エル・ファニング単独インタビュー「日本の女の子は最高!」 世界が注目するヤングセレブの魅力に迫る

わずか2歳8ヵ月で女優デビューを果たし、現在は「Miu Miu(ミュウミュウ)」のイメージモデルに起用されるなど、ファッション界からもラブコールが絶えないエル・ファニング(16)。モデルプレスはディズニー映画「マレフィセント」(7月5日公開)のPRで来日した彼女の単独インタビューに成功。注目のヤングセレブの素顔に迫った。
モデルプレスの単独インタビューに応じたエル・ファニング
モデルプレスの単独インタビューに応じたエル・ファニング
ウォルト・ディズニー創立90周年記念作品「マレフィセント」は、ディズニー・クラシック・アニメーションの金字塔「眠れる森の美女」(1959)を、悪役・マレフィセントの視点から新たに描いた“究極の愛”の物語。エルはマレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)に“永遠の眠り”の呪いをかけられてしまうオーロラ姫役で、持ち前の透明感と天真爛漫な魅力を存分に発揮している。

憧れのディズニープリンセス「期待を裏切りたくない」



― 待望の初来日となりましたが、ジャパン・プレミアでは約2500人のファンの大歓声に迎えられましたね。日本のファンと初めて触れ合った今の心境を聞かせてください。

エル:本当に素敵な時間を過ごしたわ!アメリカのプレミアだと、レッドカーペットで何人かに会って終わってしまうことが多いけど、今回はスペクタクルな会場の中で、ゆっくり時間をかけて皆さんと触れ合えたのが嬉しかった。日本のファンの皆さんはとても優しくて、実は以前からファンレターをたくさんいただいていたの。丁寧に書かれたお手紙がとても多かったから、やっと今回お会いできて本当に楽しかった!(ファンのカメラで)自撮りもいっぱいしたわ。私がハローキティを好きなのも知っていてくれて、たくさんプレゼントをくださったの。

空港では日本のファンから熱烈な歓迎を受けた
空港では日本のファンから熱烈な歓迎を受けた
ジャパン・プレミアには2500人のファンが殺到
ジャパン・プレミアには2500人のファンが殺到
エル・ファニング、アンジェリーナ・ジョリー
エル・ファニング、アンジェリーナ・ジョリー
― 女の子の憧れであるディズニープリンセスを演じるということで、プレッシャーは感じましたか?

エル:もちろん感じたわ。私は元々プリンセスの中でオーロラ姫が一番好きだった。ファンであるからこそ、皆さんの期待を裏切りたくない気持ちが大きかったの。プリンセスの中では、金髪で一番自分に似ているということもあって思い入れがあったんだけど、1959年版のアニメーションのオーロラ姫はとても美しいし、みんなの記憶に刻まれている。そのイメージを崩さずに『何を新しくできるか?』と考えたの。アニメーションは何度も観ていたけど、撮影前にもう一度観なおして、独特の歩き方や立ちふるまいを再現した。だけどそれだけじゃなくて、映画の中では歌っていたり、眠っているだけの、あまり個性が見えてこないオーロラ姫のキャラクターを創り上げることができたのが楽しかったわ。

オーロラ姫を演じたエル・ファニング(C) 2014 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
オーロラ姫を演じたエル・ファニング(C) 2014 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
― アンジェリーナ・ジョリーさんとの共演はいかがでしたか?

