メンバー同士のKISSで話題になったMeseMoa. 今度はかつてないほど“びしょ濡れ”に

【MeseMoa./モデルプレス】9人組ボーイズグループ・MeseMoa.(めせもあ。)は2012年に動画投稿サイトをきっかけに結成。2016年に全国47都道府県ツアーを成功させた注目度急上昇の“自称アイドル”だ。4月に発売された初のアルバム「Secret」の1曲「Shadow Kiss」のMVではメンバー同士でKISSをするという衝撃的な内容で話題になったばかり。そんなMeseMoa.が、1stシングル「Muddy Water」を発表。かつてないほどの“びしょ濡れ”になったMVについて、メンバーにインタビューを行った。
メンバー同士のKISSで話題になったMeseMoa. 今度はかつてないほど“びしょ濡れ”に(画像提供:DD)
メンバー同士のKISSで話題になったMeseMoa. 今度はかつてないほど“びしょ濡れ”に(画像提供:DD)

目次

  1. 1. MeseMoa.史上最も難しくてストーリー性の強い楽曲が完成
  2. 2. 「めちゃくちゃ怖かった」過酷なMV撮影秘話
  3. 3. 大きな「夢」を語るMeseMoa.の覚悟
  4. 4. 1stシングル「Muddy Water」

MeseMoa.史上最も難しくてストーリー性の強い楽曲が完成

― 1stシングル「Muddy Water」を初めて聴いた印象は?

気まぐれプリンス(以下・プリンス):新しいMeseMoa.の始まりだと感じました。「むすめん。」の時はこんなにも悲しみを全面に押し出した曲を今までしたことがないので、グループ名が変わってからの1stシングルで新たな一面を皆さんに知ってもらえたら嬉しいです。

野崎弁当(以下・野崎):確かに!僕は曲をいただいた時「すごく暗い曲だな」って印象だったけど、今では「とてつもなく暗い曲だな」にランクアップしています(笑)。ただ、その一方で感情の起伏が激しい曲にもなっていますので、「この歌詞は何を意味しているんだろう」「どうしてこんな気持ちなんだろう」と想像しながら曲を楽しむと、今まで以上に楽しいかもしれません。是非考察してみてほしいですね。

二番煎じ:僕は暗い曲だなって印象はもちろんあったけど、今まであったどの曲よりも暗くてどんよりした曲をどう表現していくのかっていうのが聴いてて楽しみでしたね。

にーちゃん:わかるわかる!水のポチャンという音も特に印象的で、どんなダンスになるのかワクワクが止まりませんでした。あと自分のソロは是非聴いてほしいところの一つですね。歌もそうですが、ダンスと合わせて見てほしいです。


歌詞にも注目


フォーゲル:雨粒のポチャンって音は結構この曲のポイントにもなる音で耳に残るよね。あと自分はストーリー性が強い歌詞だなって印象もありました。今までの自分たちの曲で、ここまで感情表現が出ている曲ってなかったので珍しいなと思いました。

ノックソ:今まで明るい系だったり、セクシー系の楽曲はやって来ましたけど、ここまで「THE暗い系」の楽曲って初めてやけどかっこよさがあって。あおいくんととみたんの感情がぶつかり合うような掛け合いの歌い方にも注目して頂ければ…!

とみたけ:今回はあおいくんとのダブルセンター曲と言うことで、たくさんパートをいただきました。悲しさや怒りを曲中で表現するため歌詞一つ一つに感情を込めたのでそこに是非注目してほしいです!

あおい:はじめにこの曲を聴いた印象は今までで一番難しい曲だと思いました。単純に曲中の緩急もかなり激しいし感情を乗せて歌うのが予想以上に難しくて苦戦しました。

白服:クラシックのような弦楽器の演奏部分と水滴の音がとても印象的で、これまでのシングルで一番緩急が激しい曲になっていると思います。Aメロの静けさがとても好きで、実は歌詞がとある楽曲とリンクしていたり…。MeseMoa.として初シングルのこだわりと気合いを感じてもらえたらと思います!

ストーリー性の高い映像と歌詞に注目(画像提供:DD)
ストーリー性の高い映像と歌詞に注目(画像提供:DD)

「めちゃくちゃ怖かった」過酷なMV撮影秘話

― MVは2日間にかけて撮影したそうですが、大変だった事などありますか?

白服:今回のシングルのテーマが“びしょ濡れ”って聞いた時あまりピンと来なかったんですけど、MVの企画書を読んで合点がいきました(笑)。

にーちゃん:水面の上で水しぶきをあげながら踊ってみたいと常々思っていたので、すごく楽しんで撮影ができました。でも、想像以上に衣装が重くなっちゃって、辛かったです(笑)。

フォーゲル:今回はタイトルや楽曲中に雨を連想させるワードや音があったのでMVをどのように撮るかワクワクしてたんですけど、雨を降らせながらの撮影は想像以上に視界も悪く、衣装も鎧のように重くなってうまく体を動かせず体力をかなり削られました。

野崎:衣装が水を吸いまくって、布が普通と全く違う挙動になって大変だったよね。でも水浸しになりながら踊るなんて、なかなかない経験だったので楽しかったです。

プリンス:ほんと雨に打たれながら踊るのは気持ちよかったです(笑)!

