今井柊斗、林遣都「VIVANT」第9話より(C)TBS

「VIVANT」“テント幹部”若かりしバトラカ役が圧倒の演技力 18歳で映画監督&俳優の二刀流・今井柊斗、受賞歴多数の注目株【注目の人物】

2023.09.11 15:56

俳優の堺雅人が主演を務めるTBS系日曜劇場『VIVANT』(読み:ヴィヴァン/毎週日曜よる9時~)の第9話が、11日に放送された。ここでは、テロ組織「テント」の幹部・バトラカの若かりし頃を演じた今井柊斗(いまい・しゅうと/18)を紹介する。


堺雅人主演「VIVANT」

堺雅人「VIVANT」第9話より(C)TBS
堺雅人「VIVANT」第9話より(C)TBS
本作には、主演の堺のほか、阿部寛、松坂桃李、二階堂ふみ、二宮和也、役所広司ら豪華俳優陣が集結。

林遣都「VIVANT」第9話より(C)TBS
林遣都「VIVANT」第9話より(C)TBS
別班(国内外で民間人に紛れて諜報活動を行う特殊部隊)の乃木憂助(堺)は、テントのリーダー、ノゴーン・ベキ(乃木卓/林遣都)が父であることを突き止め、その実態に迫っていく。第8話では、ベキたちはテロ活動を請け負って得た金で孤児を救っていたことが明らかになった。

若かりしバトラカ役・今井柊斗が話題

林泰文「VIVANT」第9話より(C)TBS
林泰文「VIVANT」第9話より(C)TBS
第9話では、ベキの過去やテントが出来るまでの過去が描かれた。サングラスが特徴的なバトラカ(林泰文/今井柊斗)は、テントの原型を造った幹部。

林遣都、今井柊斗「VIVANT」第9話より(C)TBS
林遣都、今井柊斗「VIVANT」第9話より(C)TBS
テント設立前に公安業務でバルカ共和国に渡ったベキは、武装組織に捕まってしまう。妻・乃木明美(高梨臨)を亡くし、撃たれた死ぬ直前のベキを助けたのは、武装勢力に雇われた今井演じる若かりしバトラカだった。

林遣都、今井柊斗「VIVANT」第9話より(C)TBS
林遣都、今井柊斗「VIVANT」第9話より(C)TBS
放送終了後、SNS上では「昔のバトラカ役の方の演技力がすごい」「若い頃のバトラカ役の方が林さんにそっくり」「今井柊斗さん何者?」と熱演ぶりが話題になった。

今井柊斗、俳優&映画監督の二刀流

そんな若かりしバトラカを演じた今井は、2005年1月27日生まれ、北海道出身。俳優として活躍する傍ら、映画監督としても活躍している。

2022年に公開された初監督作品中編映画『叫びたいくらい青色の、』では主演を務めた。2023年3月には企画・主演・監督・脚本を手がけた短編映画『満員電車に染まる頃には。』が公開され、NPO法人主催の「高校生のためのeiga worldcup2022」では最優秀監督賞、最優秀男子演技賞、最優秀編集賞を受賞し、多彩な活躍に注目が寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連ドラマ

