「姉ageha」ゆんころ、“夏が似合う”体を競う大会の予選を1位で通過 気持ち新たに決勝へ

参照回数:171,971

【ゆんころ/モデルプレス=6月27日】人気ブロガーで雑誌「姉ageha」専属モデルの“ゆんころ”こと小原優花が25日に開催された“夏が似合う”体を競う「サマー・スタイル・アワード 2016」のベティー部門(女性)の東京予選を1位で通過。26日、Instagramを更新し、これまでを振り返るとともに意気込みを新たにした。
「サマー・スタイル・アワード 2016」ベティー部門の東京予選を1位で通過した“ゆんころ”こと小原優花/ゆんころInstagramより
「サマー・スタイル・アワード 2016」ベティー部門の東京予選を1位で通過した“ゆんころ”こと小原優花/ゆんころInstagramより
これまで大会出場に向け、トレーニングの様子と鍛え上げた体を公開してきたゆんころ。書類審査を経て、東京での予選大会に出場。見事1位で予選を通過した。

短期間でのトレーニングを回顧

大会出場を決意し、トレーニングを開始したのは予選の2ヶ月前。短期間でボディに磨きをかけてきたが「トレーニングも食事管理も体に関する勉強も、、すべて『無駄にした日は無かった』と自信を持てた事が、私の最高の武器でした」と自信に漲った様子で「だからこそ、どこから見られても怖くないし、嘘偽り無く堂々とステージで楽しめた」と回顧した。

7月16日には決勝大会を控えているが「ライバルは自分のみ!」とし、「今は決勝に向けて気持ちを切り替え、今日からまた1つ1つ頑張ります」と意気込みを新たにしている。

「ずっとろくに運動も部活もしてこなかった」

大会出場に向けてトレーニングを開始したゆんころだが6日、Twitterで「ずっとろくに運動も部活もしてこなかった」と告白。それでも大会出場を決意した理由を「何か身体を使った経験を残したいと思い今回筋肉の世界へ初挑戦するよ」と説明していた。

予選通過を報告したゆんころに向け、ファンからは「おめでとうございます。決勝大会もその調子でがんばってください」「本当に努力家さんですごい!かっこ良くて憧れです」「決勝大会、期待しています。私もトレーニングがんばろう」といった声が届いている。

多彩な才能を発揮中

ゆんころはブロガー、「姉ageha」専属モデルのほか、アパレルブランドのプロデューサーとしても活躍。さらにブログなどでの名言を集めた著書の発表、そして2015年には自身初となる青春小説「蒼い闇」を刊行するなど、多彩な才能を発揮している。(modelpress編集部)

ゆんころプロフィール

本名:小原優花
誕生日:1990年5月19日
出身:東京
血液型:AB型

ブロガー、ファッションモデル。2008年、「ゆんころぶろぐ☆」をはじめる。メイクや自撮りのテクニックが若い女性の注目を集める。著書にブログ他での名言を集めた「Yunkoro HEART」「Yunkoro Message」がある。2015年、自身初となる青春小説「蒼い闇」を発表。



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「姉ageha」ゆんころ、“夏が似合う”体を競う大会の予選を1位で通過 気持ち新たに決勝へ
今読んだ記事

「姉ageha」ゆんころ、“夏が似合う”体を競う大会の予選を1位で…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ギャル」カテゴリーの最新記事