“ママ”鈴木えみ、子育て&仕事の両立 公私ともに順調な現在に迫る

【モデルプレス】モデルの鈴木えみ(29)がモデルプレスのインタビューに応じた。昨年10月に長女を出産、その後約1ヶ月半で仕事復帰。“ママ”になって1年、公私ともに順調な彼女の現在に迫る。
“ママ”鈴木えみ、子育て&仕事の両立 公私ともに順調な現在に迫る【モデルプレス】
“ママ”鈴木えみ、子育て&仕事の両立 公私ともに順調な現在に迫る【モデルプレス】
鈴木は昨年2月14日に1歳年上の一般男性と結婚。2人の間に授かった我が子の誕生で、これまでの生活はガラッと変わったという。

「今までの私からはありえないほど、規則正しい生活を送っています(笑)。まず早寝早起き。それまで休みの日は午前中に起きたことがなかったのに、それが毎日7時とか8時には絶対に起きていて、私たくさん寝たい人なので、逆算すると22時とか23時には寝てる。すごく健康的な生活をしているなって思います」。

出産後は約1ヶ月半で仕事復帰。子育てと仕事の両立に奮闘する毎日だ。

「仕事は午後に入れて、午前中はなるべく一緒に過ごすようにしています。でも両立は私一人の力ではどうにもならない部分も多い。主人に頼ったり、うちはまだ子供を保育園に入れていないので、ベビーシッターさんにお願いすることもあります。主人とは特にルールを決めているっていうことはないけど、もともと家事をやらないタイプではないので、自然な流れで分担できています」。

“ベビちぃ”(=娘の愛称)は今年10月に1歳の誕生日を迎えた。今でこそだいぶ子育てにも慣れてきたと話す鈴木だが、そこに至るまでにはかなりの苦労もあったよう。

「特に出産後半年から一年までが大変でした。うちは自我が芽生えてきた時の後追いがすごくて…。私が10cmでも離れると泣いちゃったり…。自由に動きまわるようになって、本当に一秒たりとも目が離せない時期がありました」。

「大変でした」と口では言うものの、その表情はまったく嫌そうではない。むしろ優しい笑みがこぼれるなど嬉しそうだ。我が子の成長を見守る中で本当の幸せを、そして強さをもらったという鈴木。最近一番成長を感じたのはどんな瞬間だったのだろうか?

「娘を寝かせてからリビングに行って家のことや仕事のことをしたりするんですが、これまでは夜中にパッと娘が目を覚ますとベッドの上で泣いて、またベッドに行って寝かしつけていました。でも最近、泣かずに1人でベッドから下りて、歩いてリビングに来たんです。起きて泣かなかったこと、1人でベッドから下りられたこと、リビングにいるってわかって歩いてきたこと、そのすべてにびっくりしました。そうやって大人になっていくんだなって」。

ママになっても抜群のスタイルは健在



ママになってもモデルとしてのカリスマ性は衰えず。『MAQUIA』『sweet』『mini』『美人百花』『ar』など、様々な女性ファッション誌やビューティ誌で活躍するほか、自身のブログで見せる日々のファッションも、同世代の女性、さらにはティーンから絶大な支持を得る。譲れないこだわりとは?

「結婚してもほっこりしたくないっていうのはやっぱりありますし、着たいものはどうしても着たいです(笑)。外見がママらしくないというお言葉をいただくこともありますが、母親として子供を愛する気持ちはみんなと変わらないと思います」。

「運動は苦手」と苦笑いする鈴木。それでもその抜群のスタイルはママになっても健在で、たくさんの女子から羨望の眼差しを浴びる。

「子どもができる前より、生活がすごく規則正しくなりましたし、子どものご飯を作るようになって食事もバランス良く食べるようになりました。いろいろ考えると、子育てすることで太りにくい生活になっているのかもしれません」。

最後に、将来的に何人子どもが欲しいか聞いてみると…。

「私が一人っ子なので、絶対に姉弟がいた方がいいという考えは持ってないのですが、2人はいてもいいかなって思います。3人以上育てているお母さんって本当に尊敬します!」

『s'eee vol.5 MAMA&BABY』をリリース



鈴木えみデジタルファーストマガジンアプリ『s'eee vol.5 MAMA&BABY』
鈴木えみデジタルファーストマガジンアプリ『s'eee vol.5 MAMA&BABY』
鈴木は10月31日にデジタルファーストマガジンアプリ『s'eee vol.5 MAMA&BABY』をリリース。同アプリは鈴木が編集長を務めるガールズマガジン『s'eee』の最新号にして初のデジタルマガジンとして刊行され、自らの妊娠・出産を経ての“MAMA&BABY”をテーマにしている。

妊娠発覚から出産までの心の動き、育児の大変さと楽しさが伝わるインタビューの数々をはじめ、初公開のマタニティフォト、ママのファッション&ビューティー、キッズのおしゃれとインテリアなど、たくさんのコンテンツが、彼女ならではのおしゃれなビジュアルで展開。さらにMAMA&BABYに役立つアイテムやスポットも100点以上掲載され、ショッピングやサイトへのリンクがあるのもデジタルならでは。ほかイクメン代表のユージ、ママ仲間の佐田真由美、今宿麻美との対談も収録される。

「今回で『s'eee』もvol.5。3まではファッションがメインで、4がビューティー、『5を作りましょう!』ってなった時に、やっぱり今ベストを尽くせるのは自分が妊娠や育児でいろいろ感じたことを発信することかなと思いました」。

「デジタルならではの仕掛けを取り入れました。触ったら何か飛び出すとか音が鳴ったりとか…ただ眺めていても楽しいものにしたくていろいろ試行錯誤しました」。

テーマ決定の経緯、そしてこだわりを楽しそうに話す姿から、“編集長・鈴木えみ”が板についてきているように感じた。(modelpress編集部)

鈴木えみ(すずき・えみ)プロフィール
生年月日:1985年9月13日/出身:京都府

1999年、雑誌『seventeen』でモデルデビュー。『PINKY』の専属モデルを経て『MAQUIA』『sweet』『mini』『美人百花』『ar』など、数々のファッション誌やビューティ誌で活躍している。

『s'eee vol.5 MAMA&BABY』(定価300円・無料試し読み版もあり)App Storeにて発売中
https://appsto.re/jp/N3d_2.i

モデルプレス

Interview Rankingインタビューランキング

Photo Ranking画像ランキング

Interview Listインタビュー一覧

YouTube Channel


TOP