  1. VIVANT

    VIVANT

    2023年07月16日(日)スタート

    毎週日曜21:00 / TBS系

    詳しく見る

関連記事

  1. “20年間”も原因不明だった『謎の奇病』を患う男性。だが→医者「あなたを苦しめていたのは…」病名を聞いて、目が点…!?【漫画】
    “20年間”も原因不明だった『謎の奇病』を患う男性。だが→医者「あなたを苦しめていたのは…」病名を聞いて、目が点…!?【漫画】
    Grapps
  2. 【理事長、ありがとう…!】残業を強いるパワハラ上司を報告!ピりつく空気の中…⇒『同僚の一言』がクリティカルヒット!?【漫画】
    【理事長、ありがとう…!】残業を強いるパワハラ上司を報告!ピりつく空気の中…⇒『同僚の一言』がクリティカルヒット!?【漫画】
    Grapps
  3. 彼氏「好きなものプレゼントするよ!」遠慮なく“欲しいもの”を選んだら…→この直後、彼氏の“衝撃発言”で破局フラグ!?
    彼氏「好きなものプレゼントするよ!」遠慮なく“欲しいもの”を選んだら…→この直後、彼氏の“衝撃発言”で破局フラグ!?
    愛カツ
  4. 夫「これで十分です…」探偵から“山のような証拠”を受け取り…→夫が実行した【妻への復讐】が怖すぎる…【漫画】
    夫「これで十分です…」探偵から“山のような証拠”を受け取り…→夫が実行した【妻への復讐】が怖すぎる…【漫画】
    愛カツ
  5. 『全部棚に入れて!』汚い台所の片づけを嫁任せにする義母…⇒ご近所さんに語った“義母の本心”に、嫁のイライラが限界に!
    『全部棚に入れて!』汚い台所の片づけを嫁任せにする義母…⇒ご近所さんに語った“義母の本心”に、嫁のイライラが限界に!
    Grapps
  6. 『限度額には余裕があるのに…』突然“クレカ”を止められた!?カード会社に連絡すると⇒【セキュリティが強すぎる停止理由】に納得…!
    『限度額には余裕があるのに…』突然“クレカ”を止められた!?カード会社に連絡すると⇒【セキュリティが強すぎる停止理由】に納得…!
    Grapps

「ドラマニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 「君が心をくれたから」第6話で明かされた“設定”と重なる千秋(松本若菜)の死「伏線だった?」「ようやく真意が分かった」の声
    「君が心をくれたから」第6話で明かされた“設定”と重なる千秋(松本若菜)の死「伏線だった?」「ようやく真意が分かった」の声
    モデルプレス
  2. 「君が心をくれたから」雨(永野芽郁)、タイトルに繋がるモノローグに注目集まる「解釈一致」「緻密な演出」
    「君が心をくれたから」雨(永野芽郁)、タイトルに繋がるモノローグに注目集まる「解釈一致」「緻密な演出」
    モデルプレス
  3. 「君が心をくれたから」日下(斎藤工)が抱える壮絶過去とは…元恋人の遺作の“6文字”タイトルが話題「報われた」「彼にしか伝わらないメッセージ」
    「君が心をくれたから」日下(斎藤工)が抱える壮絶過去とは…元恋人の遺作の“6文字”タイトルが話題「報われた」「彼にしか伝わらないメッセージ」
    モデルプレス
  4. <投票受付中>「君が心をくれたから」あなたが思う名シーンは?【モデルプレス国民的推しランキング】
    <投票受付中>「君が心をくれたから」あなたが思う名シーンは?【モデルプレス国民的推しランキング】
    モデルプレス
  5. パク・ソジュン、最近視聴した日本ドラマを絶賛「余韻が冷めないです」出演俳優も反応で“やりとり”話題
    パク・ソジュン、最近視聴した日本ドラマを絶賛「余韻が冷めないです」出演俳優も反応で“やりとり”話題
    モデルプレス
  6. <ブギウギ 第108話あらすじ>スズ子、アメリカ行き決意「お見送りショー」に訪れた人物とは
    <ブギウギ 第108話あらすじ>スズ子、アメリカ行き決意「お見送りショー」に訪れた人物とは
    モデルプレス
  7. <先生さようなら 第7話>田邑、由美子を諦めきれなかった過去 白石がライバル視
    <先生さようなら 第7話>田邑、由美子を諦めきれなかった過去 白石がライバル視
    モデルプレス
  8. <春になったら 第8話>雅彦、病状悪化し吐血
    <春になったら 第8話>雅彦、病状悪化し吐血
    モデルプレス
  9. <君が心をくれたから 第9話>太陽、千秋の正体を知る
    <君が心をくれたから 第9話>太陽、千秋の正体を知る
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事