香取慎吾「カルティエ」コラボのアート作品公開 東京タワー・黒うさぎに込めた思いは?<TANK 100>

【香取慎吾/モデルプレス=10月26日】元SMAPの香取慎吾が、「カルティエ(Cartier)」のアイコンウォッチ「タンク(TANK)」からインスピレーションを受けて2つのアート作品を制作。28日より六本木ヒルズ店にて開催される「タンク」誕生100周年を記念した期間限定ギャラリー「TANK 100」にて展示される。
香取慎吾のアート作品がキービジュアルとなる「TANK 100」イメージ(提供写真)
香取慎吾のアート作品がキービジュアルとなる「TANK 100」イメージ(提供写真)

香取慎吾のアート作品 東京タワーや黒うさぎも

ギャラリーには現代アーティストとしても活動する香取のオリジナル作品を展示。1つは「TANK 100」のキービジュアルとなる絵画『時間がたりない:need more time』。

絵画『時間がたりない:need more time』(C)2017 Shingo Katori
絵画『時間がたりない:need more time』(C)2017 Shingo Katori
「タンク」から連想される線路型分メモリ、リューズなどのディテールを使い、それらが次々と自由に踊るシーンをイメージ。東京タワーや黒うさぎ、香取のサインも描かれている。作品について香取は「僕の描く絵はエンターテインメント的な側面もあります。よく自分の絵の中に登場するモチーフである東京タワーや黒うさぎもいます。視線を動かして楽しめるように考えました」と解説した。

光のオブジェ『百年のfuuu.』

「TANKOTHEQUE」の中心に香取の作品を展示(提供写真)
「TANKOTHEQUE」の中心に香取の作品を展示(提供写真)
もう1点は同展の中心に置かれる光のオブジェ『百年のfuuu.』。イメージソースは香取が昔から好きだというヴェネツィアングラスのシャンデリア。バースデイケーキに20本のロウソクが乗せられており、「ロウソクの灯を吹き消すのではなく、この作品をご覧になる方が“fuuu”と息を吹きかけることで新しい命を吹き込むようなイメージ」とこれまでとこれからの『タンク』への希望を作品に詰め込んだ。

光のオブジェ『百年のfuuu.』(C)2017 Shingo Katori
光のオブジェ『百年のfuuu.』(C)2017 Shingo Katori
光のオブジェ『百年のfuuu.』(C)2017 Shingo Katori
光のオブジェ『百年のfuuu.』(C)2017 Shingo Katori

制作過程を公開

ブランドの公式サイトでは、制作過程の様子や作品について語る香取の動画が公開されている。

なお、同展は10月28日(土)から11月26日(日)まで開催。(modelpress編集部)
 

「TANK 100」

「TANK 100」(提供画像)
「TANK 100」(提供画像)
会場:カルティエ六本木ヒルズ店(10月28日オープン)
東京都港区六本木ヒルズ ウェストウォーク2階
期間: 2017年10月28日(土)~11月26日(日)11:00~21:00


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 香取慎吾「カルティエ」コラボのアート作品公開 東京タワー・黒うさぎに込めた思いは?<TANK 100>
今読んだ記事

香取慎吾「カルティエ」コラボのアート作品公開 東京タワー・…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ファッション」カテゴリーの最新記事