「Popteen」みちょぱ、“仕事バックレの過去”を変えた転機とは「本当に辛かった」 藤田ニコルへ率直な想いも/池田美優(C)モデルプレス

「Popteen」みちょぱ、“仕事バックレの過去”を変えた転機とは「本当に辛かった」 藤田ニコルへ率直な想いも

2016.05.23 19:32

雑誌「Popteen」で活躍するモデルの“みちょぱ”こと池田美優が今、ティーン女子から熱い支持を受けている。ザ・ギャルなルックと抜群のプロポーションはもちろんだが、「まわりの目を気にせず、やりたいことをやる」という決してブレない“GAL”マインドが支持を集め、今やバラエティ番組にも活躍の場を広げている。そんなみちょぱも、以前は「仕事が嫌だった」という過去が。変わるキッカケとなったのは、みちょぱの負けず嫌いなプライドだった―。

今回、そんなみちょぱにインタビューを行い、モデル業や今の“GAL”への気持ち、さらに同誌で活躍するモデルの“にこるん”こと藤田ニコルへの想いにも迫った。

モデルはやる気がなかった過去

“みちょぱ”こと池田美優(C)モデルプレス
また、5月20日にフォトブック「MICHOPA MANIA」(みちょぱまにあ)を発売したみちょぱ。メイクやファッション、ダイエットやヘアなどはもちろん、今まで語られなかった赤裸々な過去のエピソードまで、魅力を全て詰め込んだ一冊に仕上がっている。

― 本を読ませて頂きましたが凄いですね!赤裸々な恋愛話や警察から追われたというヤンチャな話まで…。

みちょぱ:結構語りました!恋愛のことは今まであまり言ってこなかったから、一人目の彼氏から、ここまで過去の恋愛を話したことがないので、ファンの方はびっくりするんじゃないかな(笑)。その時その時を全力で楽しんでいました。

― ちなみに、もっともヤンチャだった時期はいつぐらいですか?

みちょぱ:何がヤンチャなのか自分ではわかってないですけど…モデルをスタートした中学3年生の頃は、最初はやる気もなく、撮影に呼ばれてもサボったり、バックレたりしてとにかく遊んでました(笑)。もちろん今は、仕事を一番に考えています。

“みちょぱ”こと池田美優(C)モデルプレス
― モデルへの意識も今と違うんですね。

みちょぱ:そうですね。軽い気持ちで「Popteen」のスナップ撮影に行ってみたら、次から色々な企画に呼ばれるようになってモデルを始めました。その時はちょうど夏休みで、みんな遊びまくってるのに、私だけ仕事っていうのが本当に嫌で、当時は私の気持ちは“遊び”が一番だったんです。「ごめん、今日撮影だから」って誘いを断るのが、本当に辛くて。

― なぜ仕事が一番へと変わっていったのですか?

みちょぱ:冬ぐらいから「JC連載」という企画にしか呼ばれなくなって、「これはマズイぞ」って焦りだしたんです。今までは「バックレても呼ばれるっしょ」ってちょっと余裕でした。でも本当に干され始めたのを感じてから、呼ばれる唯一の企画に全力で参加するようになり、ポージングも全く出来てなかったので、先輩を見てめっちゃ勉強したり、がむしゃらにやっていたら、段々と表紙も決まって…。

“みちょぱ”こと池田美優(C)モデルプレス
“みちょぱ”こと池田美優(C)モデルプレス
― それからは5連続表紙を飾ったりと、勢いも凄いですよね。でも、干されたと感じた時にモデルを辞める考えはなかったんですか?

みちょぱ:今まで習い事も部活も、3ヶ月で終わってたんです。だからモデルを始めた頃もママには「絶対続かねーよ」って言われてたけど、なぜか続いてて(笑)。周りの友達が「Popteen」を読んでくれてたんですけど、ひとつの企画にしか出てない恥ずかしさというか、変なプライドが私の中にあって。後はこんな私にもファンの子がついてくれていたので、その子たちのためにも辞めなかったです。

― 負けず嫌い精神ですね。これからもずっとモデルを続けていきたいですか?

みちょぱ:そうですね、今モデル辞めたら仕事が見つかんない(笑)。あと、他の仕事に就いてもやる気が起きないと思う。私、自分が楽しいことしか出来ない“ちゃらんぽらん”なので、いまの仕事が本当に珍しく続けられているんですよ。だから、このまま続けていきたいです。

109のショップ店員になりたかった…ギャルとの出会い

“みちょぱ”こと池田美優(C)モデルプレス
― モデル業のどんなところに楽しさを見出だせましたか?