エル:どの役者さんとお仕事をしても何かしら学ぶことがあるんだけれど、アンジェリーナの場合は思わずじーっと見つめてしまう魅力があった。そうしていると何かを感じることが多いの。特に刺激を受けたのは、ディテールに対する思い入れね。マレフィセントはアンジェリーナが小さい頃から大好きなキャラクターだったし、実写化するのが初めてということで、どういう風に描かれるのかとても気を使っていたわ。一度映像化されてしまえば、それがある意味1つのベースになってしまうから。例えば、マレフィセントのつのの長さや、怖さの加減。「怖すぎないのか」ということをすごく細かくチェックしていて、そういった姿勢はとても参考になったわ。

仲睦まじい2人は笑顔が絶えない
仲睦まじい2人は笑顔が絶えない
彼女は素晴らしい女優だけど、とても遊び心があるの。“アンジェリーナ・ジョリー”という名前だけ聞くと、「もしかしたら、とても激しくて怖い方なのかな?」と思うでしょ(笑)?でもそんなこと全然なくて、自分のことを笑い飛ばしてしまうようなユーモアもある。完全にマレフィセントの格好をしているのに、両脇に双子を抱えて現場に現れたり(笑)。彼女のそういう一面を見ていると、すごく地に足がついていると感じて、最初の緊張はすぐになくなったの。

「大胆で、予測がつかない」ファッションにこだわり



― ジャパン・プレミアでは「Alexander McQueen(アレキサンダー・マックイーン)」のドレスがとてもエレガントで素敵でしたが、普段はどんなファッションが好きですか?

エル:ありがとう!普段はヴィンテージが好きなの。ただヴィンテージだけを着るのではなくて、モダンとヴィンテージをミックスするのが私のスタイル。「Alexander McQueen」や今着ている「Miu Miu」といった、いわゆるデザイナーさんのアイテムは、プレミアや今日のインタビューのようなとっておきの機会に「どんなものを着ようかな?」と考えるのがとても楽しい。どちらにしても、割と大胆で、予測がつかないということを心がけているわ。そして母から教わったのは、ファッションが周りの人にどう感じてもらいたいかという、第一印象を決めるものだということ。それを心に刻んでいつも選んでいるの。

ドレスは「Alexander McQueen」
ドレスは「Alexander McQueen」
まさにオーロラ姫のような神々しさを放つ
まさにオーロラ姫のような神々しさを放つ
― 日本の女性のファッションにはどんな印象を抱いていますか?

エル:すっごくキュート!今回もたくさん写真を撮ったの。みんな自信を持って着こなしていて、リスペクトを感じるわ。私の学校の生徒たちは「目立つのが怖い」という服選びをしているから、日本の女の子は好きなものを着ている感じが最高!

― 原宿でのショッピングも楽しんだそうですが、今回ゲットした中で一番お気に入りのアイテムを教えてください。

エル:一番?!とっても難しい(笑)!日本のアクセサリーの、デコレーションされた感じがすごく好き。スマホケースなのに、なぜか急にテディベアがくっついちゃっていて、さらにスパンコールでキラキラになっていたり。同じようなキーチェーンも買ったわ。それと、ベビードールのピンクのドレス。ピンクが大好きだから、買ったものはほとんどピンクなの!

美しさの秘訣は、週5日のバレエ



真っ白な美肌は日頃のケアの賜物
真っ白な美肌は日頃のケアの賜物
― 透き通るような美肌を保つために、普段どのようなケアを心がけていますか?

エル:私の姉も同じなんだけれど、肌が小さいころから白くて、太陽に弱いの。だからとにかくとにかく、日焼け止めをつけること!それは小さいころからずっと続けているわ。今使っているのは「ニュートロジーナ」。それとSPFは45まで。それ以上だと、それが原因で肌を痛めちゃうのよ。

― 食事や運動で気を使っていることはありますか?

エル:バレエを週に5日やっているわ。夏は時間があればハイキングに行ったりするけど、他の運動は特にやってなくて、食事も何も気をつけていないの。コーラも飲むし、チョコレートバーも食べちゃう。何事も節度は大事だけれど。

ドレスは「Miu Miu」のもの
ドレスは「Miu Miu」のもの
― 日本には「エルみたいになりたい!」という女の子達がたくさんいますが、どんなポイントをマネしたらいいでしょうか?

