「JELLY」モデル宮城舞、連続ピン表紙・女優業への想いを語る モデルプレスインタビュー

参照回数:40,049

雑誌「JELLY」で活躍する人気モデルの宮城舞が、都内にて行われた美の祭典「TOKYO BEAUTY FESTA」に出演。イベント後に行ったモデルプレスのインタビューでは、美しさの秘訣や女優業への思いに迫った。
モデルプレスのインタビューに応じてくれた宮城舞
モデルプレスのインタビューに応じてくれた宮城舞

美容・ファッションについて

― 今回のイベントは「美容」がテーマですが、美肌を保つために普段どのようなケアをされていますか?

宮城舞:寝る前にビタミン剤と、ざくろ酢を飲んでいます。3~4ヶ月前から続けてますね。

今はどうしても寝不足になってしまうので、これをやってなかったらもっと肌が荒れてるだろうなと思います。

― 食事の面で気をつけていることはありますか?

宮城舞:遅い時間に食べるときは、味が濃いものや塩分を避けるように。あと食べた直後の3時間は絶対に寝ないようにしてます。

ダイエットはストイックにはやらないけど、ちょっと太ったなと思ったら夜食べないとか、ちょいちょい気をつける感じで保ってます。昔は太りにくかったけど、今は代謝も下がってきたのか太りやすくなった気がしますね。

― 春のファッションプランを教えてください。

宮城舞:白×白コーデと、蛍光色が気になります。

モデル・女優業について

― 「JELLY」3月号・4月号の連続ピン表紙おめでとうございます!反響はいかがですか?

宮城舞:反響とかはわからないけど、自分的にはお気に入りです。

宮城舞
宮城舞
表紙撮影の前日は腹筋をして筋肉を張らせたり…忙しくて全然メンテナンスできなかったけど、気持ちで乗り切りました。

― 昨年の12月号で、モデル7年目にして初のピン表紙を果たし、その後連続での表紙抜擢でしたね。心境の変化はありますか?

宮城舞:表紙を飾るっていう目標を達成できた嬉しさがある一方、このあとの目標をどうしようっていう…。とりあえず今は、自分の目の前にあることを全部しっかりやっていこうと思います。

― 昨年末は劇作家・土田英生氏の舞台「約三十の嘘」で女優デビューも果たされましたね。

宮城舞:演技は楽しかったからもう一回やりたいな。映画でもドラマでも、なんでもいいからやりたい!

初めての舞台は緊張したけど、それより楽しさが大きかったですね。舞台の稽古に全部出れるわけじゃなかったので、家でセリフを覚えたりするのが大変でした。

恋愛・結婚観

― 先日、同じ「JELLY」モデルの山本優希さんが第2子妊娠を発表されましたが、宮城さんは結婚願望はありますか?

宮城舞:あるっちゃありますけど、まだいいかな…って(笑)30までにはしたいなと思います。

宮城舞
宮城舞
― 好きな男性のタイプは?

宮城舞:仕事を一生懸命やってて、フィーリングが合う人。バレンタインは友達と鍋食べてて、何もしてません(笑)

― 最後に、夢を追いかける女の子や「JELLY」読者へメッセージをお願いします。

宮城舞:夢を諦めないで頑張ってください。読者の皆さん、これからもよろしくお願いします!

― ありがとうございました。

念願のピン表紙や女優デビューと、昨年末から大きく飛躍を遂げたまいぷぅ。様々なジャンルへの意欲を燃やす彼女に今後も注目だ。(モデルプレス)

宮城舞(みやぎまい)プロフィール
愛称:まいぷぅ
生年月日:1988年2月19日
出身地:神奈川県
血液型:A
趣味:パチンコ
特技:バレーボール・卓球

高校時代から雑誌「Ranzuki」の読者モデルとして注目を浴び、メインモデルに。

2008年に「Ranzuki」を卒業し、お姉さん雑誌 である「JELLY」 の専属モデルとして活躍。2011年12月、劇作家・土田英生氏の舞台「約三十の嘘」で女優デビューを果たした。



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「JELLY」モデル宮城舞、連続ピン表紙・女優業への想いを語る モデルプレスインタビュー
今読んだ記事

「JELLY」モデル宮城舞、連続ピン表紙・女優業への想いを語る …

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ギャル」カテゴリーの最新記事