みちょぱ:いい意味で仕事じゃないと思ってやってる。遊びではないけど、本当に楽しんでできるところかな。

― モデルをする前はどんな夢を持ってたんですか?

みちょぱ:SHIBUYA109のショップ店員になりたかった。小学校6年生ぐらいからずっと憧れていて、とりあえずギャルなら、109のショップ店員だなって思ってて(笑)。

“みちょぱ”こと池田美優(C)モデルプレス
― ということは、小学校6年生からギャルだったんですね。

みちょぱ:小学校5年生からです(笑)。ギャルは派手で可愛いし、見ていて「人生楽しそうだな」ってずっと思っていました。その時、いつメン(いつものメンバー)の中でハブカれたり、ハブいたりと、ごちゃごちゃしてたんですね。そういうの「つまんねぇ」と思ってたから、ギャルっていう存在はすごく刺激的だった。それで「なりたいな」ってメイクから挑戦しました。

― 最初のギャルメイクはどうでしたか?

みちょぱ:ヤバいですよ。アイラインガッツリ二重幅まで引いてもはやビジュアル系(笑)。でも目がでかく見えるから「すげー!」って感動しましたね。つけまもとにかく派手にすればいいと思ってて、今思うとマジで気持ち悪い(笑)。その時「egg」をずっと読んでて、「100均コスメで出来るギャルメイク」って特集を全部メモって同じものを買って、研究していました。

ギャルとしてのアイデンティティー

“みちょぱ”こと池田美優(C)モデルプレス
― ギャルのナチュラル化が進んだ今、ギャルをどんな存在だと捉えてますか?

みちょぱ:その質問、よく聞かれるけど難しいですよね。

― そうなんですね。

みちょぱ:私は好きなことをやってたら、周りからギャルって言われるようになって、それが嬉しかった。やりたいことをやってたら、ギャルになってた。昔は、つけまやカラコン、金髪だ茶髪だってギャルらしいメイクがあったけど、今は原宿系も派手だから正直もうわかんない。おじさんから見たらどっちもギャルなんだろうね。「みんな同じ顔じゃん」って。「ちげーよ!」って思うけど(笑)。

― (笑)。

みちょぱ:テレビで“原宿系”って紹介されたことがあったけど、「いや、原宿じゃねーし、完璧渋谷だし!」って思ったね(笑)。

“みちょぱ”こと池田美優(C)モデルプレス
― 譲れないですよね。でも今、原宿系の勢いが渋谷にも来てるじゃないですか。どう思います?

みちょぱ:109に「WEGO」が入ってきた時は怒りました(笑)。「それはどうかと思う、原宿に負けてる」って。109にも言いに行きましたよ!渋谷のプライド、さすがに負けないで欲しいですよね。

― もはや渋谷を背負ってますね(笑)。

みちょぱ:背負ってます!…あ、ちょっと待ってください、渋谷の方々に「こいつ調子乗ってる」ってシメられるので訂正します(笑)。

― (笑)。それでは今後の目標を教えてください。

みちょぱ:どうなりたいんだろう(笑)。今バラエティ番組に出させてもらってるのは嬉しいけど、タレントや女優になりたいわけじゃないから、モデルとしてやっていきたいです。メインはモデルで、プロデュース品も増やしていけたらなって思いますね。だから、タレントとしてテレビに出てる“にこるん”はすごいなって思います。

藤田ニコルに「負けたくない」

“みちょぱ”こと池田美優(C)モデルプレス
― 具体的に、にこるんのどんな所に凄さを感じますか?

みちょぱ:私はただ番組に出ているだけで、返し方もわからないけど、にこるんはちゃんと求められることに応えていて凄いと思います。バカはバカなりに頑張ってるんだなって(笑)。昔はテレビ見てて「何言ってんだろう」と思ってたけど、自分が出演するようになって、ちゃんと考えていることを実感しました。そういう部分は尊敬しています。テレビの先輩です。

― テレビのにこるんと、モデルとしてのにこるんは違いますよね。

みちょぱ:全く違う気がする。でも、にこるんはモデル歴では先輩なんですけど、「Popteen」は私の方が先輩だから負ける気はしないです!にこるんにしか出来ない“渋原ミックス”もあったり、その影響力の凄さや尊敬できる面もたくさんあるけど、やっぱり私は私でプロデュース品だって色々出しているし、負けたくはないです!

