【恋愛コラム/モデルプレス=1月13日】気になる彼に送ったLINE。どんだけ時間が経っても返ってこないと、「何か不味いこと言っちゃったかな?」「嫌われちゃったかな?」と不安になりますよね。逆に、送ってからすぐに返信が返ってくると嬉しいもの。テンポよく会話が続くことで、より彼との仲も深まっていくことでしょう。そこで今回は、そんな男性が思わず即レスしちゃうような男心くすぐるLINEをご紹介。「絵文字」や「記号」は少なめ、「丁寧」な言葉遣いなど、7つのポイントを心得て、彼のハートをゲットしちゃいましょう。
即レスしちゃう!男心くすぐるLINE7つ(Photo by Tara Moore/gettyimages)
即レスしちゃう!男心くすぐるLINE7つ(Photo by Tara Moore/gettyimages)

「絵文字」「記号」は少なめ

「普段はおとなしいのに、LINEで絵文字や記号を使いまくっていると、ドン引きしてしまう。読みにくいし、『この人といると疲れそうだな』と、恋愛対象外にしてしまう」(29歳・司法書士)

「絵文字や記号の少ない女性は、『落ち着いていて素敵だな』と思う」(23歳・飲食業)

音符マークや、ニコニコした顔文字など、必要最低限のものに留めた方が男性からの印象は良いようです。

「丁寧」な言葉遣い

「LINEは手紙と同じようなもの。言葉遣いが丁寧なほうが、心に響く」(28歳・薬剤師)

「硬い文章である必要はない。正しい日本語を使っていれば、好感度がアップする」(24歳・司書)

「ら抜き言葉」「マジ」といった乱暴な言葉は、使わないようにしましょう。それだけで、他の女性に差をつけることができるはず。

「お決まりのスタンプ」を使う

「色々なスタンプを送ってくる子は、あまり落ち着きがないように見える」(28歳・アパレル)

「毎回、同じキャラクターのスタンプを送ってくる女性がいい。『この子は、このキャラが好きなんだなあ』ということが分かるから」(23歳・大学院生)

スタンプはバリエーション豊富。たくさん持っている人も多いのでは?ですが、お決まりのスタンプを使った方が相手からの印象は残しやすいよう。自分のイメージに合ったものを選べば、愛され度がアップするはずですよ。

冒頭は「挨拶文」

「メッセージの冒頭に『おはようございます』と付いているだけで、なんだかホッとする」(26歳・出版)

「『こんにちは。今日も寒いですね』のように始まるメッセージには、安心感がある。これがなくて、急に本題に入るようなメッセージは、読む気が失せる」(22歳・大学生)

日常生活でも、挨拶がしっかり言える人は、誰からも信頼されますよね。LINEも同じです。挨拶文は欠かさないようにしましょう。

「ポジティブな話」をする

「LINEで愚痴を言われると、『彼氏でもないのに、どうして聞かなくちゃいけないんだ?』と思ってしまう。逆に、『仕事で良いことがあった』のような話はグッド。気持ちが明るくなる」(22歳・アルバイト)

「面白かったことや嬉しかったことは、どんどん報告してほしい。『明るくていい子だな』という印象になる」(27歳・美容師)

「相手を喜ばせること」を第一に考えましょう。そうすれば、ポジティブな話ができるはずです。

相手を「気遣う」

「風邪を引いたとき、LINEに『大丈夫?お大事に』というメッセージがくると、すぐに惚れてしまう」(20歳・専門学生)

「『お仕事お疲れさま』や『無理しないでね』といったメッセージを読むと、すごく癒されるし、明日への活力になる」(24歳・営業)

気遣いのできる人は、誰からも愛されるもの。早速、気になる人にメッセージを送ってみてくださいね。

「食事の風景」を送る

「LINEでペットや自撮りの写真が送られてくると、反応に困る。けど、食事の風景ならOK。『美味しそうだな~いいな~』とニヤけてしまう」(24歳・教師)

「食べ物の写真が送られてくると、『俺と一緒に食べたいのかな?』とニヤニヤしてしまう」(29歳・不動産)

写真を送るなら、食事の風景が一番。男性をその気にさせることができるのです。

もっと彼と仲良くなるために…(Photo by Andres Rodriguez/Fotolia)
もっと彼と仲良くなるために…(Photo by Andres Rodriguez/Fotolia)
いかがでしたか?

普段何気なく使っているLINE。

ですが、そのままでは好感度アップは難しいかもしれませんよ。

ぜひ、これらの項目を参考にして、彼との仲を深めていきましょうね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 即レスしちゃう!男心くすぐるLINE7つ
今読んだ記事

即レスしちゃう!男心くすぐるLINE7つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事