男性の運気を上昇させるあげまん線って何?ポイントや見方をチェック

【恋愛コラム/モデルプレス】付き合った男性の運気をぐんぐんアップさせる「あげまん」ですが、手相に「あげまん線」があるのをご存知ですか?自分でも気付いていないうちに、あなたも男性の運気をアップさせているかも?そこで今回は、男性の運気をぐんぐん上昇させる「あげまん線」について見方や特徴をご紹介します。
男性の運気を上昇させるあげまん線って何?ポイントや見方をチェック/photo by GIRLY DROP
男性の運気を上昇させるあげまん線って何?ポイントや見方をチェック/photo by GIRLY DROP

あげまん線って一体どれ?

まず手相の主な線というと3本あり親指と人指し指の間にある太い線2本のうち、下が生命線で上から手のひらに伸びるのが頭脳線です。

そして小指の下から人差し指や親指の方向へ伸びている太い線が、「感情線」と呼ばれている線です。

そしてこの先端で三つ又に分かれている場合に、感情線を「あげまん線」と呼ぶのでぜひ探してみましょう。

ちょっぴり珍しいあげまん線ですが、もしあれば男性へのアピールとしても使えるので、目を凝らして見てみてくださいね。

右手と左手どっちを見るべき?

まず、手相を見る時に右手と左手どちらの手を見るのが正しい運勢を見ることが出来るのか知っているでしょうか?

手相というのは左手が持って生まれた運勢や才能を見る手相、右手が環境や努力などによって変化する手相だと言われています。

つまり、あげまん線を見るときには左手の手相を確認して、あればあげまんである可能性が高いと言えるでしょう。

もし右手にあげまん線がある場合は生まれ持ったものではなく、今までの生活で相手を幸せにしようと努力してきた結果なのかもしれません。

自分の手をじっくり見て確かめてみて(photo-by-Andrey-Kiselev/Fotolia)
自分の手をじっくり見て確かめてみて(photo-by-Andrey-Kiselev/Fotolia)

あげまん線の他にも「愛され線」に注目

あげまん線は男性の運気を上昇させる線ですが、もしなくてもがっかりする必要はありません。

実はあげまん線の他にも、女性があると嬉しい男性からの愛を受けられる「愛され線」というものがあるのです。

愛され線は左手の手首の上にある手のひらの膨らみに何本かある、斜めに走っている線を指しています。

この線があると周囲から注目されて愛されると言われており、モテる女性に見られる手相だと言われているのです。

珍しいあげまん線もある

実は先程ご紹介したあげまん線の他にも男性の運勢をアップさせる線もあり、それが「財運線」なのです。

財運線は薬指と小指の付け根から下方面にまっすぐ伸びる線で、これがあるとお金に困らないと言われているのです。

だから財運線がある女性と付き合った男性は、お金に困らずお金によって揉めるということが少ないと考えられています。

もしこの線があるのならあなた自身も何かとお金に恵まれているはずなので、それもあなたの魅力になるでしょう。

恋愛に関係する線は他にも多数

あげまん線や財運線の他にも恋愛に関係する線はたくさんあり、話のネタとしても面白いので注目してみましょう。

今好きな人がいないなら感情線の先端に、くっきりと上向きの線が出ているのならそれは新しく好きな人が出来る兆しのようです。

そして左手小指下の膨らみから手の平の中央に縦に入る生命線に向かって伸びるのは「影響線」と呼ばれ、これがあるとモテ期が到来するということになります。

もしいい感じの相手がいるのなら左手の生命線の親指側に線があるかどうか見て、もしあるのなら深い関係の彼氏が出来るとされています。

この他にも恋愛や結婚に関係する線はたくさんあるので、恋愛について悩んでいる時や気になる時はあげまん線以外も見てみてください。

あげまん線以外の恋愛線にも注目(Photo by Goodluz)
あげまん線以外の恋愛線にも注目(Photo by Goodluz)

唇の形で分かる彼の恋愛傾向4タイプ


いかがでしたか?

男性にあげまん線があるとアピールすれば、「付き合えば運気アップするかも?」と意識を向けることが出来るかもしれません。

もちろん手相だけで男性の気持ちを動かすことは出来ないですが、他の魅力と併せればあなたを魅力的に見せてくれるはずです。

女子会や飲み会でのネタとしても知っておいて損はないので、恋愛系以外の手相も調べてみると良いでしょう。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 男性の運気を上昇させるあげまん線って何?ポイントや見方をチェック
今読んだ記事

男性の運気を上昇させるあげまん線って何?ポイントや見方をチ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事