、GENERATIONS、ゴールデンボンバー、加藤ミリヤ、乃木坂46、三代目 J Soul Brothersほか
12月23日(日):BENI、Crystal Kay、E-Girls、家入レオ、JUJU、倖田來未、SHINeeほか
12月24日(月・振休):Aqua Timez、CNBLUE、華原朋美、きゃりーぱみゅぱみゅ、三浦大知、Ms.OOJAほか

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - SHINee、“輝く”パフォーマンスに1万2000人熱狂<セットリスト>
今読んだ記事

SHINee、“輝く”パフォーマンスに1万2000人熱狂<セットリスト>

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「Kエンタ」カテゴリーの最新記事