― 熱いですね!「Popteen」も新しい子もたくさん入り、みちょぱさんも先輩になりましたよね。

みちょぱ:そうですね、みなさん卒業していって…。なので、私が中学生の子に結構怒ったりします。「挨拶ちゃんとして」「片付けをちゃんとやって」って。今そういうことを言えるのが私しかいないんですよ。にこるんが言ってもふざけてると思われるし、ゆらの(越智ゆらの)も言えるタイプじゃないし、だから後輩からは結構怖がられてると思います。

“みちょぱ”こと池田美優(C)モデルプレス
― そういう部分もきっと憧れられる部分だと思います。ちなみにみちょぱさんの憧れのモデルさんは?

みちょぱ:私、他の人にあまり興味がなくて。可愛いと思っても「憧れる」とは思わないかな。私は私って人間なので。

― 素敵です。筋の通ったハートの部分もカッコイイですね。

みちょぱ:ふふふ、やったね!ありがとうございます。ハートはめっちゃ強いです、恋愛以外では(笑)。

― 恋愛は弱いんですか?

みちょぱ:恋愛ではめっちゃ乙女ですよ(笑)。

夢を叶える秘訣

“みちょぱ”こと池田美優(C)モデルプレス
― では最後に、モデルプレス読者へ“夢を叶える秘訣”を教えて下さい。

みちょぱ:くみっきーさんが卒業するときに対談させてもらったんですけど、その時に「夢は?」って聞かれて、ノリで「年内にPopteenのピン表紙」って答えたんです。そしたら本当に叶ったので、口にすることが大切だと思います。これまでも「Popteen」で「今年中にスタイルブックを出す」「カラコンやつけまつげをプロデュースをしたい」って言ってたら叶ったので、自分の中に隠しておくんじゃなくて、「こういう夢があるんだ」って胸を張ってちゃんと言うことが大切。言えば周りの人もちゃんと応援してくれるし、自分自身も一層努力できると思います。

― いま口に出していることは何ですか?

みちょぱ:自分の名前のついたコスメを出す!

― 頑張ってください!ありがとうございました。

“みちょぱ”こと池田美優(C)モデルプレス
思ったことに正直で、決してブレない心意気を持つみちょぱ。「自分を持ってるってやっぱりカッコイイ!」そう思わせてくれる彼女に、ティーンが憧れるのも頷ける。みちょぱがモデルに目覚めたきっかけのひとつが「たったひとつの企画にしか出ていない“恥ずかしさ”」。その強いプライドと負けたくないエネルギーは、みちょぱを大きく飛躍させた。これからもっと大きな存在になっていく…みちょぱのギャルマイドンは、まだまだ秘めた力を持っていそうだ。(modelpress編集部)


“みちょぱ”こと池田美優「MICHOPA MANIA」より(画像提供:角川春樹事務所)
“みちょぱ”こと池田美優「MICHOPA MANIA」より(画像提供:角川春樹事務所)
“みちょぱ”こと池田美優「MICHOPA MANIA」(画像提供:角川春樹事務所)
“みちょぱ”こと池田美優「MICHOPA MANIA」(画像提供:角川春樹事務所)

池田美優(いけだ・みゆう)プロフィール

“みちょぱ”こと池田美優(C)モデルプレス
“みちょぱ”こと池田美優(C)モデルプレス
愛称:みちょぱ
生年月日:1998年10月30日
出身地:静岡県
血液型:A型
身長:164cm

雑誌「Popteen」モデルで“JKモデルカリスマ四天王”。と当時中学3年生の6人で結成された「スーパーJC」のメンバーとして、2013年末から「Popteen」誌面に登場。2014年7月号では「JC」加入から史上最速でカバーガールに起用。2015年1月号で初ピン表紙を飾ると、以降5ヶ月連続表紙の快挙を達成。ギャルなルックスと抜群のプロポーションでティーンから圧倒的な人気を誇る。また天真爛漫なキャラクターなどでバラエティ番組にも出演するなど、活躍の場を広げている。
【Not Sponsored 記事】

