<三代目JSB今市隆二インタビュー>EXILE ATSUSHI・登坂広臣を語る “運命を変えた2人のヴォーカリスト”への思い【後編】

三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの今市隆二が、モデルプレスのインタビューに応じた。3月26日に、初のフォトエッセイ『TIMELESS TIME(タイムレス・タイム)』を発売した今市。同書は、NYを拠点に世界で活躍するダニエル・アーシャムをクリエイティブ&アートディレクターに迎え、京都と東京という日本の伝統を守り続ける街と、日々進化をくり返す街の対極をなす二つの都市で撮影。インタビューでは、デビューのチャンスを掴んだ「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 2」、家族や友人との秘話、恋愛観…半生をあます事なく語っている。インタビュー後編となる今回は、今市の“運命を変えた2人のヴォーカリスト”EXILE ATSUSHIと三代目J Soul Brothersの登坂広臣への思いを中心に語ってもらった。
モデルプレスのインタビューに応じた今市隆二(C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じた今市隆二(C)モデルプレス

目次

  1. 今市隆二にとってEXILE ATSUSHIの存在とは…
  2. 「運命の人」登坂広臣を語る
  3. 三代目JSBメンバーの作品はチェックする?
  4. 今市隆二が語る“夢を叶える秘訣”
  5. 走り続ける今市隆二「とにかくやるという感覚だけ」
  6. 今市隆二(いまいち・りゅうじ)プロフィール
  7. 初フォトエッセイ『TIMELESS TIME(タイムレス・タイム)』

インタビュー前編はこちらからチェック


今市隆二にとってEXILE ATSUSHIの存在とは…

EXILE ATSUSHIへの思いを語る(C)モデルプレス
EXILE ATSUSHIへの思いを語る(C)モデルプレス
― インタビューの中では、ファンを公言しているATSUSHIさんについて、外見や歌い方を完コピしてした時代のお話をされていましたね。EXILEさんの曲でセットリストを作ってカラオケに通っていたというエピソードも面白かったです。

今市:ありましたね(笑)。歌が好きで、自分を表現するという意味ではそれが得意分野だったので、当時は友達と一緒にカラオケに行っていました。自分は、1人ではカラオケに行かないんですよ。なので、友達何人かで行くことが多かったんですけど、ボリューム変えたりマイクを選んだり、歌を最高に聴かせる環境を整えて。で、作っていったセットリストの曲を先に歌われると「お前ふざけんじゃねえ!」ってなってました(笑)。

― (笑)。

今市:「こっちがどんな思いで覚えてきたと思ってんだ!」って思って。友達には関係ないのに(笑)。

― ATSUSHIさん本人には、あまりファンであることを言わないようにしている、ともありましたが。

今市:元々大ファンなので、やっぱり伝えたくなるんです。でも、デビューのタイミングには切り替えて、あまり言わないようにしました。もちろん、ATSUSHIさんがいらっしゃったらテンションは上がりますけど、自分が後輩から言われるようになったらどうなんだろうって考えるようになったんです。あとは、前にLIVEDVDを観てたときに連絡が来て「今2004年のDVD観てます!」って伝えたら、「すぐ止めて」って言われたことがあったんです(笑)。それも大きかったですね。そこからは、より1人のアーティストとして接しようという意識が強くなりました。

― アーティストとして同じ舞台に立つようになった今、今市さんにとってATSUSHIさんはどんな存在ですか?

今市:大ファンであることは変わらないんですけど、近いところにいさせてもらって、一緒にお酒を飲むこともあって、気にかけてもらって、ATSUSHIさんの人間らしさを感じてより一層好きになりました。それに、近くにいればいるほど、ATSUSHIさんが歌と音楽を愛しているということがよく分かったんです。本当に歌と音楽の人なんです。そこに人生をかけて、情熱をかけて…この前もドームツアーを拝見させていただいたんですけど、そこにかける姿は何にも変えられないくらいかっこよかったです。技術ももちろんすごいですけど、それ以上にその姿勢をリスペクトしています。

今市隆二をインタビュー撮り下ろし!


「運命の人」登坂広臣を語る

今市隆二、登坂広臣は「運命の人」(C)モデルプレス
今市隆二、登坂広臣は「運命の人」(C)モデルプレス
― もう1人、登坂さんも今市さんの運命を変えたヴォーカリストだと思いますが、インタビューの中では「運命の人」と表現されていましたね。

今市:同じオーディションを受けて、同じ年で、家も近くて、レッスン後は一緒に帰って…本当にたまたま出会った仲間だったんですけど、気がつけば三代目も8年目ですし、2人でグループを引っ張ってきて、アリーナツアーやってドームツアーやって、紅白も出て、レコ大も獲らせていただいて、すごいなって。そんな人はほかにいないですし、思い返すと「運命の人」だなと思います。オーディションのときから思っていたんですけど、俺と臣がタッグを組んだら最強だなって。根拠のない自信みたいなもので、それは今も変わらないです。

― 「VOCAL BATTLE AUDITION2」の合宿審査では、部屋も一緒で。

今市:一緒でしたね。あと、八木将康と。

― 課題曲でもペアがあり。

今市:そのときのオーディションって三代目のボーカルを選んだので、そこにフィットしたのが自分らだったんだなと思うんです。リーダーのNAOTOさん、(小林)直己さんがいて、ELLYも決まっていて、健ちゃん(山下健二郎)、がんちゃん(岩田剛典)が入って、EXILEの1つ下のグループでって考えると自分と臣だった。そういうタイミングを含め、運命を感じます。

― 登坂さんとお2人で飲みに行ったのが過去2回だけというのも、絶妙な距離感だなと思いました。

今市:自分でも思うんですけど、少ないですよね(笑)。でも、グループではよく行っていて、仕事でもずっと一緒にいますし、あんまりそういう気持ちにならなかったんです。2回って言うと少ないですけど、それが悪いわけでもないですし、だからこそいい関係ができているって感覚もある。まあ、今はちょっと行きたいなって思います。

今市隆二(C)モデルプレス
今市隆二(C)モデルプレス
― その理由は?

今市:今ならそれぞれソロ活動が始まって、これまでとは違う感覚で話せるんじゃないかなと思うんです。単純に会えない時間が増えたっていうのもあるし、年齢も重ねて感覚も変わっただろうし、飲みに行きたいですね。

― 最後に飲みに行ったのはいつ頃ですか?

今市:初めてのドームツアーが始まる前です。3年前。うわ…もう3年前です(笑)。

― 誘ったのはどちらからですか?

今市:それは臣でした。

― では、次はぜひ今市さんからお誘いを…!

今市:それはタイミングで(笑)。

三代目JSBメンバーの作品はチェックする?

『TIMELESS TIME(タイムレス・タイム)』はメンバーに手渡し/今市隆二(画像提供:所属事務所)
『TIMELESS TIME(タイムレス・タイム)』はメンバーに手渡し/今市隆二(画像提供:所属事務所)
― メンバーのソロ活動は、チェックしますか?

今市:しますします。臣のソロとかはセルフプロデュースなので、作品が世に出たタイミングで。自分もファンの方と一緒に見れるので楽しいです。

― 新鮮な感覚ですか?

今市:もっとアッパーでくるかと思ったら、意外と洗練されたイメージだったので、「あっこういうスタイルでくるのか」って。監督もアジアの方ですし、「そういうこだわりがあるのか」とか、面白いです。

― 今回のフォトブックはメンバーに渡しましたか?

今市:はい、ちょうど昨日。メッセージを書いて、直接渡しました。

― ご自分の作品は出来上がったら、毎回メンバーに?

今市:ソロが始まって、データにはなりますけど、グループLINEに送りました。「かっこいい曲だね」とか、皆シンプルですけど返事をいただきました。グループLINEでは、結構何でも共有するんです。例えば「このYouTube面白いよ」「このMV出たよ」「今飲んでるよ」とか。

― そうやってコミュニケーションをとっているんですね。

今市:7人揃うことが最近は少ないので、会えないときはくだらないことも、なるべく共有するようにしています。

インタビューフォトギャラリー


今市隆二が語る“夢を叶える秘訣”

今市隆二“夢を叶える秘訣”は…(C)モデルプレス
今市隆二“夢を叶える秘訣”は…(C)モデルプレス
― オーディションから夢を掴んだ今市さんですが、これまでの人生を振り返って実感する“夢を叶える秘訣”を教えて下さい。

