男性が虜になる“女性のギャップ萌え”5選 好きが溢れちゃう!

いつの時代になっても、男心をくすぐるのは“ギャップのある女性”。一時期「ツンデレ女子」が話題となりましたが、ほかにも男性がきゅんとするギャップ萌えがあるみたいです。今回は、男性が女性を「ますます好きになった」というギャップを5つご紹介。あなたもこんなギャップ萌えを作ってみては?
男性が虜になる“女性のギャップ萌え”5選 好きが溢れちゃう!/photo by GAHAG
男性が虜になる“女性のギャップ萌え”5選 好きが溢れちゃう!/photo by GAHAG

手際よく料理をする

「家に遊びに来た時、一通りの家事ができて感動した」(25歳/会社員)

「見た目ギャルなのに今までの彼女の中で一番料理が美味しくて惚れ直した」(22歳/大学生)


男性が嬉しい「ギャップ萌え」の中で、「料理が上手!」という答えがあります。

特に一度も実家を出たことがないのに家事全般ができたり、ネイルをしているのに手際よく料理を作ってくれたり…。

ちゃちゃっと手際よく料理を

おしゃれ女子なのに男前な趣味を持っている

「大型バイクを乗りこなす姿を見て、かっこよかった」(28歳/会社員)

「スムージーしか飲まないような子が、一緒にいて楽しいくらい大食いだった!」(20歳/学生)


「おしゃれな子」「美人」など「俺、彼女に合わせられるかな…?」と不安を抱いていた矢先に、男性が知った女性の男前なギャップ。

趣味はもちろん、食の部分でも気にしなくていいことがわかると、そのギャップにほっとするようです。

クールかと思わせて優しくて喜怒哀楽がある

「飲み会で人一倍無表情で怖かったど、周りへの気遣いが人一倍できていて素敵だった」(32歳/会社員)

「共通の話題が出た瞬間、とびっきりの笑顔が出て可愛かった」(22歳/会社員)


ギャップ萌えの代表と言えば、「クール」だった女性が真逆の一面を見せてくれた時。

第一印象で「ちょっとこの子はないかな」と思っても、そのギャップに気づくと思わず惹かれてしまうのだそうです。

ふとした時に見せる優しさに男性はキュン/photo by GAHAG
ふとした時に見せる優しさに男性はキュン/photo by GAHAG

いつも完璧だけど家ではリラックスムード全開

「いつもおしゃれなのに家ではジャージ姿で、安心した」(20歳/学生)

流行りに敏感で、洋服や持ち物に人一倍気を使っている女性。

一緒にいると、「自分も完璧でいなくては」と思い、精神的に苦しんでいる男性もいると思います。

でも、「外で完璧にしているのは、他人の目を気にしているから」と聞くとその見方も変わってきます。

自分の前で、いつもおしゃれでいてくれるのは嬉しいけど、ちょっとだらしない一面を見るのも嬉しいようです。

気がありそうだったのにそんな積極的じゃない

「連絡が2~3日に1回くらいしか取れない!逆に燃える」(19歳/会社員)

「自分に気がありそうだったのに、雑にあしらわれて闘争心に火が付いた」(30歳/会社員)


自分に気がありそうな女性に雑に扱われることで、きゅんとする男性もまれにいます。

女性の方から連絡を気のある連絡をしてくれたのに、連絡頻度が少ないと、「もっと構ってほしい」と思う男性もいるようです。

女性とのコミュニケーションをする中で、「駆け引きをされているのでは?」と考えながら、会話を続けるのも刺激的で楽しいのだとか。

ただ、このギャップ萌えにそ重要なのが、見た目!

特に「友達に連絡がマメ」と言われるような、真面目そうな女性が“連絡遅い系女子”だとより、そのギャップにノックアウトされるそうです。

ギャップ萌えを狙って好きなあの人を落とそう!/photo by GAHAG
ギャップ萌えを狙って好きなあの人を落とそう!/photo by GAHAG

ギャップ萌えをうまく使いこなして男性をキュンとさせよう!

男性の中には、ギャップ萌えをあざとく感じる人もいます。

もし、今回ご紹介した5つのタイプにあてはまらず、挑戦してみようという人は要注意!

無理に活用すると、かえって男性が引いてしまうかもしれません。

でも、自分でマイナスと思っている部分が、男性の心をくすぐる「ギャップ萌え」ポイントになるかもしれない…というのは嬉しいですよね。

ぜひ、あなたもマイナス面を隠さずに、男性に伝えてみてくださいね。

もしかしたら、そのマイナス面に男性が惹かれるかもしれませんよ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 男性が虜になる“女性のギャップ萌え”5選 好きが溢れちゃう!
今読んだ記事

男性が虜になる“女性のギャップ萌え”5選 好きが溢れちゃう!

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事