ゆにばーす・はら/“詐欺メイク”ビフォー&アフター

“整形級メイク”ゆにばーす・はらの私物コスメ公開!メイクテクもプロ級にすごかった…“衝撃ビフォーアフター”の裏側<インタビュー>

2018.08.08 06:00
0
0

整形級の“詐欺メイク”で話題沸騰中のお笑いコンビ・ゆにばーすはら(28)。メイク×自撮りの相乗効果で生まれる詐欺メイクを徹底解説した初の著書『ゆにばーすはらの#詐欺メイク』(世界文化社)が8日、発売される。モデルプレスは、はらにインタビューを実施。詐欺テクだけでなく、普段使いできるメイクテクや愛用コスメ、メイクの裏にある思いを聞いた。

同書では、コンプレックスの塊というはらの、コンプレックスを克服した“奇跡のメイク術”を伝授。海外セレブや雑誌から学んだテクが満載で、テーマ別の“はら七変化”を披露。詐欺すぎテクや、詐欺すぎツール、詐欺メイクの極意Q&A、女芸人・相席スタートの山崎ケイに施したマイナス10歳若返りメイクなどを収録する。

『ゆにばーすはらの#詐欺メイク』/世界文化社
『ゆにばーすはらの#詐欺メイク』/世界文化社

“詐欺メイク”が誕生するまで…プロポーズまでされたモテっぷり

― メイク本の出版、おめでとうございます。すごく勉強になりました。

はら:本当ですか?嬉しい!…本当ですか?

― 本当です!使えるテクが満載で。

はら:本当ですよね(笑)?ありがとうございます(笑)。最後までこだわったのでだいぶ出版の方には迷惑をかけたんですけど、本を出せるなんて…イエェェーーイ!!!

ゆにばーす・はら(C)モデルプレス
ゆにばーす・はら(C)モデルプレス
― (笑)

はら:あ、すいません。本当に嬉しくて。それに初めて詐欺メイクを取り上げられているのを見たのがモデルプレスさんで。すごく印象に残ってます。

― ありがとうございます。インスタを拝見してすごいなと。いつからメイクに挑戦していたんですか?

はら:19歳くらいからメイクは好きだったんですけど、本格的に詐欺メイクを始めたのは26歳くらいですね。2017年に入ってからインスタに自撮りをあげるようにしていたんですけど、M-1後に存在を知られて、「なんだこいつ?」となって調べた先に詐欺自撮りがあって(笑)。「とんでもねえやつじゃねえか」と注目していただけたんだと思います。そこから1週間で1万人くらいフォロワーが増えて、今では15万人近くになりました。ありがたいです。

― 詐欺メイクをはじめたきっかけは出会い系サイトでモテたかったから、とうかがったのですが。

はら:周りに彼氏ができはじめた時に、なんで自分はできないんだろうな?と。そんなに悪くないはずなんだけどなと思って、出会い系サイトで「どれだけ会わずにモテるか」を試したくなったんです。画像だけでどれだけ食いついてくるのかと。

― モテました?

はら:実際に詐欺メイクをアップしたら、5分で80件くらい連絡があって。「あれ?やれば出来るんだ」と思いました(笑)。

ゆにばーす・はら(C)モデルプレス
ゆにばーす・はら(C)モデルプレス
― めちゃくちゃモテたと。

はら:出会い系サイトでは(笑)。ただ、詐欺メイクをやってるってバレ始めたので、もうダメですね。外国人の方からは「あなたの顔は素晴らしい」って結構コメントがくるんですけど(笑)。戦地で医者をやってる40歳くらいのおじさんとか、韓国の方とかにアプローチされました(笑)。「結婚したい」って言われたこともあります。

― プロポーズまで! 実生活ではどうですか?

はら:リアルはないですねー。ゆにばーすはらでいることのほうが多いので(笑)。女友達と遊ぶときのほうがしっかりメイクしてます。

ゆにばーす・はら(C)モデルプレス
ゆにばーす・はら(C)モデルプレス

はらの愛用コスメ&メイクテクを紹介

― 本の中ではSNS映えするメイクテクが満載ですが、普段メイクとして使えるテクもぜひ教えていただきたいです。メイクで1番こだわっている部分はどこですか?

はら:眉毛の描き方が一番大事だと思います。美人比率っていうのがあるんですけど、眉頭を目頭の上にして、口角から目尻をつなげた延長線上に眉尻をつくると優しく見える顔になるし、誰でも簡単にできるのでおすすめです。(オススメアイブローはオルビスのブレンドアイブローコンパクト ナチュラルブラウン)。

あとはチークの入れ方で顔の印象が全然違います。本にタイプ別でやり方は書いたんですけど、一番簡単なのがピンク系の練りタイプのチークではっきり丸く入れてから中心以外をボカすだけでも可愛い感じになります。やってみてください。

女子高生メイクを施したゆにばーす・はら(画像提供:世界文化社)
女子高生メイクを施したゆにばーす・はら(画像提供:世界文化社)
― かわいい系からかっこいい系まで七変化を披露されていますが、テーマによって肌感まで変えているのがすごいなと思いました。おすすめのベースメイクについても教えてください。

