男性に「つまらない女性だな…」と思われないための5つの心得とは

【恋愛コラム/モデルプレス】男性に「つまらない女だな」なんて思われたらショックですよね。もしそう思われてしまったら、男性の興味はあなたから一気に離れていってしまいます。そうなる前に、つまらない女だと思われないための心得を学んでおきましょう。男性が離れたくないと思うような、素敵女子を目指しましょう!
男性に「つまらない女性だな…」と思われないための5つの心得とは(Photo by evgenyatamanenko)
男性に「つまらない女性だな…」と思われないための5つの心得とは(Photo by evgenyatamanenko)

ネガティブな話題ばかり話さない

会話の内容がいつもネガティブで暗い雰囲気になってしまうと、つまらない女だと思われる確率が高くなります。

たとえば人の悪口や自虐ネタばかりで自分を下げるような行為など、楽しくない話題ばかり振っていませんか?

会話する度にそれではつまらない女どころか、会話をしたくないと思われてしまう可能性もあります。

話題を選ぶときは周囲が楽しくなることや明るいニュースなど、盛り上がるポジティブなものにしましょう。

相手の話をきちんと聞くことでつまらない女を脱却

男性が自分のことを話しているのにそれを聞いていないと、つまらない女だと思われてしまうことも。

男性は自分を知ってほしくてあなたに話してくれているのに、それに興味がないという態度を取られたら悲しくなってしまいます。

それに話を聞いていないという事は興味がないからだと思われて、男性の興味もあなたから離れてしまうこともあります。

つまらない女を脱却するためには、まず相手の話をきちんと聞いて興味を示すことからスタートしてみてください。

つまらない女だなんて思われたくない!(Photo-by-prochkailo/Fotolia)
つまらない女だなんて思われたくない!(Photo-by-prochkailo/Fotolia)

リアクションをしっかりする

どんな話を振ってもリアクションが薄かったり毎回同じだったりすると、つまらない女認定されやすいと言えます。

そういう女性でいると「あの子に話してもリアクションないから」と、会話を諦められてしまうこともあります。

わざとらしいリアクションを取る必要はありませんが、せめて声のトーンを変えるとか毎回違うリアクションをするよう心がけてみてください。

どんなリアクションをしてくれるのか楽しみだと思わせることが出来れば、つまらない女だと思われることはありませんよ。

きちんと自分の意見を言うのもつまらない女脱却への道

男性の言うことに対して何でも肯定してばかりいると、つまらない女だと思われてしまうこともあります。

意見を否定されるのは嫌だと感じる人は多いですが、何でも肯定されると不安になってしまうことも珍しくありません。

だから男性の意見とは違う考えを持っているのなら、それを肯定した上で自分の意見もしっかりと述べてみましょう。

「そういう考え方もあるんだ」と男性が感じれば、あなたをもっと知りたいと思ってくれるためつまらない女だとは思われないんです。

楽しいことや新しいことを提案する

たとえばデートで行きたい場所やしてみたいことを聞かれても、常に同じ場所とか「何でも良い」という回答をしているとつまらない女だと思われます。

毎回ではなくても男性が楽しいと感じることや、やったことがない新しいことを提案して男性の気持ちを掴み続けることが大切です。

もしそういうことが思いつかない場合は、男性が提案してくれたことを思いっきり楽しんでくださいね。

変化の無い人はつまらない女認定されがちですから、出来るだけ普段からいろんなものに興味をもつ癖をつけるといいですよ。

男性が放っておかない素敵女子を目指して(Photo-by-paultarasenko/Fotolia)
男性が放っておかない素敵女子を目指して(Photo-by-paultarasenko/Fotolia)

デート中に避けた方が良い話題5選


いかがでしたか?

つまらない女だと思われないためには、男性とのコミュニケーションをしっかり取って何を求めているのか感じ取ることが大切です。

一緒にいるのにつまらないなんてお互いにとって苦痛でしかないですから、自分を変える努力をしてみましょう。

変わっていくあなたを見ればつまらない女だと感じていた男性も見直してくれるかもしれませんよ!(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 男性に「つまらない女性だな…」と思われないための5つの心得とは
今読んだ記事

男性に「つまらない女性だな…」と思われないための5つの心得とは

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事