濡れた衣装が重くて踊りにくいなど大変なことも(画像提供:DD)
濡れた衣装が重くて踊りにくいなど大変なことも(画像提供:DD)

「大変だった」MVの撮影


ノックソ:多分MVだと衣装の重さが伝わらないと思いますが、雨の量もすごくて全然目が開けられなかったんですよ。白服さんはコンタクトが目に張り付いて取るのも大変そうでした。

白服:本当にあの時はちょっと焦った(笑)。ズレてたコンタクトがなかなか取れなくて過去最高に目薬を使いました!

二番煎じ:ちょっと取れなくて「もういいや」って感じになってたもんね。

白服:そうそう(笑)。コンタクトのせいで撮影を一時中断させてたのもあったんですけど、あの時内心自分の目がどうなってしまうのかめちゃくちゃ怖かったです。

プリンス:とにかくずぶ濡れになった衣装がダンスの振りで顔にぶつかったりするから余計大変だったよね。衣装が水吸ってめちゃくちゃ重くなって、それが顔に当たるからね。

ノックソ:それもあるし、想像以上の水の量で目を開けるのも必死だったから、MVで自分の顔がどう映ってるのかもすごい気にしながら踊ってました。

フォーゲル:ダンスの振りで寝転がる振りがあるんですが、その時は口にも水が入って対処が難しかったです。スライディングして円になるんですけど、あえてMVの見栄えを良くするために水しぶきを立てたりしてました。

とみたけ:メンバーが円になって寝転んでる時、みんなとは別の振りをあおいくんとやっているんですが、映像で見たらすごい雰囲気があって。ダンスのかっこよさとエモさが出てて早く観てもらいたいです。

白服:その円になって寝転ぶ振りがあったから、ずぶ濡れの靴と靴下をずっと履きっぱなしで足がぶよぶよになってました(笑)。

雰囲気のあるMVにメンバーも絶賛(画像提供:DD)
雰囲気のあるMVにメンバーも絶賛(画像提供:DD)
あおい:あと、はじめに撮ったカットがダンスシーンやリップシーン(注:口パクで歌うシーン)ではなく、演技のシーンだったんですがそれが一番難しかったです。普段から怒りとか悲しみの方面の感情がかなり薄い方なので、そこをうまく表現するのに苦戦しました。けど何回か撮り直したのでいい感じのものになったと信じています!

とみたけ:ダンスショットの撮影の前にあおいくんと演技シーンを撮影したんですが、あおいくんを突き飛ばすシーンで演技とはいえ、あの悲しそうな表情には胸が痛くなりました(笑)。

プリンス:僕たちはその撮影の風景を見れてないので、どんな感じになっているか楽しみの一つでもありますね。

メンバーの表情や演技もポイント(画像提供:DD)
メンバーの表情や演技もポイント(画像提供:DD)

演技もMVの見どころ


白服:あと今回ソロダンスショットも撮影したんですが、毎回1人1回しか撮影しないので、みんながどう表現してくるのかドキドキしました。

にーちゃん:全員でダンスショットを撮っている時は移動で振りが無いところもあるんですが、ソロダンスショットの時はその移動の箇所も自分の表現したいように踊っていいんです。だからメンバー随一の表現者であるぷんちゃん(気まぐれプリンス)がどんな表現をしてくるのかみんな気にしてたよね(笑)!

プリンス:意外とあれはプレッシャー感じてます(笑)!他のみんなもすごい色々工夫して表現してくるので少し負けたくなくて…。

二番煎じ:今回のぷんちゃんは全員のダンスショットだと普通に踊っていた箇所も踊らずに、歌詞や曲の雰囲気を自由に表現していたんです。まさか、振りがあるところも踊らず自分の表現を前に出してくるとは思わなかっから、映像を見ながら「踊れやっ!」ってツッコんでしまいました(笑)!

とみたけ:でもその表現も素敵だったから、さすがぷんちゃんだねってなってたよね。

ノックソ:MeseMoa.公式Twitterにも上がってましたけど、そのソロダンスの時に撮られた写真はほんとカッコよかった!

プリンス:ありがとう(笑)。

ソロダンスも披露(画像提供:DD)
ソロダンスも披露(画像提供:DD)
フォーゲル:あおいは衣装ありと上半身裸の2パターン撮ってたよね。

あおい:僕だけ上半身裸で裸足のダンスショットを撮ったんですけど、衣装を着ないとこんなに踊りやすいのかって思いました(笑)。

にーちゃん:衣装ありとまた違った表現もしてたから、「あおいすげぇ…」ってなりました。

あおい:同じ感じで踊るよりは、衣装的な開放感もあるし、曲に対する感情もソロダンスだったからこそ自由に表現できたので楽しかったです。

上半身裸で踊るシーンも(画像提供:DD)
上半身裸で踊るシーンも(画像提供:DD)
野崎:あと、パンツまでグショグショになったのが大変でした。誰とは言いませんが、ノーパン素っ裸の上からバスローブだけ羽織って移動していたのが面白かったです。

とみたけ:その話もどこかで話せたらいいね(笑)。

大きな「夢」を語るMeseMoa.の覚悟

― MeseMoa.になってから日本武道館を目指しているそうですが?

