あの(C)フジテレビ

あの、フジ連ドラ初出演決定 松岡茉優主演「ギークス/GEEKS」でSキャラ事務職員に

2024.06.10 17:00

歌手のあのが、松岡茉優が主演を務める2024年7月期木曜劇場『ギークス/GEEKS』(仮)(22時~)に出演することが決定。フジテレビ系連続ドラマ初出演となる。


松岡茉優主演「ギークス/GEEKS」

今作は、頭は切れるのに人間関係に難ありな警察署勤務の女ギークたちが、週末の井戸端会議で事件解決をアシストしてしまう、新感覚の“井戸端謎解きエンターテイメント”。「GEEK(ギーク)」とは、言うなれば賢いオタク。好奇心旺盛で、卓越した知識や技術を持っているのに、人間関係を苦手としている人たちのことだ。

そんな3人のギークを松岡、田中みな実、滝沢カレンの「ありそうでなかった」トリオが演じ、キュートで少しだけこじらせた日常&痛快な謎解きストーリーが展開される。

あの、Sっ気の強い事務職員を演じる

バラエティーから歌番組、ファッションと多彩な活躍を見せ、若い層から熱狂的な支持を受けるあの。今作で演じるのは、物語の舞台となる小鳥遊(たかなし)署の事務職員・河井リリカ(かわい・りりか/23歳)。主人公・西条唯(松岡)のいる鑑識係と、刑事・芹沢直樹(中村蒼)のいる強行犯係の事務処理担当で、見た目はおっとりしているが、月末の締めの時期になるとその表情が一変。現場だろうが何だろうが刑事たちに期限内の精算や書類の提出を要求し、書類に不備があると問答無用で突き返す、強烈なSっ気を持っている。

そんなリリカを演じるあのは、2020年にano名義で音楽活動を開始し、その個性あふれるキャラクターで人気を集め、バラエティー番組にも数多く出演してブレイク。2023年にはその年を代表する曲となった『ちゅ、多様性。』で『第74回NHK紅白歌合戦』に出場した。俳優としても幅広く活躍しており、直近では映画『【推しの子】』に出演することが発表され、大きな話題を呼んでいる。

クセ強な登場人物が数多く登場する今作に、また1人、強い個性を持つキャラクター・リリカが仲間入り。あの演じるリリカがギークスの世界にどんな化学反応を起こすのか。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. あの所属事務所、つきまとい・待ち伏せなど迷惑行為に注意喚起「しかるべき対応を執ることも検討いたします」【全文】
    あの所属事務所、つきまとい・待ち伏せなど迷惑行為に注意喚起「しかるべき対応を執ることも検討いたします」【全文】
    モデルプレス
  2. あの、好きな女優2人明かす タイプも分析「なんでそんなかわいいの?」
    あの、好きな女優2人明かす タイプも分析「なんでそんなかわいいの?」
    モデルプレス
  3. あの、歌手・女優・タレントに続きMCも挑戦 ブレイク経て貫く夢を叶える秘訣「信じ抜いて突き進む」<モデルプレスインタビュー>
    あの、歌手・女優・タレントに続きMCも挑戦 ブレイク経て貫く夢を叶える秘訣「信じ抜いて突き進む」<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  4. 霜降り明星・粗品&あの、熱愛説に言及「言うの初めて」
    霜降り明星・粗品&あの、熱愛説に言及「言うの初めて」
    モデルプレス
  5. 霜降り明星・粗品、あのとの“熱愛”狙う週刊誌の尾行へ逆突撃 緊迫感漂う現場の様子を公開
    霜降り明星・粗品、あのとの“熱愛”狙う週刊誌の尾行へ逆突撃 緊迫感漂う現場の様子を公開
    モデルプレス
  6. ME:I・RAN(石井蘭)「Click」“3倍速ダンス”成功「さすがメインダンサー」「すごすぎる」と反響続々
    ME:I・RAN(石井蘭)「Click」“3倍速ダンス”成功「さすがメインダンサー」「すごすぎる」と反響続々
    モデルプレス

「ドラマニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 「アンチヒーロー」最終回、トレンド1位&関連ワード9語浮上でSNS席巻 ノーカット35分のエンディングに視聴者涙
    「アンチヒーロー」最終回、トレンド1位&関連ワード9語浮上でSNS席巻 ノーカット35分のエンディングに視聴者涙
    モデルプレス
  2. 「アンチヒーロー」最終回、赤峰(北村匠海)がタイトル回収 “別人級”変化・意味深ラストに視聴者震撼「鳥肌立った」
    「アンチヒーロー」最終回、赤峰(北村匠海)がタイトル回収 “別人級”変化・意味深ラストに視聴者震撼「鳥肌立った」
    モデルプレス
  3. 「アンチヒーロー」最終回、“ラスト”サプライズゲストが一瞬登場「強すぎる」「盲点だった」と驚きの声
    「アンチヒーロー」最終回、“ラスト”サプライズゲストが一瞬登場「強すぎる」「盲点だった」と驚きの声
    モデルプレス
  4. 「アンチヒーロー」最終回 白木(大島優子)のビジュアル変化に注目集まる「演出が細かい」「雰囲気変わる」
    「アンチヒーロー」最終回 白木(大島優子)のビジュアル変化に注目集まる「演出が細かい」「雰囲気変わる」
    モデルプレス
  5. 「アンチヒーロー」最終回、緑川(木村佳乃)の正体判明 伏線になっていた9話シーン&役名に反響「最初から繋がってたんだ」「やっぱり」
    「アンチヒーロー」最終回、緑川(木村佳乃)の正体判明 伏線になっていた9話シーン&役名に反響「最初から繋がってたんだ」「やっぱり」
    モデルプレス
  6. 「アンチヒーロー」最終回 明墨(長谷川博己)&赤峰(北村匠海)接見シーン、初回とリンクした“緻密すぎる演出” 想像を超えた北村の演技とは「ほぼ本人」【飯田和孝P囲み取材Vol.4】
    「アンチヒーロー」最終回 明墨(長谷川博己)&赤峰(北村匠海)接見シーン、初回とリンクした“緻密すぎる演出” 想像を超えた北村の演技とは「ほぼ本人」【飯田和孝P囲み取材Vol.4】
    モデルプレス
  7. 「アンチヒーロー」続編の可能性は?最終回で真犯人明かさなかった理由をプロデューサーが説明【飯田和孝P囲み取材Vol.3】
    「アンチヒーロー」続編の可能性は?最終回で真犯人明かさなかった理由をプロデューサーが説明【飯田和孝P囲み取材Vol.3】
    モデルプレス
  8. 「光る君へ」松下洸平が語る周明のまひろ(吉高由里子)への本心と葛藤「ずっと孤独だった」議論重ねた演出明かす
    「光る君へ」松下洸平が語る周明のまひろ(吉高由里子)への本心と葛藤「ずっと孤独だった」議論重ねた演出明かす
    モデルプレス
  9. 二宮和也&竹内涼真「ブラックペアン2」で日本ドラマ異例の撮影挑戦 “直接対決”の見どころ語る
    二宮和也&竹内涼真「ブラックペアン2」で日本ドラマ異例の撮影挑戦 “直接対決”の見どころ語る
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事