(左から)倉沢杏菜、大原梓、松田元太、奥野壮(C)フジテレビ

Travis Japan松田元太、Hey! Say! JUMP山田涼介の教え子に「ビリオン×スクール」でフジ連ドラ初レギュラー出演決定

2024.06.10 12:55

Travis Japan松田元太が、Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務めるフジテレビ系金9ドラマ『ビリオン×スクール』(7月5日スタート/毎週金曜21時~※初回15分拡大)に出演することが決定。同局ドラマに初レギュラー出演を果たす。


山田涼介の教え子に松田元太・大原梓・奥野壮・倉沢杏菜

この度、松田のほか、俳優の大原梓奥野壮倉沢杏菜の出演が決定。松田が演じるのは、九九が言えないほどの成績不良のためゼロ組落ちした、ゼロ組の偏差値番付でも最下層の紺野直斗(こんの・なおと)。城島佑(じょうしま・ゆう/奥野)らに誘われた合コンに人数合わせで参加したのをきっかけにゼロ組内で、夢の“スクールカースト1軍”入りを果たす。それから身なりにも気を遣うようになる。女子からモテたいが、モテ方が分からないという役どころ。

松田は、2022年にTravis Japanのメンバーとして配信シングル『JUST DANCE!』で全世界メジャーデビューを果たし、これまで『結婚予定日』(2023年4月クール/MBS・TBS系)や『ゼイチョー~「払えない」にはワケがある~』(2023年10月クール/日本テレビ系)などに出演。現在放送中のドラマ『東京タワー』(2024年4月クール/テレビ朝日系)ではその全身全霊の演技が話題に。同局ドラマへの出演は『監察医 朝顔』第2シリーズ(2020年11月~2021年3月/同局系)の第1話へゲスト出演した以来約3年8カ月ぶりとなる。

大原が演じるのは、絵都学園の校長・東堂真紀子(とうどう・まきこ/水野美紀)の一人娘である東堂雪美(とうどう・ゆきみ)。ゼロ組の仲間たち複数人で“教師を信用しない”という思いで結託している。同じクラスの梅野ひめ香のことをいじめるグループの主犯格。大原は『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(2022年4月クール/日本テレビ系)や『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』(2024年1月クール/東海テレビ・フジテレビ系)などに出演。同局制作の連続ドラマへレギュラー出演するのはこれが初となる。

奥野が演じるのは、“ゼロ組”で雪美たちとつるんでいる城島佑(じょうしま・ゆう)。ある理由で暴力事件を起こし、ゼロ組へ転落した。奥野は『仮面ライダージオウ』(2018年~2019年/テレビ朝日系)で主演を務め、その名をはせる。その後も日曜劇場『下剋上球児』(2023年10月クール/TBS系)など多数の作品に出演。フジテレビ制作の連続ドラマへレギュラー出演するのはこれが初となる。

倉沢が演じるのは、“スクールカースト1軍女子”の松下リナ(まつした・りな)。学校外の交友関係も広く、ちょっと悪い他校の先輩たちやバイト先の大学生ともつるんでいる。雪美と仲良くなり、“1軍”として行動を共にするようになる。倉沢は『パパとなっちゃんのお弁当』(2023年1月~3月『ZIP!』内にて放送/日本テレビ系)にて俳優デビューし、その後も『先生さようなら』(2024年1月クール/日本テレビ系)、『VRおじさんの初恋』(2024年4月~5月/NHK総合)などにメインキャストとして出演。本作でゴールデン帯ドラマ初出演を果たす。今後も主要キャストの続報を予定している。

山田涼介主演「ビリオン×スクール」

本作は、日本一の財閥系企業のトップであり“億万長者=ビリオネア”の主人公が、身分を隠して学校の教師となり、さまざまな問題に直面しながらも生徒とともに成長していく姿を描く学園コメディー。私立絵都学園で「やる気ゼロ、才能ゼロ、将来性ゼロ」の生徒が集められた3年0組に新しい担任がやってくる。