白服:最近「MeseMoa.ならきっと大丈夫です!私達を武道館に連れて行ってください」と、声を掛けていただくことが増えました。そんなとき僕は「一緒に武道館に行きましょう!」という気持ちになります。以前の目標だった中野サンプラザのステージに立つことも、ファンの皆さんと一緒に叶えたという気持ちが強いので。

あおい:もしかしたら、現状ではかなりバカげた夢かも知れないし、ファンの人の中にも無理だよ…って思ってる人もいるかも知れないけど、僕はこの活動をしてから掲げてきた目標が達成できなかったことがないです。MeseMoa.は本当にどこの事務所にも所属せず、レーベル契約もせず今まで広告すらほとんど出せなかったので、あまり人の目に触れる機会が多いとは言えなかったです。でも、だからこそ武道館に立つと言う大きな夢を達成させたい。だれでもドリーム(※)というのを体現したい。夢半ばでは終わるつもりないので信じてついてきてほしいです!

(※所属する株式会社 DDの「DD」は“だれでもドリーム”の略)

プリンス:色々なボーイズグループが増えてきてますがMeseMoa.は絶対に負けないと思っています。自称アイドルだった僕達が武道館に立つ姿を一緒に見届けてほしいです。

とみたけ:きっと武道館はまだまだ近い場所ではないけど、目指す道は1つなのでメンバー・スタッフ・ファンのみんなで力を合わせ必ず実現すると約束します。なのでみなさんこれからも安心してついてきてください!

1stシングルが夢の第一歩に


ノックソ:今までも色んな目標を掲げてきた僕たちですが、皆さんのお陰でクリアして来ました。日本武道館は自分達にとってめちゃくちゃ大きな目標なのですが、武道館に立てた時にMeseMoa.を応援しててほんとに良かったなと思ってもらえるように、これからも頑張りたいと思います。

にーちゃん:「いつになるかわからないけど…」なんて思っていません。絶対にあのステージに立ちたい!メンバー全員がそう思っています。日頃応援してくださる方のためにも、あのステージに立っている自分たちの姿を見せたいんです。How toなんて誰もわからないけれど、がむしゃらに向かっていきます。応援よろしくお願いします!

二番煎じ:生半可な気持ちでは立てない場所だとは思っています。でもメンバーとファンの皆と見たい景色があるから、頑張ります。

フォーゲル:自分達は元々趣味からスタートしたグループです。そこから「今」があるのは応援してくださってる皆のおかげです。武道館を目指す過程で僕たちの気持ちが伝わるように、そしてまだ知らない方達にも魅力を知ってもらえるように、まだまだ成長する所がいっぱいあるので、そこを見てもらいながらメンバーと頑張ります!

野崎:武道館なんて無理でしょとか言う人もいるかもしれませんが、僕たちは武道館という夢を本気で叶えようと思っていますし、きっと僕たちならできるはずだと思っています。僕たちも今まで以上に頑張りますので、是非一緒に武道館へ行きましょう!

白服:日本武道館という大きな目標を口にするのは簡単ですが、ファンの皆さんに明確に提示する瞬間はとても勇気が要りました。でも僕たちグループは、昔から言霊を信じてやってきました。想いを口にするということがとても大事なんです。気付いたら現実が少しずつ僕たちの理想に近づいてきてくれるんです。そして僕たちの夢が、皆さんにとっての夢でもあれたら…きっとその夢の実現はどれほど感動的なことでしょうか。無所属の素人集団から始まった僕たちには、今後も泥臭いドラマがまだまだ待っている気がします。ころころとTVのチャンネルを変えるつもりで構いません。ちょっとだけでも、僕たちのこれまでの歴史や今後のライブを覗いてもらえないでしょうか。いつのまにか離れられなくなってしまう、そんな活動をこれからも全力でお届けします!

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)[PR]提供元:株式会社 DD

大きな夢に邁進するMeseMoa.(画像提供:DD)
大きな夢に邁進するMeseMoa.(画像提供:DD)

1stシングル「Muddy Water」

MeseMoa.の1stシングル「Muddy Water」は8月26日発売。全国各地でリリースイベントも決定。8月16日にはディファ有明でフリーライブも開催。

詳細を見る

モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - メンバー同士のKISSで話題になったMeseMoa. 今度はかつてないほど“びしょ濡れ”に
今読んだ記事

メンバー同士のKISSで話題になったMeseMoa. 今度はかつてないほ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

「インタビュー」カテゴリーの最新記事