「イケる!」と思わせて彼から誘わせる甘え方5例

【モデルプレス】 明らかに自分に好意を持ってくれている相手であっても、なかなか誘いをかけてきてくれないと、待ちきれなくて自分から誘ってしまっていませんか? 自分から誘ってOKをもらうのと、相手から誘われてOKするのとでは、その後のつきあい方にも影響が出ることがあります。

「イケるかも?」程度ではなかなか行動に移せない慎重な男性を「イケる!」と思わせて、誘わせるには女子が上手に甘えて見せる必要があるのです。そのコツを5つご紹介します。

1.「寂しい」をアピール

「寂しい」という言葉や態度はその裏に、「だから誰かにそばにいてほしい」という気持ちが隠されているもの。特定の男性に対して「寂しくてね…(誰かにそばにいてほしいの)」と甘えを漏らせば、彼は「それなら俺が」となりやすいのです。ここで気をつけるのが、ただ闇雲に、寂しいを連呼しないこと。恋人や友だち、ペットなどとの別れを思い出して語ったり、ふとした時の仕草に寂しさを含ませたりくらいのほうが効果的です。

2.「フリー」をアピール

男性が安心して女子を誘うには、その女子が「フリー」であることも重要なポイント。でも、「フリーだから今は積極的にハンティングしています」と表に出していたら、誘いをかけてくれる男性は限られてしまいます。男性はハンティングされるよりハンティングしたいものだからです。そこで、「フリーではあってもゆっくり自分に合う人を探している」という態度を取るのが無難。彼もフリーであれば、やはり自分に合う人を探している最中かも。「一緒に探そうね」「気が合うね」というセリフをうまく使ったり、「フリー同士だね」と甘えてみましょう。「じゃ、場所を変えてもう少し話そうか?」となるかもしれません。

3.「好感」をアピール

彼に対して好感を持っていることを言葉や態度で示しましょう。それでも、あまりに真正面から「素敵ですね」「格好いいですね」「好みです」というセリフだと引かれてしまう可能性があります。上手に甘えるには、彼の一部や持ち物に対する好感度をアピールするのがコツ。「素敵な髪型ですね。どこの美容院ですか?」「そのキーホルダーかわいいですね。どこで買ったんですか?」などの会話から、「そのお店、すごく興味あります」「住所教えてください」と甘えてみましょう。男性としては「じゃ、連れて行ってあげるよ」と言いやすい状況ができあがりますね。

4.「特別」をアピール

「こんなに話が合う人初めてです」「すごく趣味が合いますね」などのセリフは、話の内容が少しでも重なった時に言うことで特別感を伝えることができます。その上で、「一緒にいると楽しい」「話がおもしろい」などとつなげながら、「○○さんは特別」と彼との距離を縮めていきましょう。彼がもっと話をするためのデートに誘いやすい状況を作ることができます。

5.「ムード酔い」をアピール

飲み会などでは酔いも手伝って、誰もが普段よりも距離感が近くなります。酔いや場の雰囲気などから作られるムードに自分からはまり込んで、「なんだか気持ちよく酔っちゃった」と甘い態度や口調で彼に近づいてみましょう。そんなセリフ、お酒の力やムードがきっかけになって、彼も誘い文句を口にしやすくなりますよ。

いかがでしたでしょうか?

男性もOKがもらえそうにない相手に声をかけるのはためらいます。だからといって、誰にでもOKと言いそうな相手には本気の誘いはかけてきません。そのため、誘われたい側の女子としては、「誰でもいいわけじゃないの」「あなたに誘われたいの」という信号を送る必要があります。ご紹介した甘え方でアピールすれば、男性が持つ不安を消したり小さくすることができて、「よし!」と誘いの声をかけやすい状況を作れますよ。試してみてくださいね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「イケる!」と思わせて彼から誘わせる甘え方5例
今読んだ記事

「イケる!」と思わせて彼から誘わせる甘え方5例

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事