彼ママに「お嫁に来てほしい」と思わせる5つのポイント

お付き合いが長くなってくると、彼の家族とご飯に行くなど家族ぐるみの交流も避けては通れない道。 彼の家族に会うのはドキドキですが、彼ママとの付き合いは特に緊張しますよね。

今後のことも考えると、ぜひ好印象を残したいものです。今回はそんな彼ママと初めて会うときに気をつけたいポイントをご紹介します。

服装

服装は清楚にしましょう。これはマストです。

「自分の好きな格好で行ったほうが分かってもらえていいんじゃないの?」とお考えの皆様、ちょっと待ってください。

初めて会う彼ママの趣味を見極めるのは大変困難です。個性的な格好をしていくよりも、万人うけする服装にしていたほうが安心。

初回は清楚な服装とお嬢さん風メイクで彼ママの心をつかみましょう。

手土産

彼の実家にお呼ばれしたときには、ぜひ手土産を持っていきましょう。

自分の出身地が彼と異なる場合には、地元の銘菓を持っていくのも覚えてもらえやすいので、効果的です。

ミーハーな彼ママであれば、話題になっているスイーツや、期間限定商品なんかもおすすめですよ。どうしても選べない人は彼ママ世代の雑誌に目を通してみましょう。興味を引くお店が分かるかもしれません。

苦手なものや、アレルギーがないか、といったことは事前に彼にリサーチしておきましょう。

また渡すときには、冷蔵庫に入れる必要のあるものなのかどうか伝えるのもお忘れなく。

会話

彼を褒めちぎりましょう。「普段は…だけど実は優しいですよね」といった感じです。

きっと彼ママも「この子分かってるわ」となるはず。

あなたの好きな彼をずっと育ててきた彼ママ。感謝の気持ちもこめて会話を楽しみましょう。

そもそも彼を好きな二人なのですから、彼についての会話は自然と盛り上がりますよ。

さらに彼が横にいて一緒に話を聞いている場合、照れているかもしれませんが、内心は喜んでいること間違いなしです。

アクセサリー

今回、アクセサリーをつけるのはやめておいた方が無難かもしれません。

どうしてもつけたい場合でも、小振りのものやシンプルなものにとどめておきましょう。

そのままの美しさを出していけば、アクセサリーに頼らなくても十分魅力的です。

アクセサリーをつけずに行き、彼ママに「胸元が寂しいわね。今度ネックレスをプレゼントしたいわ」と思ってもらえるような可愛い女の子でいたいもの。

つい忘れがちですが、ネイルも清潔感のあるものにしておきましょう。

最低限のマナープラスワン

家に上がったら靴をそろえる、外で食事をする場合にはひざの上にハンカチを広げる、といった最低限のマナーは守っておきたいです。

さらに何かプラスワンの行動が出来たなら、彼ママのあなたに対する好感度も上がることでしょう。

例えばご挨拶の際に30度くらいの綺麗なお辞儀が出来たり、翌日もう一度訪問のお礼の電話か手紙が出せたり、といったことです。

また焦らず、普段より丁寧に行動するよう意識するだけでも、自然とゆっくりとした動作になり、所作も美しく見えますよ。

いかがでしたか。

初めての訪問は緊張しますが、きっとそんな緊張しているあなたの様子を見て彼ママもほほえましく思ってくれるはずです。

「常識のあるいい子なのね、お嫁に来てほしい」と思ってもらえたら嬉しいですよね。

上記の5つのポイントに気をつけて、彼だけではなく彼ママにも愛されるモテ女子を目指しましょう。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 彼ママに「お嫁に来てほしい」と思わせる5つのポイント
今読んだ記事

彼ママに「お嫁に来てほしい」と思わせる5つのポイント

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事