関連記事

  1. 「Popteen」みちょぱ、下着ショットに初挑戦 “やんちゃすぎる”恋バナも明かす
    「Popteen」みちょぱ、下着ショットに初挑戦 “やんちゃすぎる”恋バナも明かす
    モデルプレス
  2. 「Popteen」みちょぱ・内田理央ら、驚愕の“ズボラ私生活”告白で悲鳴
    「Popteen」みちょぱ・内田理央ら、驚愕の“ズボラ私生活”告白で悲鳴
    モデルプレス
  3. 「Popteen」みちょぱ&ゆらゆら・ちぃぽぽら大分へ 余震に恐怖も「少しでもみんなにパワーを」
    「Popteen」みちょぱ&ゆらゆら・ちぃぽぽら大分へ 余震に恐怖も「少しでもみんなにパワーを」
    モデルプレス
  4. “日本一のイケメン高校生”決定!ちぃぽぽ、みちょぱ、lolらが会場沸かす<High School 卒業PARTY2016/総まとめ>
    “日本一のイケメン高校生”決定!ちぃぽぽ、みちょぱ、lolらが会場沸かす<High School 卒業PARTY2016/総まとめ>
    モデルプレス
  5. 飯豊まりえ&みちょぱの“初写メ”に反響「レア感すごい」「美女コンビ」
    飯豊まりえ&みちょぱの“初写メ”に反響「レア感すごい」「美女コンビ」
    モデルプレス
  6. にこるん&みちょぱの“絆”に感動の声 過去の衝突も明かす
    にこるん&みちょぱの“絆”に感動の声 過去の衝突も明かす
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 伊藤万理華「これが最後の作品でもいいや」衝撃の2日間 乃木坂46デビューから10年…気がついた“表現×コミュニケーション”の関係
    伊藤万理華「これが最後の作品でもいいや」衝撃の2日間 乃木坂46デビューから10年…気がついた“表現×コミュニケーション”の関係
    モデルプレス
  2. 乃木坂46田村真佑、前向きになれた久保史緒里からの言葉 “卒業”への思いと先輩から受け継ぐ姿勢<「たぶんこれ銀河鉄道の夜」インタビュー>
    乃木坂46田村真佑、前向きになれた久保史緒里からの言葉 “卒業”への思いと先輩から受け継ぐ姿勢<「たぶんこれ銀河鉄道の夜」インタビュー>
    モデルプレス
  3. 「silent」スタイリストに聞いた 紬(川口春奈)が想(目黒蓮)のために着た“新しいスカート”秘話・リアリティを追求した裏設定&色使いに迫る<インタビュー>
    「silent」スタイリストに聞いた 紬(川口春奈)が想(目黒蓮)のために着た“新しいスカート”秘話・リアリティを追求した裏設定&色使いに迫る<インタビュー>
    モデルプレス
  4. “憧れ”コムドットに宣戦布告?カップルYouTuber「かけまる」が企画打ち出す ばんばんざい・レイクレら豪華な交流関係にも密着<モデルプレスインタビュー後編>
    “憧れ”コムドットに宣戦布告?カップルYouTuber「かけまる」が企画打ち出す ばんばんざい・レイクレら豪華な交流関係にも密着<モデルプレスインタビュー後編>
    モデルプレス
  5. NCTドヨン「一緒に居れば良い」グループの絆 ジョンウとのやりとり&日本語を勉強する理由とは
    NCTドヨン「一緒に居れば良い」グループの絆 ジョンウとのやりとり&日本語を勉強する理由とは
    モデルプレス
  6. ツンデレ彼女×デレ彼氏カップルYouTuber「かけまる」って何者?交際4年目に訪れた破局の危機&親の反対を押し切って掴んだ“夢”に迫る<モデルプレスインタビュー前編>
    ツンデレ彼女×デレ彼氏カップルYouTuber「かけまる」って何者?交際4年目に訪れた破局の危機&親の反対を押し切って掴んだ“夢”に迫る<モデルプレスインタビュー前編>
    モデルプレス
  7. LE SSERAFIM、“初カムバック”の反響に「不思議な気持ち」来日してやりたいことは?<「CDTV」インタビュー>
    LE SSERAFIM、“初カムバック”の反響に「不思議な気持ち」来日してやりたいことは?<「CDTV」インタビュー>
    モデルプレス
  8. 「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」主演パク・ウンビンに聞く「夢を叶える秘訣」モデルプレスインタビュー
    「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」主演パク・ウンビンに聞く「夢を叶える秘訣」モデルプレスインタビュー
    モデルプレス
  9. Snow Man目黒蓮、俳優業との向き合い方とソロ活動への想い「泣きながら現場に行くこともあった」<「月の満ち欠け」インタビュー>
    Snow Man目黒蓮、俳優業との向き合い方とソロ活動への想い「泣きながら現場に行くこともあった」<「月の満ち欠け」インタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事