『ハウス・オブ・カード 野望の階段』ロビン・ライト、最終話で一つ後悔したこととは

Netflixの政治サスペンスドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』で、主人公フランク・アンダーウッドの妻クレアを演じたロビン・ライト。ファイナルシーズンの最終話で監督も務めたロビンが、一つ後悔していることを明かした。米Entertainment Weeklyが報じている…

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事