堺雅人「VIVANT」第5話より(C)TBS

「VIVANT」乃木(堺雅人)、初回ラストのセリフは“ミスリード”だった「まんまと騙された」「見事な伏線」と反響

2023.08.17 12:06

俳優の堺雅人が主演を務めるTBS系日曜劇場「VIVANT」(読み:ヴィヴァン/毎週日曜よる9時~)の公式X(旧Twitter)が16日に更新され、第1話の種明かしをした。<※ネタバレあり>


堺雅人主演「VIVANT」

山中崇、堺雅人「VIVANT」第5話より(C)TBS
山中崇、堺雅人「VIVANT」第5話より(C)TBS
本作には、主演の堺のほか、阿部寛、二階堂ふみ、松坂桃李、二宮和也、役所広司ら豪華俳優陣が集結している。


乃木(堺雅人)、第1話のセリフに伏線

堺雅人「VIVANT」第5話より(C)TBS
堺雅人「VIVANT」第5話より(C)TBS
投稿では、第1話終盤での商社マン・乃木と公安・野崎(阿部)のやりとりに触れ「1話ラストで乃木は『ヴィパンじゃなくてヴィヴァンじゃないですか?』と野崎に言いますが、これは敢えて『パン』じゃなくて『ヴァン』と言って『べっぱん』から少しでも遠ざけようとしています」と種明かし。「野崎は辿り着きましたが自分で別班と伝えた訳ではありません」と説明した。

堺雅人「VIVANT」第5話より(C)TBS
堺雅人「VIVANT」第5話より(C)TBS
第1話でザイール(Erkhembayar Ganbold)から「お前はヴィヴァンか?」と問われたことを野崎に伝えていた乃木。しかし、“別班”(国内外で民間人に紛れて諜報活動を行う特殊部隊)のメンバーである乃木が、なぜ野崎にヒントになり得る情報を伝えたのかSNS上で疑問を抱く声が上がっていた。そして、今回の裏話により、乃木は自身の正体を隠そうとしていたことがわかった。

堺雅人「VIVANT」第5話より(C)TBS
堺雅人「VIVANT」第5話より(C)TBS
この投稿を受け、視聴者からは「なるほど、そういうことなのか!もう一度観返したい」「Vの発音が良かったのは強調するためだったんだ」「まんまと騙された」「乃木のミスリード恐るべし」「見事な伏線」「これを考えられる乃木さんがすごすぎる」「気になってたからスッキリした!公式さんありがとうございます!」など反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:TBS
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連ドラマ

  1. VIVANT

    VIVANT

    2023年07月16日(日)スタート

    毎週日曜21:00 / TBS系

    詳しく見る

関連記事

  1. 「VIVANT」乃木(堺雅人)、パトカーでの衝撃行動に視聴者驚愕「改めて見ると確かに」「伏線回収劇がすごい」
    「VIVANT」乃木(堺雅人)、パトカーでの衝撃行動に視聴者驚愕「改めて見ると確かに」「伏線回収劇がすごい」
    モデルプレス
  2. 「VIVANT」乃木の別人格F(堺雅人)、初回のセリフに伏線 公式が種明かし「納得」「細かすぎる」の声
    「VIVANT」乃木の別人格F(堺雅人)、初回のセリフに伏線 公式が種明かし「納得」「細かすぎる」の声
    モデルプレス
  3. 「VIVANT」ドラム(富栄ドラム)が初めて発声「声聴けた」「嬉しい」の声
    「VIVANT」ドラム(富栄ドラム)が初めて発声「声聴けた」「嬉しい」の声
    モデルプレス
  4. 阿部寛「VIVANT」モンゴルロケで“すごく緊張した”4日間を回顧 堺雅人の「生活音が全部聞こえる」
    阿部寛「VIVANT」モンゴルロケで“すごく緊張した”4日間を回顧 堺雅人の「生活音が全部聞こえる」
    モデルプレス
  5. 堺雅人、セリフを覚える場所は?「渋谷の…」
    堺雅人、セリフを覚える場所は?「渋谷の…」
    モデルプレス
  6. <VIVANT 第6話>テロ組織“テント”の実体迫る 乃木の別人格「F」の秘密とは
    <VIVANT 第6話>テロ組織“テント”の実体迫る 乃木の別人格「F」の秘密とは
    モデルプレス

「ドラマニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 田中美久“1つだけ魔法が使えるなら?”に回答「キスシーンをする時に…」<シンデレラ・コンプレックス>
    田中美久“1つだけ魔法が使えるなら?”に回答「キスシーンをする時に…」<シンデレラ・コンプレックス>
    モデルプレス
  2. 飯島寛騎、田中美久の “過激シーン”度胸絶賛「役者魂がある」<シンデレラ・コンプレックス>
    飯島寛騎、田中美久の “過激シーン”度胸絶賛「役者魂がある」<シンデレラ・コンプレックス>
    モデルプレス
  3. 「光る君へ」直秀役・毎熊克哉に再注目「恋つづ」来生先生と重なる魅力・大河ドラマ2年連続出演で発揮する存在感<プロフィール>
    「光る君へ」直秀役・毎熊克哉に再注目「恋つづ」来生先生と重なる魅力・大河ドラマ2年連続出演で発揮する存在感<プロフィール>
    モデルプレス
  4. 「離婚しない男」藤原紀香、色気全開ハニートラップ連発 伊藤淳史との“キス”・添い寝…「カオス展開」と話題
    「離婚しない男」藤原紀香、色気全開ハニートラップ連発 伊藤淳史との“キス”・添い寝…「カオス展開」と話題
    モデルプレス
  5. 「離婚しない男」篠田麻里子&小池徹平が“チェリーキス” 新たな過激シーンに「すごい展開」「激しさ増してる」の声
    「離婚しない男」篠田麻里子&小池徹平が“チェリーキス” 新たな過激シーンに「すごい展開」「激しさ増してる」の声
    モデルプレス
  6. <来週のブギウギ あらすじ>トミが死去 山下は辞職を切り出す
    <来週のブギウギ あらすじ>トミが死去 山下は辞職を切り出す
    モデルプレス
  7. <さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~ 第7話>俊平、ドイツ名門交響楽団からオファー 天音の悩みが明らかに
    <さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~ 第7話>俊平、ドイツ名門交響楽団からオファー 天音の悩みが明らかに
    モデルプレス
  8. 「さよならマエストロ」鏑木(満島真之介)、涙ながらに怒号 俊平(西島秀俊)が下した決断とは
    「さよならマエストロ」鏑木(満島真之介)、涙ながらに怒号 俊平(西島秀俊)が下した決断とは
    モデルプレス
  9. <光る君へ 第8話>まひろ、“母の仇”道兼と対峙 道長の父・兼家が倒れる
    <光る君へ 第8話>まひろ、“母の仇”道兼と対峙 道長の父・兼家が倒れる
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事