男性を落とす「究極の一言」6つ

【モデルプレス】黙々と仕事に取り組み、あまり冗談を言わないタイプの男性、いますよね。 男性経験の少ない女性だったら、「真面目すぎるところが玉にキズ」と思うかもしれませんが、経験豊富な女性からすると、「そろそろ落ち着きたいから、真面目な人がいい」と思うことでしょう。

そこで今回は、真面目男性を落とす「究極の一言」をリサーチ。6つの項目にまとめました。

男性を落とす「究極の一言」6つ(Photo by olly/Fotolia)
男性を落とす「究極の一言」6つ(Photo by olly/Fotolia)

1.「いつも応援しています」

「『さすが』や『すごい』という言葉は、全然心に響かないし、やる気に繋がらない。『いつも応援しています』と言われると、やる気が漲る。『この子のために頑張ろう』と思う」(25歳・教師)

「どんなに真面目でも、誰かの支えがなくては、何かを成し遂げるのは不可能。『いつも応援しています』と言ってくれる女性がいたら、どんな困難にも立ち向かえる」(27歳・銀行員)

遠慮せず、どんどんエールを送りましょう。後々、「君のおかげで頑張ることができた。食事にでも行かない?」と誘われることがあるかもしれませんよ。

2.「今、関心があるニュースは?」

「食堂で『今、関心があるニュースは?』と聞いてくれた同級生。議論をするのが好きだから、『僕は○○に関心があるんだけど、君はどう思う?』と聞いた。すごく盛り上がった」(21歳・大学生)

「『今、関心があるニュースは?』と聞かれると、『僕の考え方に興味があるんだな』と自惚れてしまう」(24歳・事務)

自分も意見を言えるように、新聞やテレビのニュースをしっかり見ましょう。「この子は物事を深く考える子だな」と思われれば、二人の距離は急接近するはずです。

自分自身もしっかり情報をインプットしておく必要が(Photo by Dmitry Fisher)
自分自身もしっかり情報をインプットしておく必要が(Photo by Dmitry Fisher)

3.「最近読んだ本は何ですか?」

「読書家として、『最近読んだ本は何ですか?』と質問されたい」(29歳・自営業)

「好きな作家の話だとディープすぎるから、『最近読んだ本は?』と聞いてもらえると、話がしやすい」(22歳・新聞社)

真面目な男性は、本を読むことが好き。そして、ひそかに「本の話ができる女性と付き合いたい」と思っています。本を読む習慣をつけましょう。

4.「それ(実用品)、素敵ですね」

「僕の名刺ケースを見て、『それ、素敵ですね』と言ってくれた女性。見る目があっていいなあ、と思った」(24歳・出版)

「自慢のペンを使っているとき、『それ、素敵。どこで買ったんですか?』と聞かれたい。絶対に有頂天になる」(26歳・不動産)

真面目な男性は、ファッションよりも、実用品にこだわりを持っています。それに気づいてあげられれば、あなたの株が急上昇することでしょう。

5.「門限がありますので」

「飲み会中、実家暮らしの女性が『門限がありますので、先に帰ります』と言っているとグッド。『真面目で信頼できる女性』という印象になる」(28歳・司書)

「『門限がある』と言っている人が好き。周りに流されず、自分をしっかり持っていそう」(19歳・大学生)

真面目な男性と付き合うには、自分も真面目になることが大切。実家暮らしの人は、「門限がある」ということにしておきましょう。

どんなに盛り上がっても「門限」を理由に帰って真面目をアピール(Photo by xiangtao)
どんなに盛り上がっても「門限」を理由に帰って真面目をアピール(Photo by xiangtao)

6.「○○(偉人)に雰囲気が似ていますね」

「『背が高くて、坂本龍馬に雰囲気が似てますね』と言われたとき、すごく嬉しかった。自分に自信がついた」(23歳・大学院生)

「女友達に『土方歳三に雰囲気が似ていますね。目元が特に』と言われ、胸キュン」(30歳・歯科医)

偉人に詳しい真面目男性だからこそ、心を動かすことができるのです。歴史の教科書を読み返して、「誰に似ているかどうか」を探してみるのもオススメです。

いかがでしたか?

真面目男性のハートをゲットするのは、それほど難しいことではないのです。これらの一言が自然に言えるよう、自宅で練習してみてはいかがでしょうか?(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 男性を落とす「究極の一言」6つ
今読んだ記事

男性を落とす「究極の一言」6つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事