エル:本当(笑)?嬉しいわ!まず、メイクは割と薄めで、ほとんどしないんだけれど、する時は目のポイントメイクを楽しんでいるの。アイラインを少し入れたり、スパークリングをポイントにしたりね。髪も自然のままだけれど、ロングヘアが特に大好き。ちなみに、今が人生で一番長いのよ。洋服はとにかく“ガーリー”がキーポイント。さっき言ったように、ヴィンテージや、個性の強いアイテムをミックスして。靴は大きめのものを選んでバランスをとることが多いわね。

― 素敵なアドバイスをありがとうございます!最後に、エンターテインメントの世界に憧れる女の子へ向けて、“夢を叶える秘訣”を教えてください。

エル:ギブアップをしないこと!周りから否定されることも多いと思うけど。私も昔、髪を結ってもらった時に「髪の毛の量が足りない」なんて見た目を否定されたりした。けれどそういう時にギブアップをしないというのが、何よりも一番大きいと思うわ。

― ありがとうございました。

多忙なスケジュールを微塵も感じさせない晴れやかな笑顔で迎えてくれ、瞳をキラキラと輝かせながら話すその様子は、セレブというよりも“16歳の少女”そのもの。まさに“純粋無垢”という言葉がぴったりで、アンジーも「自分の娘たちも彼女のように育ってほしい」と絶賛するほど。日々成長を遂げる彼女の再来日がますます楽しみになった。(モデルプレス)

映画「マレフィセント」 7月5日(土) 2D/3Dロードショー



監督:ロバート・ストロンバーグ
出演:アンジェリーナ・ジョリー/エル・ファニング/シャールト・コプリー
製作総指揮:アンジェリーナ・ジョリー/ドン・ハーン他
映画「マレフィセント」7月5日(土) 2D/3Dロードショー
映画「マレフィセント」7月5日(土) 2D/3Dロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
<ストーリー>
ある王国で、念願のロイヤル・ベビー、オーロラ姫の誕生を祝うパーティーが開かれ、招待客たちが見守る中、3人の妖精たちが次々に幸運の魔法をオーロラ姫にかけていく。「美しさを贈ります」「いつも幸せに包まれますように」…だが、3人目の妖精の番になった時、“招かれざる客”である邪悪な妖精マレフィセントが突如現れ、オーロラ姫に恐ろしい呪いをかけてしまう―「16歳の誕生日の日没までに、姫は永遠の眠りにつくだろう。そして、真実の愛のキスだけが姫の眠りを覚ます」と。幸運の魔法の通り、オーロラ姫は幸せに包まれ、美しい娘に成長していく。その姿をいつも影から見守るのは、あのマレフィセントだった。その視線が時に温かな感情に満ちていることを、必死に隠しながら。そして、オーロラ姫が16歳になる瞬間を、密かに恐れながら…。

エル・ファニング プロフィール



1998年アメリカ、ジョージア州出身。わずか2歳8ヶ月で女優としてのキャリアをスタートさせ、『アイ・アム・サム』(01)でスクリーンデビュー。実姉ダコタ・ファニングの幼少期という役どころだったが、その後、子役として才能を開花させ、数多くの映画やテレビドラマに出演。05年には、宮崎駿監督の『となりのトトロ』の英語吹き替え版で、声優にも初挑戦。ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞に輝いたソフィア・コッポラ監督の『SOMEWHERE』(10)では、放送映画批評家協会賞の若手俳優賞にノミネートされた。さらにスティーブン・スピルバーグ製作、J.J.エイブラムス監督の大ヒット作『SUPER8/スーパーエイト』(11)と、サリー・ポッター監督の『ジンジャーの朝 さよならわたしが愛した世界』(12)でも同賞にノミネート。巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督からもラブコールを送られ、ゴシックミステリー『ヴァージニア』(11)で妖艶な謎の少女を好演した。その他の出演作に『デジャヴ』(06)、『バベル』(06)、『帰らない日々』(07)、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(08)、『幸せへのキセキ』(11)など。

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP