小島瑠璃子、ディズニー声優初挑戦で「涙が出ました」<インクレディブル・ファミリー>

0
0
ディズニー/ピクサー最新作「インクレディブル・ファミリー」(8月1日より日本公開)のジャパンプレミアが25日、都内で行われ、ブラッド・バード監督、プロデューサーのジョン・ウォーカー氏、日本版で声優を務める三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、山崎智史、高田延彦、小島瑠璃子サンシャイン池崎が登壇した。
小島瑠璃子 (C)モデルプレス
小島瑠璃子 (C)モデルプレス
ヒーローのひとり・ヴォイド役で今作から出演する小島は、「ディズニー作品は弟と一緒にずっと観てきたので、お話をいただいて、こんな夢みたいなことあるんだと思いました」と声優出演の喜びを語り、「日本語吹き替えの声優もはじめてだったので不安もありましたが、試写を観たときに、エンドロールに自分の名前があって涙が出ました」と感激の涙を流したことを明かした。

サンシャイン池崎 (C)モデルプレス
サンシャイン池崎 (C)モデルプレス
ヘレクトリクス役の池崎もディズニー声優は初挑戦。「この話を聞いた時に、本当の意味で『イエェェーーイ!!』って言いました。いつものビジネスイェーイとは違う」と話して笑いを誘った。

フォトセッションでは、“イエーイ”を連発する池崎に乗っかり、ブラッド監督も「イエーイ!」と絶叫。夢のコラボに池崎は大感激だった。

ディズニー/ピクサー長編アニメーション20作目「インクレディブル・ファミリー」

(前列左から)山崎智史、黒木瞳、ジョン・ウォーカー、ブラッド・バード監督、三浦友和、綾瀬はるか(後列左から)高田延彦、小島瑠璃子、サンシャイン池崎(C)モデルプレス
(前列左から)山崎智史、黒木瞳、ジョン・ウォーカー、ブラッド・バード監督、三浦友和、綾瀬はるか(後列左から)高田延彦、小島瑠璃子、サンシャイン池崎(C)モデルプレス
今作は、アカデミー賞2部門に輝いた「Mr.インクレディブル」の最新作。ピクサー・アニメーション・スタジオが贈る長編アニメーション作品の記念すべき20作目で、家事も育児も世界の危機も、驚異のスキルと家族の絆で乗り越える、一家団結アドベンチャー。

一足早く全米で公開を迎え、全米歴代アニメーション作品のNo.1週末オープニング記録を更新。全米興行収入は602億円(7月18日付)を突破し全米歴代アニメーション作品No.1という偉業を成し遂げ、実写映画を含む歴代興行収入は「美女と野獣」を抜き、第9位にまで躍進中。(modelpress編集部)

(C)2018 Disney/Pixar.All Rights Reserved.
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 小島瑠璃子、ディズニー声優初挑戦で「涙が出ました」<インクレディブル・ファミリー>
今読んだ記事

小島瑠璃子、ディズニー声優初挑戦で「涙が出ました」<インク…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ディズニー情報」カテゴリーの最新記事