男性が考える「本命女性」と「二番目ポジション女性」の違いとは? (photo by michaeljung/Fotolia)

男性が考える「本命女性」と「二番目ポジション女性」の違いとは?

2016.11.06 16:00
0
0

好きな男性が出来たからには、その人の本命女になりたいもの。都合よく利用されてしまう二番目ポジションの女性だけは避けたいですよね。では一体、どんな女性が男性の本命になりやすいのでしょうか?今回は本命になりやすい女性の特徴から、二番目ポジションになってしまう女性との違いも一緒に紹介します。

穏やかに過ごせる女性は本命になりやすい

かまって欲しい、わがままを聞いて欲しいという可愛さが許されるのは最初だけ。

付き合いが長くなってくると、そういった一面が男性にとってはうざったく感じてしまいます。

それが続く女性は二番目ポジションになりやすく、本命として見てもらえる可能性が低いです。

わがままは程々にして、男性の気持ちを尊重し自分を出しすぎないようにしましょう。

それが本命女性に近づく第一歩になりますよ。

好きなことを極めている女性は本命になりやすい

好きなことを極めて、それに関する知識を持っている女性に男性は「この子はどんな事を知っているのだろう」という面白さを感じます。

デート中の会話も弾みますし、話していて飽きることがありません。

一方で、二番目ポジションの女性は好きなことが“恋愛”になってしまっている部分があるため、どことなく会話が続かなくなってしまいます。

そうなると、内面を見てもらう機会がどんどん減っていき、本命女性への道が絶たれてしまうことも。

男性との仲を深めるコミュニケーションの一つとして、好きなことを極めることを意識してみると良いですね。

冷静になれる力がある女性は本命になりやすい

ケンカなどでぶつかり合った時、一方的に怒鳴ってくる男性には女性も疲れてしまいますよね?

それと同じように、感情的になってヒステリックに怒りをぶつける女性に疲れてします。

こういう状況に陥った時、一呼吸置いて冷静になれる力を持った女性に男性は魅力を感じ、何があってもこの子となら乗り越えられると思えるそう。

自分の感情をきちんとコントロールして、心のバランスが取れるように意識をしてみましょう。

責めすぎる女性は魅力が激減! (photo by WavebreakmediaMicro/Fotolia)
責めすぎる女性は魅力が激減! (photo by WavebreakmediaMicro/Fotolia)

自分の予定を大事にする女性は本命になりやすい

男性が追いかけたくなる本命女性は、自分の予定を大事にしています。

恋愛ばかりにならず、友達と会ったり趣味に没頭したりとやりたい事を自由にやって毎日を過ごしているため、男性がその生活を知りたくなるんだとか。

一方で二番目ポジションの女性は、恋愛ばかりにのめり込んでしまい、他の予定がどうでも良くなってしまう傾向があります。

好きな男性が出来ても、できる限り生活リズムを変えないように過ごしていくと、本命女性として惚れてもらえるかもしれません。

人間力がある女性は本命になりやすい

本命に選ばれやすい女性の最大の特徴は人間力があるということ。

男性が安心する包容力や優しさといった部分を持っているため大切にされやすいです。

二番目になってしまう女は、反対に見た目の女子力が高いことが特徴に挙げられます。

このタイプの女性も本命と同じように男性が寄ってくるのですが、関わってみて中身が思っているのと違った…とガッカリしてしまうこともあるそう。

しかし、可愛いからキープはしておきたいという考えが浮かぶため、結果二番目止まりとなってしまいます。

一途に想ってもらえる本命女性を目指そう (photo by stanislav_uvarov/Fotolia)
一途に想ってもらえる本命女性を目指そう (photo by stanislav_uvarov/Fotolia)
本命女性と二番目ポジション女性、それぞれ比較して見てきました。

これらをきちんと理解しておけば、大好きな男性の二番目ポジションになることを予防することができます。

悲しい恋にならないよう、徹底的に意識してアプローチをしましょう。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. エイベックス通信放送株式会社

「コラム」カテゴリーの最新記事

  1. 愛カツ
  2. 愛カツ
  3. lamire〈ラミレ〉
  4. 愛カツ
  5. 愛カツ
  6. lamire〈ラミレ〉
  7. 愛カツ
  8. 愛カツ