彼氏の欠点ばかりに目がいく時にすべき対策5つ│別れを回避するには…

【モデルプレス】「なんだか、最近彼氏の嫌なところにばかり目が行くんだよね」とつぶやく女性は多いもの。別れることさえ考え始めたとなると、女性同士だと話し合いが始まったりしますよね。彼氏の嫌なところばかり見てしまうとき、どうしたら良いのでしょうか?もし、同じ悩みを抱えている人に向けてするべき対策をご紹介します。
彼氏の欠点ばかりに目がいく時にすべき対策5つ│別れを回避するには…/photo by GAHAG
彼氏の欠点ばかりに目がいく時にすべき対策5つ│別れを回避するには…/photo by GAHAG

何度も同じことを言われるのは、気分よくない

彼氏の些細な行動が気になって、思わず彼氏に言ったことで、険悪なムードが漂ってしまった。

そんな経験をしたことがある人、きっといますよね。

1度言って彼氏が治さないと、逐一彼の行動に目が行って、一緒に過ごすのがおっくうになってしまいます。

ただ、あなたからしてみれば、「ちょっと意識してほしい」という思いで注意したとしても、彼氏は煩わしいと思う可能性も…。

そこで、常に彼氏の悪いポイントに目が行ってしまいうあなたに、心がけて置くと気分が楽になる視点を伝授します。

その1.自分の行動を見つめ直す

時間にルーズ、食べ方が汚い、言葉使いが悪い…。

彼氏が一般的なマナーを違反しているとつい注意してしまいますよね。

もしかしたら、あなたは時間も守るし、お皿は押さえて、音を立てて食べないし、言葉も汚くないかもしれません。

でも、「自分も昔はこうだったな」「私も、ここはできてないかも」と思うことはありませんか?

彼氏の行動で口うるさく注意しそうになった時、自分の過去を振り返ると妥協することができますよ。

その2.高望みをしない

テレビとかドラマとか漫画とか小説とか大好きな人にありがちなのが、この高望みタイプ!

かくいう筆者もこのタイプだったのですが、現実問題、二次元のキャラクターがリアルにいるのではないかと期待していると、彼氏の嫌なところばかりに目が行きます。

性格もよくて、必要最低限の気遣いができる男性なんて、めったにいません。

「二次元は、女性の理想を詰め込んだ虚構の存在リアル」と考えることでと、彼氏の嫌なところも受け入れることができますよ。

どうしても欠点に目がいくの…/photo by GAHAG
どうしても欠点に目がいくの…/photo by GAHAG

その3.彼氏の長所を思いだす

相手の嫌なところを見つけてしまった際、どうしても長所を見失ってしまいます。

あなた自身が遅刻したり、気分屋だっり、暴言を吐いても許してくれたということ、ありませんでしたか?

そんな過去を思い出すと、「懐の深い彼氏が傍にいる!」と彼氏を見直すことができますよ。

その4.自分は完璧?

相手に完璧さを求めているということは、あなたには非の打ち所がないということになってしまいます。

自分のことを棚に上げて、相手に完璧を求めてはいませんか?

「相手の嫌なところばかり見てしまう」というのは、内心彼氏を自分より下に見てしまっている気持ちがちょっとあるのだと思います。

まずは、「こんな男性じゃないと、自分にふさわしくない」という思いを払しょくするところから始めてみましょう!

その5.リフレッシュする!

彼氏の嫌なところが目に行く場合、自分の心が不安定な時が多いことがあります。

周りが結婚し始めて、友人の恋人と比べて、漠然と彼との将来が不安になって…。

そんな時は、リフレッシュすることが大切です。

友人と会ったり、1人の時間を作ったり、彼氏との関係を俯瞰的に見ることができる機会を作ると、彼氏の嫌なところも気にならなくなります。

切羽詰まった際は、ぜひ試してみてくださいね。

気にしちゃうのはそれだけ好きな証/photo by GAHAG
気にしちゃうのはそれだけ好きな証/photo by GAHAG

きっと彼氏が大好きだから気にしちゃう!

彼氏の悪いところに目がいってしまうのは、「この人とずっと一緒にいたい」という気持ちが強いことの証。

彼氏が周りから変な風に思われたら、ちょっとしたことで彼氏の悪口を言われたらいやだな…と思うがゆえだと思います。

でも、そこまで気にしなくても大丈夫。

友人の恋人もあなたの彼氏とそこまで変わりません。

どんな状況であっても、あなたの彼氏が一番かっこよく見えるはずですよ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 彼氏の欠点ばかりに目がいく時にすべき対策5つ│別れを回避するには…
今読んだ記事

彼氏の欠点ばかりに目がいく時にすべき対策5つ│別れを回避する…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事