【モデルプレス】デート仕様のメイクで、女性が特に気合いを入れるのがリップ。 様々なブランドや色の口紅やグロスを買うのだって女としての立派な嗜みです。

けれど近頃、その口元で損している女性が後を絶ちません。

これ以上男性をがっかりさせないよう、本日は男性が「なし!」と感じるリップについて知っておきましょう。

もしかしてあなたの唇もこんな風になっていませんか?

1.歯に口紅が付いている

「最初見た時、血?って思ったら口紅だった。ビックリするからやめて!」(学生・23歳)

「歯の口紅って、結構気づいてない子多い。もちろん男から見てなし」(コンサルタント・30歳)

彼との会話中にふいに歯を見せたら口紅がベタッ…これじゃあ、せっかくの素敵な笑顔も台無しです。化粧の後は歯に口紅が付いていないかまで、しっかり確認しておきましょう。

他にも未然に防ぐ方法として、リップメイクの後に軽くティッシュオフすると、歯紅のリスクを軽減できます。濃い目の口紅を使用している方は、くれぐれもこのハプニングに注意してくださいね。

2.唇が荒れていてガサガサ

「不健康そうだし、食生活とか色々と荒れてそう…」(不動産・25歳)

「荒れている唇でキスしようとは思わない。スッピンでもせめてリップクリームは塗って欲しい!」(アパレル・29歳)

男性を虜にするプルプルリップとは真逆の唇。痛々しそうな見た目では、男性の恋の琴線にかすりもしません。それに、唇は女性の顔の中でも、特にセクシャルなイメージが強いパーツ。

それを最初からダメにしているなんてもったいなさすぎると思いませんか?スキンケアと同様にリップケアも習慣にして「セクシー」と思われるリップの土台作りを始めるべきです。

3.リップの色が明らかに浮いている

「その子の雰囲気や顔色と合ってないと悪い意味で口元ばっかに目がいっちゃう」(システムエンジニア・29歳)

「何でその色チョイス?と、センスを疑いたくなります」(スタイリストアシスタント・22歳)

他の要素は無視して好きな色をそのままつけてしまうと、ちぐはぐな見た目になってしまいます。リップが主役なら他の部分はそれに合わせ、リップが主役じゃないならお洒落を引き立てる色を選ぶようにしましょう。ポイントメイクは全体とのバランスが命です。

4.グロスで唇テカテカ

「自分の口にも付きそうだし、絶対キスしたくない!食われそうで怖い…」(学生・19歳)

「キスしたらぐちょってなりそうで嫌。ケバイし全く可愛く見えません」(エディトリアルデザイナー・28歳)

デートの時に欠かせないグロスもやり過ぎてしまえばただのホラー。可愛いどころか汚く見えて男ウケも最悪です。女性はグロスにこだわる方が多いですが、決して塗りたくらないようにしてくださいね。それに今はリップもナチュラルな方が断然モテるようですよ。

5.食べカスが付着している

「友達ならいじれるからいいけど、もしそれが彼女だったら正直幻滅します」(フリーター・21歳)

「清潔感のない唇はダメ。食べカスが付いてるなんて問題外です」(マスコミ・34歳)

「さっき食べたご飯、唇に付いてるよ?」こんなセリフ、間違っても男性に言わせてはいけません。本来ならこれはデート中に絶対見せてはいけない姿です。第一、食べカスの付着なんて、食事の後に鏡で顔をチェックすればすぐに済む話。ズボラで食い意地が張っている…なんて印象を持たれないよう、口元の汚れには細心の注意を払いましょう。

いかがでしょうか?

キスをする時だって、会話をする時だって唇はよく見られているんです。今日からリップへの意識を高めて、さらに魅力的な女性を目指していきましょう。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - キスしたくない残念女子のリップ5つ
今読んだ記事

キスしたくない残念女子のリップ5つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事