今市:デビュー当時から言ってることは変わらないんですが、「諦めないこと」。デビューして8年間の間で、より深く感じるようになりました。ずっと情熱を注ぎ続けることが一番の近道というか、それがないとチャンスにも巡り合わないと思うんです。チャンスに気づけるようにアンテナを張り続けるのも情熱だと思いますし、やめることは簡単ですけど、やめたらすべて終わってしまうので。

LDHで言うと、劇団EXILEの青柳(翔)くんとかは、元々アーティストになりたくてこの世界に入って、2年くらい前にHIROさんに話して、今歌手デビューして。ほかにも「VOCAL BATTLE AUDITION2」のファイナリストで佐藤広大くんって人がいるんですけど、その人はオーディションに落ちたけど諦めずに夢を追い続けた結果、デビューしています。やっぱり、そうやって諦めないことは重要ですし、自分も夢を叶えるまでに5、6年かかりましたけど、努力して情熱を注ぎ続けて、結果たくさんの方々のおかけで受かることができました。

― 「情熱」こそが原動力であると。ありがとうございました。

走り続ける今市隆二「とにかくやるという感覚だけ」

「とにかくやるという感覚だけ」(C)モデルプレス
「とにかくやるという感覚だけ」(C)モデルプレス
アートフォトエッセイのインタビューでは、デビュー直後の心境も振り返っている。初パフォーマンスは、ラゾーナ川崎プラザ。その日から三代目の活動がいよいよスタート――「あれからずっと僕は走り続けている」。“夢を叶える秘訣”を「諦めないこと」とシンプルに答えた今市らしい表現だと思う。

デビューから8年。これまで、一度も立ち止まったことはなかったのか?走ることをやめようと思った瞬間はなかったのか?最後にそう聞いてみた――「ないです。辛いと思ったことも一度もないです。今も変わらず、とにかくやるという感覚だけです」。彼には愚問だったようだ。(modelpress編集部)

<三代目JSB今市隆二インタビュー>「全てをさらけ出す方がいい」―ソロとしての“自分”とは?ダニエル・アーシャムとのコラボが刺激に【前編】


今市隆二(いまいち・りゅうじ)プロフィール

今市隆二(C)モデルプレス
今市隆二(C)モデルプレス
1986年9月2日生まれ。京都府出身。2010年に行われた「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 2 ~夢を持った若者たちへ~」で合格し、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのボーカルに抜擢され、同年シングル「Best Friend's Girl」でデビュー。

2018年からはソロ活動も開始。1月から「ONE DAY」「Angel」「Thank you」を3ヶ月連続配信し、4月にもデジタルシングル第4弾となる「Alter Ego」の配信が決定している。3月26日には、初のフォトエッセイ『TIMELESS TIME(タイムレス・タイム)』を発売。


初フォトエッセイ『TIMELESS TIME(タイムレス・タイム)』

今市隆二/撮影:James Law(画像提供:所属事務所)
今市隆二/撮影:James Law(画像提供:所属事務所)
<仕様>
B5変型
ソフトカバー オールカラー
224ページ
※特別限定版はメイキングDVD付

<目次>
京都と東京/男に必要な1人旅/熱狂的EXILEファン/VOCAL BATTLE AUDITION初挑戦/無我夢中のヴォーカル・レッスン/エネルギー源は鯖の塩焼き定食と納豆/心も鍛えてくれた山中湖合宿/涙の合格発表/実家の駐車場に染みる青春の証し/自分なりの職人魂/初恋/ソロヴォーカリストの喜びと苦悩/三代目のメンバー、そしてHIROさん/作詞の深さ、難しさ/ブライアン・マックナイトとの時間/愛すべき今市家の人々/恋愛とナンパ、そして結婚/僕の音楽と性善説 ほか
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - <三代目JSB今市隆二インタビュー>EXILE ATSUSHI・登坂広臣を語る “運命を変えた2人のヴォーカリスト”への思い【後編】
今読んだ記事

<三代目JSB今市隆二インタビュー>EXILE ATSUSHI・登坂広臣を…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事