はら:チャコットの「チャコット フォー プロフェッショナルズ エンリッチングクリーミーファンデーション」は本当に万能なんですよ。わざわざコントロールカラーを使わなくてもいいぐらい、1色で綺麗になるのでずっと愛用してます。でも江原道の「Koh Gen Do マイファンスィーメイクアップ カラーベース」も万能すぎてヤバいです。出会ったときにびっくりしました。くすみやクマをなくしてくれるイエローベースを使ってます。

「チャコットのファンデは本当に万能!」(C)モデルプレス
「チャコットのファンデは本当に万能!」(C)モデルプレス
― 使い方のこだわりはありますか?

はら:リキッドファンデを塗って、スポンジを水で濡らして絞った水スポンジで抑えると、肌になじんでみずみずしくなるのでおすすめです。普段メイクなら薄付きのほうがいいと思うので、会社メイクをするときにも使えると思います。このリキッドファンデとアイブローとチークは、舞台に立つときも使っている必需品です。あとは1000円~1500円くらいのプチプラコスメを使っていて、お店に行って試してみたりして自分に合うものを見つけてます。

― なるほど。メイクももちろんなんですが、肌がすごく綺麗ですよね。

はら:ありがとうございます!乾燥肌なので、なるべく乾燥しないように保湿したり、スキンケアはだいぶこだわっています。毎日5分以上かけて化粧水を入れるので、早いと1週間くらいで1本使い切るくらいパシャパシャ使ってます。ミス・ユニバースの方もバシャバシャに入れ込むって言ってたので、やっぱり同じことしてるんだなって思いました。美を求めるとそうなるんだなと。めっちゃ上から目線で言ってみました(笑)。

ゆにばーす・はら(C)モデルプレス
ゆにばーす・はら(C)モデルプレス

詐欺メイクで話題沸騰・はらのこれから

― メイク本の出版やファッション誌の出演など、メイクのお仕事が増えてきていると思うんですが、今後の活動についてはどう考えていますか?

はら:本では(山崎)ケイさんにメイクをしたんですけど、人にメイクを出来たらいいなと思います。

― 芸人さんを可愛くしたい?

はら:そうですね。もっと自分に近い、コンプレックスの塊を見つけ出して綺麗にできたらなと思います。

ゆにばーす・はら(C)モデルプレス
ゆにばーす・はら(C)モデルプレス
― はらさんも自分のコンプレックスに向き合ってメイクテクを学んでいったそうですが、可愛くなりたい女性に向け、アドバイスをいただけますか?

はら:「はらさんを見て頑張ろうと思いました」と言ってもらえることがすごく多いんです。私を見て、人ってこれだけ変われるんだというのを知ってもらえたら嬉しいなと思います。「私にも出来るから、あなたにも出来ますよ」というのは伝えたい部分なので。可愛くなる方法はこの本に全て詰め込んだのでぜひ読んでいただきたいです!

夢を叶える秘訣

ゆにばーす・はら(C)モデルプレス
ゆにばーす・はら(C)モデルプレス
― 最後に、モデルプレス読者に向けて“夢を叶える秘訣”を教えてください。

はら:強い意志を持つこと。「続けていればなんとかなる」と養成所の講師の方からも言われていたんです。まさか自分が本を出すことになるとは思わなかったですし(笑)、「CanCam」や「VOCE」、「美的」に出るとも思わなかったですし(笑)、お笑いを辞めていく同期も多い中、続けていたらなんとかなるなと。それにゆずさんが好きなんですけど、ゆずさんの会報に載ったんですよ!

― と言いますと?

はら:北川悠仁さんがインスタをのぞいてくださっていたみたいで、詐欺自撮りを紹介してくださったんです。私がゆずさんが好きというのも知ってくださったみたいで、「これからも詐欺自撮りとゆずをよろしくお願いします」と書いてあったんですよ!人生で一番嬉しかったです。

― それは嬉しいですね。

はら:強い意志を持っていたおかげで、夢が叶いました!どこかで会えたらなとは思っているんですけど、実際に会ったらガチファンすぎて喋れないし、イェエエエエエイも言えるかわからないです(笑)

(modelpress編集部)

ゆにばーす・はら(C)モデルプレス
ゆにばーす・はら(C)モデルプレス

ゆにばーす・はら プロフィール

生年月日:1989年11月7日
出身地:神奈川県 横浜市
身長:151cm
体重:58kg
血液型:A型

NSC東京校 16期生。2013年4月に相方・川瀬名人と「ゆにばーす」を結成。2017年、「M-1グランプリ」で初の決勝進出を果たした。現在、ゆにばーす単独ツアー「新世紀ハランゲリヲン~優勝補完計画~」が開催中。

