上戸彩の「すごく重要」演技を監督絶賛「応援したくなる」

【上戸彩・ズートピア/モデルプレス=3月24日】女優の上戸彩が24日、都内で行われたディズニーアニメ映画「ズートピア」(4月23日公開)の監督・プロデューサー来日会見に、お笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄らとともに登壇。主人公のウサギ・ジュディの日本語吹替えを担当する上戸の演技を監督がべた褒めした。
監督に絶賛された上戸彩(C)モデルプレス
監督に絶賛された上戸彩(C)モデルプレス
上戸彩(C)モデルプレス
上戸彩(C)モデルプレス

上戸彩「家族に自慢できる」

同作は、高度な文明社会を築いた動物たちが住む世界「ズートピア」を舞台に、夢を信じるウサギの新米警官ジュディと、夢を忘れてしまったキツネの詐欺師ニックが、ズートピアに隠された衝撃的な事件に迫る姿を描いた同作。上戸は、ヒロイン役が決まったときの心境を聞かれると「ジュディのお話をいただいたのが昨年の夏ごろになるんですけど、ちょうど私に新しい家族が増えたときだったので、家族に自慢できると思って、すごくありがたい気持ちとともに、お話を受けさせていただきました」と感慨深げに回顧した。

上戸の演技についてバイロン・ハワード監督は「アニメーションの中では声というものがすごく重要」と前置いた上で、「今回、上戸さんのような素晴らしい役者さんに演じてもらえて嬉しかったです」とコメント。「コメディ要素もあるので幅広い演技をしていただけるということで、声の演技からいろんな感情をこめていただきました。応援したくなるような声で、素敵な声の中にも決意や意欲が伝わってきましたね」と絶賛した。

上戸彩(C)モデルプレス
上戸彩(C)モデルプレス
高橋茂雄(C)モデルプレス
高橋茂雄(C)モデルプレス

高橋茂雄「『ドッキリやな』と思ってしまった」

一方、チーター・クロウハウザーの日本語吹替えを担当する高橋は「ディズニーの映画が決まったと聞いたときに、職業柄『ドッキリやな』と思ってしまった」と告白。「いつネタバラシをされてもリアクション取れるような覚悟で(レコーディングに)行ったら、本当にスタジオに入って声をいれて、そこでやっと実感が沸いて本当に嬉しかったです」と笑顔を見せた。

(前列左から)上戸彩、バイロン・ハワード監督、リッチ・ムーア監督、クラーク・スペンサー氏、高橋茂雄(後列)ズーラシアンブラス/(C)モデルプレス
(前列左から)上戸彩、バイロン・ハワード監督、リッチ・ムーア監督、クラーク・スペンサー氏、高橋茂雄(後列)ズーラシアンブラス/(C)モデルプレス

上戸彩が叶えたい夢とは

また、同作のストーリーにかけて、今叶えたい夢を聞かれ「今思い浮かぶのは、この『ズートピア』が大ヒットしてくれたらなという願いが、私の叶ってほしい夢です」と語った上戸は、「動物らしいモフモフな毛の動きだったり、一つひとつのアニメーションにお子様の皆さんは楽しんでいただけると思いますし、弱肉強食の世界でも偏見の目を持たず、みんな仲良くしようという内容も大人の方の心にも刺さると思うので、ぜひ劇場に足を運んでください」とアピールした。

このほか、同イベントにはリッチ・ムーア監督、クラーク・スペンサープロデューサー、金管五重奏のズーラシアンブラスも登壇した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 上戸彩の「すごく重要」演技を監督絶賛「応援したくなる」
今読んだ記事

上戸彩の「すごく重要」演技を監督絶賛「応援したくなる」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ディズニー情報」カテゴリーの最新記事