手フェチ女子診断 あなたのフェチ度合いはどのくらい?

世の中には様々なフェチが存在しますが、女性で男性の手に憧れる「手フェチ」は多くポピュラーですよね。そんな手フェチですが、どのくらい男性の手に惹かれるかでフェチのレベルが変わるのです。そこで今回は、手フェチ度を1~5レベルでご紹介します。あなたの手フェチ度はどのくらいですか?
手フェチ女子診断 あなたのフェチ度合いはどのくらい?/photo by ぱくたそ
手フェチ女子診断 あなたのフェチ度合いはどのくらい?/photo by ぱくたそ

手フェチレベル1:長い指や手のひらの大きさにときめく

男性がグラスを持っている仕草やスマホを使っている仕草をしている時、その長い指や手のひらの大きさに男性らしさを感じることはありませんか?

それを見て男性にも魅力を感じるのであれば、あなたの手フェチ度は最も軽いレベル1程度であることが分かります。

長い指や大きな手のひらは男性特有のものであり、女性が憧れを抱く対象なので注目してしまうのは珍しいことではありません。

手から男性自身にすぐ興味が移るということは、その手を持っているから好きなのではなく手が意識するきっかけになっただけに過ぎないのです。

手フェチレベル2:ゴツゴツと骨ばった手に触れられたい

手フェチ度が1段階アップしたレベル2は、見ているだけでドキドキするだけではなく「触れられたい」と強く感じます。

その手でぎゅっと抱きしめて欲しいとか、腕を掴んで欲しいと手でして欲しいことを想像するのは男性と手の両方に興味があるからです。

もちろん手フェチ度としては低めなので、手から感じる男らしさに惹かれていて本当の興味は男性自身にあることが多いでしょう。

「その手でなければ嫌」ではなく「その手を持っているあの人だから良い」と考えるのが、この手フェチレベル2の特徴かもしれません。

あなたはどのくらい手がお好き?(Photo-by-eevl/Fotolia)
あなたはどのくらい手がお好き?(Photo-by-eevl/Fotolia)

手フェチレベル3:つい男性の手に自分から触れてしまう

レベル2に比べ手と男性の両方に興味を持つのが、手フェチレベル3程度の女性の特徴です。

「触れて欲しい」ではなく「自分から触れたい」と感じ、男性の手自体に強い興味を持っている状態なのです。

実際に触れて自分の手と比べてみたり大きさを確かめたりしてうっとりするのなら、あなたは完全に手フェチだと言えるでしょう。

もちろんその手を持っている男性にも興味があるので、手と男性自身両方を好きになることが多いようです。

手フェチレベル4:手だけを見てその男性を好きになったことがある

かなり高レベルの4段階目は、手だけを見てその男性に恋をしたことがあるという手フェチ度を指します。

男性のことはあまり知らなくても手を見た瞬間にドキッとして、それが頭から離れないという状態になってしまう人もいるのです。

だからその手を求めて男性にアプローチをして、自分の近くに置いておける状態まで頑張るという努力家の女性もいます。

手だけを見ているので基本的に顔や性格はあまり気にせず、男性の魅力は全て手に詰まっていると考えている手フェチのプロとも言える存在です。

手フェチレベル5:手以外の部分が見えなくてもいい

最後に手フェチの最高レベルである5の女性は、手だけでも興奮できるというかなりマニアックなタイプです。

手以外の部分が隠れていたとしても、その手に魅力を感じていれば付き合うことが出来るくらい手への執着が強いでしょう。

顔や中身はほとんど気にしないので、毎回付き合う男性のタイプが違い周囲を驚かせることもあるはず。

男性は次第に愛されているのが自分自身ではなく手だけだと感じてしまい、女性から離れて行ってしまうこともあるのです。

手フェチを理解してくれる男性を探してみて(photo-by-Andrey_Arkusha/Fotolia)
手フェチを理解してくれる男性を探してみて(photo-by-Andrey_Arkusha/Fotolia)

彼の兄弟構成から分かる恋愛傾向


いかがでしたか?

あなたの手フェチ度はどのくらいのレベルだったでしょうか?

レベル5になると手が相手の良し悪しを決めるものになってしまうので、性格や生活が合わずに上手くいかないことも多いようです。

同じようにフェティシズムを追求している男性とであれば、理解し合えるので仲良くやっていける可能性があるかもしれないですね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 手フェチ女子診断 あなたのフェチ度合いはどのくらい?
今読んだ記事

手フェチ女子診断 あなたのフェチ度合いはどのくらい?

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事