「新世紀ハランゲリヲン~優勝補完計画~」

・8/12(日)ショウナン作戦
【時間】14:00開場 14:30開演
【場所】藤沢市民会館 小ホール(藤沢)
・8/23(木)オオサカ作戦
【時間】18:40開場 19:00開演 
【場所】なんばグランド花月(大阪)
・9/24(月)  サッポロ作戦
【時間】13:30開場 14:00開演
【場所】ターミナルプラザ ことにパトス (札幌)
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. ゆにばーす・はら“詐欺メーク”で出会い系アプリに登録「5分で80件連絡がきた」 実際に会った男性の反応も明かす
    ゆにばーす・はら“詐欺メーク”で出会い系アプリに登録「5分で80件連絡がきた」 実際に会った男性の反応も明かす
    モデルプレス
  2. “整形級メイク”ゆにばーす・はら、初の「詐欺メイク本」 衝撃ビフォーアフターの全貌公開
    “整形級メイク”ゆにばーす・はら、初の「詐欺メイク本」 衝撃ビフォーアフターの全貌公開
    モデルプレス
  3. メイク“ビフォー・アフター”に驚きの声「全て同じ私」韓国美人タレントのパク・ウンジが思いつづる
    メイク“ビフォー・アフター”に驚きの声「全て同じ私」韓国美人タレントのパク・ウンジが思いつづる
    モデルプレス
  4. “浅野忠信似”ゆにばーす・はら、本人と夢の共演 2ショットに「激似」「兄妹」の声
    “浅野忠信似”ゆにばーす・はら、本人と夢の共演 2ショットに「激似」「兄妹」の声
    モデルプレス
  5. “整形級メーク”ゆにばーす・はら、美胸ショット公開に反響「セクシーすぎ」「今回も仕上がってる」
    “整形級メーク”ゆにばーす・はら、美胸ショット公開に反響「セクシーすぎ」「今回も仕上がってる」
    モデルプレス
  6. ゆにばーす・はら“無加工の整形級メーク”を公開 テクニックにも注目集まる
    ゆにばーす・はら“無加工の整形級メーク”を公開 テクニックにも注目集まる
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 曽田陵介、本格俳優デビューから2年で感じる壁「満足するものはまだない」“女性との初キスシーン撮影”語る<「サワコ~それは、果てなき復讐」インタビュー>
    曽田陵介、本格俳優デビューから2年で感じる壁「満足するものはまだない」“女性との初キスシーン撮影”語る<「サワコ~それは、果てなき復讐」インタビュー>
    モデルプレス
  2. 池田エライザ、義足での演技は「嫌だってくらい考えました」過酷な撮影期間振り返る< 「DORONJO」インタビュー後編>
    池田エライザ、義足での演技は「嫌だってくらい考えました」過酷な撮影期間振り返る< 「DORONJO」インタビュー後編>
    モデルプレス
  3. 池田エライザ“令和のドロンジョ”挑戦裏に徹底した役作り「かなり無理をした」< 「DORONJO」インタビュー前編>
    池田エライザ“令和のドロンジョ”挑戦裏に徹底した役作り「かなり無理をした」< 「DORONJO」インタビュー前編>
    モデルプレス
  4. ウチら3姉妹・とうあ、ヘラヘラ三銃士らYouTuberとの絆語る 4kg減量の秘話も<モデルプレスインタビュー>
    ウチら3姉妹・とうあ、ヘラヘラ三銃士らYouTuberとの絆語る 4kg減量の秘話も<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  5. 旅費総額6億円以上のスーパーコンシェルジュ・かぐみとは何者?こだわりの美容事情も明かす<インタビュー>
    【PR】旅費総額6億円以上のスーパーコンシェルジュ・かぐみとは何者?こだわりの美容事情も明かす<インタビュー>
    ドリームパワー株式会社
  6. Kelly、日焼け&夏バテにも負けない美容習慣とは?「簡単で続けやすい」<インタビュー>
    【PR】Kelly、日焼け&夏バテにも負けない美容習慣とは?「簡単で続けやすい」<インタビュー>
    株式会社ニチレイフーズ
  7. 初主演で女優デビューの注目若手・幸澤沙良、櫻井海音&藤原大祐とのほっこり撮影裏話・刺激も明かす<「差出人は、誰ですか?」インタビュー>
    初主演で女優デビューの注目若手・幸澤沙良、櫻井海音&藤原大祐とのほっこり撮影裏話・刺激も明かす<「差出人は、誰ですか?」インタビュー>
    モデルプレス
  8. “主婦コスプレイヤー”茉夏、えなこら先輩は「本当にすごい」PPE加入1年の心境語る<モデルプレスインタビュー>
    “主婦コスプレイヤー”茉夏、えなこら先輩は「本当にすごい」PPE加入1年の心境語る<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  9. 「ミスターモデルプレス」初代グランプリ・森田悠斗さん“週6ライブ配信”続ける理由 アンチコメントとの向き合い方も語る<「モデルプレス連載」Vol.5>
    「ミスターモデルプレス」初代グランプリ・森田悠斗さん“週6ライブ配信”続ける理由 アンチコメントとの向き合い方も語る<「モデルプレス連載」Vol.5>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事