通称“ゼロ組”と呼ばれ、バカにされてきた底辺クラスに赴任してきたのは、容姿端麗だが、どこかクセのある教師・加賀美零(かがみ・れい/山田)。学校の常識が全く通用しない、資産も行動力も“ケタ外れ”なこの教師。その正体はなんと、日本を代表する財閥系グループを継いだCEOで、まさかの“億万長者=ビリオネア”だったのだ。

時代は変われど、思春期の子どもたちが抱える問題の根底は変わらない。それなのに、教育現場は変わる一方。怒ってはいけない、何かを強制してはいけない、呼び捨てにしてはいけない、生徒に踏み込み過ぎてはいけない…。「このAI時代に、教師は必要か?」と嘆かれる昨今、そんな常識をぶち壊す、ニューヒーロー=“新しい学校のリーダー”が現れる。(modelpress編集部)

コメント

・松田元太

― 本作への出演が決まったときの思いをお聞かせください。

「何よりもこの業界に入るきっかけが今回主演の山田涼介くんであり、今でもずっと尊敬する先輩です。いつかお芝居で共演することを目標にしていたので本当に本当に嬉しいです」

― 放送を楽しみにしている視聴者やファンの皆さんへメッセージをお願いします。

「『ビリオン×スクール』で紺野直斗を演じる松田元太です。自分にしか出せない空気、テンション感で自分も楽しみながらこの作品にのめり込むので視聴者の方もどっぷりハマって楽しんでいただきたいです。そしてたくさんの人にどこか共感してもらえるようなすてきな作品になると思うので、この作品が日々の楽しみの1つになれるよう、僕も頑張りたいと思います。ぜひ、楽しみにしててください」

・大原梓

― 本作への出演が決まったときの思いをお聞かせください。

「率直に本当にうれしかったです。この時間帯のレギュラー出演は初めてなので少し緊張もしますが、精一杯向き合いたいと思っています」

― 放送を楽しみにしている視聴者やファンの皆さんへメッセージをお願いします。

「1週間の終わりにこのドラマを見て、次の1週間もまた頑張ろうと少しでも前向きな気持ちになれるような作品になればと思います。視聴者の皆さまに楽しんでもらえるよう、精一杯頑張ります!よろしくお願いいたします!!」

・奥野壮

― 本作への出演が決まったときの思いをお聞かせください。

「嬉しかったです。以前作品でご一緒した瑠東(東一郎)監督とまたご一緒できることもそうですが、ガッツリ学園ものをやる機会が多い訳ではなかったのでワクワクしています」

― 放送を楽しみにしている視聴者やファンの皆さんへメッセージをお願いします。

「『ビリオン×スクール』、面白いです。熱いです。最高です。この夏、皆さんに最高のスクールドラマをお届けします。ぜひ放送を楽しみにしていてください!」

・倉沢杏菜

― 本作への出演が決まったときの思いをお聞かせください。

「すごく嬉しかったです!学生のうちに憧れの学園ドラマに出演できることが嬉しいすし、なにより以前からさまざまな作品で拝見していた皆様とご一緒させていただけることに感謝しています。その分緊張もしていて、身が引き締まる思いです」

― 放送を楽しみにしている視聴者やファンの皆さんへメッセージをお願いします。

「はじめまして。倉沢杏菜と申します。松下リナとしてゼロ組の一員になれること、大変嬉しく思っています。1週間の終わりに見てくださる方の心に届いたり、スカッとしてもらえたりする作品に出来るよう精一杯頑張ります!よろしくお願いいたします!」
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 「東京タワー」永瀬廉&松田元太、恋愛シーンの裏側迫る メイキング第2弾配信
    「東京タワー」永瀬廉&松田元太、恋愛シーンの裏側迫る メイキング第2弾配信
    モデルプレス
  2. 松島聡・松田元太・間宮祥太朗・佐野勇斗ら、体幹自慢の猛者参戦 一獲千金狙い本気対決【続々〜ゾクゾク〜】
    松島聡・松田元太・間宮祥太朗・佐野勇斗ら、体幹自慢の猛者参戦 一獲千金狙い本気対決【続々〜ゾクゾク〜】
    モデルプレス
  3. Travis Japan松田元太「ぽかぽか」新ヘアで登場 ネット驚き「爆イケ」
    Travis Japan松田元太「ぽかぽか」新ヘアで登場 ネット驚き「爆イケ」
    モデルプレス
  4. 「東京タワー」耕二(松田元太)、視聴者騒然の修羅場到来「ドロ沼すぎる」「絶体絶命」と反響
    「東京タワー」耕二(松田元太)、視聴者騒然の修羅場到来「ドロ沼すぎる」「絶体絶命」と反響
    モデルプレス
  5. Travis Japan松田元太&松倉海斗「ナゾトレ」初参戦 先輩・Snow Man阿部亮平からのアドバイス忘れる?
    Travis Japan松田元太&松倉海斗「ナゾトレ」初参戦 先輩・Snow Man阿部亮平からのアドバイス忘れる?
    モデルプレス
  6. Travis Japan松田元太“旧友“INI田島将吾とのバラエティ共演が話題「エモい」
    Travis Japan松田元太“旧友“INI田島将吾とのバラエティ共演が話題「エモい」
    モデルプレス

「ドラマニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 「アンチヒーロー」最終回、トレンド1位&関連ワード9語浮上でSNS席巻 ノーカット35分のエンディングに視聴者涙
    「アンチヒーロー」最終回、トレンド1位&関連ワード9語浮上でSNS席巻 ノーカット35分のエンディングに視聴者涙
    モデルプレス
  2. 「アンチヒーロー」最終回、赤峰(北村匠海)がタイトル回収 “別人級”変化・意味深ラストに視聴者震撼「鳥肌立った」
    「アンチヒーロー」最終回、赤峰(北村匠海)がタイトル回収 “別人級”変化・意味深ラストに視聴者震撼「鳥肌立った」
    モデルプレス
  3. 「アンチヒーロー」最終回、“ラスト”サプライズゲストが一瞬登場「強すぎる」「盲点だった」と驚きの声
    「アンチヒーロー」最終回、“ラスト”サプライズゲストが一瞬登場「強すぎる」「盲点だった」と驚きの声
    モデルプレス
  4. 「アンチヒーロー」最終回 白木(大島優子)のビジュアル変化に注目集まる「演出が細かい」「雰囲気変わる」
    「アンチヒーロー」最終回 白木(大島優子)のビジュアル変化に注目集まる「演出が細かい」「雰囲気変わる」
    モデルプレス
  5. 「アンチヒーロー」最終回、緑川(木村佳乃)の正体判明 伏線になっていた9話シーン&役名に反響「最初から繋がってたんだ」「やっぱり」
    「アンチヒーロー」最終回、緑川(木村佳乃)の正体判明 伏線になっていた9話シーン&役名に反響「最初から繋がってたんだ」「やっぱり」
    モデルプレス
  6. 「アンチヒーロー」最終回 明墨(長谷川博己)&赤峰(北村匠海)接見シーン、初回とリンクした“緻密すぎる演出” 想像を超えた北村の演技とは「ほぼ本人」【飯田和孝P囲み取材Vol.4】
    「アンチヒーロー」最終回 明墨(長谷川博己)&赤峰(北村匠海)接見シーン、初回とリンクした“緻密すぎる演出” 想像を超えた北村の演技とは「ほぼ本人」【飯田和孝P囲み取材Vol.4】
    モデルプレス
  7. 「アンチヒーロー」続編の可能性は?最終回で真犯人明かさなかった理由をプロデューサーが説明【飯田和孝P囲み取材Vol.3】
    「アンチヒーロー」続編の可能性は?最終回で真犯人明かさなかった理由をプロデューサーが説明【飯田和孝P囲み取材Vol.3】
    モデルプレス
  8. 「光る君へ」松下洸平が語る周明のまひろ(吉高由里子)への本心と葛藤「ずっと孤独だった」議論重ねた演出明かす
    「光る君へ」松下洸平が語る周明のまひろ(吉高由里子)への本心と葛藤「ずっと孤独だった」議論重ねた演出明かす
    モデルプレス
  9. 二宮和也&竹内涼真「ブラックペアン2」で日本ドラマ異例の撮影挑戦 “直接対決”の見どころ語る
    二宮和也&竹内涼真「ブラックペアン2」で日本ドラマ異例の撮影挑戦 “直接対決”の見どころ語る
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事