若槻千夏、花嫁姿で記者会見 結婚・妊娠を改めて報告

今月中旬に結婚・妊娠5ヶ月を発表したタレントの若槻千夏(27)が29日、都内にて著書「うそつきちなつ」(宝島社)発売記念イベントを行った。
「うそつきちなつ」発売記念イベントを行った若槻千夏
「うそつきちなつ」発売記念イベントを行った若槻千夏
ウエディングドレスをイメージしたファードレスで登場した若槻千夏は「こんなにマスコミの方がいっぱい来てくださるのは最初で最後だと思うのでドレスアップしてみました」と照れながら挨拶。ベールに包まれたアパレル会社勤務の夫(30)について質問が飛ぶと「ご本人に失礼かもしれませんが…中田英寿さんに似てます」と明かし、「妊娠がわかった時はすごく喜んでくれました」と幸せそうな笑顔で話した。

夫との交際は「興味本位だった」

同書はタレント、ファッションブランドのプロデューサーとして活躍中の若槻千夏が、ファンからの質問、相談に自身のブログで答えた「質問コーナー」から厳選500問を再録した単行本。イベントは女性ファン70名を交えたトークショー形式で行われた。

結婚・妊娠発表後初の公の場とあって、矢継ぎ早に質問を浴びた若槻千夏は「つわり真っ最中の時は誰にも言わず我慢していたので辛かったです。ずっと風邪ひいてんなアイツみたいな感じで…今はすごく元気です」と近況を報告。左手の薬指にはカルティエの指輪が光っており「プロポーズの時にもらいました」と披露した。

夫との交際のきっかけは「すごい無口で、なんでこんなに喋らないのかなって。こういう人と付き合ったことなかったので、最初は興味本位でしたね」。プロポーズは昨年5月、自身の誕生日に受けたといい「ドライブに誘われて、40分もじもじしてたのでほっといたら『結婚してください』って。急にそれ?と思ったけど嬉しかったです」と振り返った。

母親になる実感はまだないというが「子供が出てる番組を見るとチャンネル止めちゃいますね」とわずかな心境の変化も。“デキちゃった結婚”を「自分が表に出ている以上順番はちゃんとしたかった」と改めて反省しつつ、「親としてがんばろうという気持ちは変わらないので、仕事と両立していく姿を皆様に見ていただければ」と力強い決意を語った。

夫とは都内で同居し、新婚生活をスタート。アパレルブランド「wc(ダブルシー)」のプロデューサー業は出産間近まで続けるという。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 若槻千夏、花嫁姿で記者会見 結婚・妊娠を改めて報告
今読んだ記事

若槻千夏、花嫁姿で記者会見 結婚・妊娠を改めて報告

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ギャル」カテゴリーの最新記事