「温泉旅行」で愛を深めるコツ5つ

【モデルプレス】寒くて凍えてしまいそうな季節。外出するのが億劫になりますが、こんなときは、心も体も温めてくれる温泉旅行にカレと出掛けてみてはいかがでしょうか? 今回は、「温泉旅行で愛を深めるコツ」を調査。5つの項目にまとめました。

1.部屋に着いたら「お茶」をいれてあげる

「旅館の部屋で彼女がお茶を入れてくれるといつも以上に嬉しいし、癒される」(30歳・男)

道中の旅で疲れて部屋に着いたら、まずお茶をいれてあげましょう。ほとんどの旅館には備え付けのお茶や急須が用意されており、お茶菓子が用意されているところもあります。手際よくぱぱっと準備し「どうぞ」と労るようにカレに差し出せば、あなたの優しさと旅館という非日常的空間に癒やされることでしょう。きっといつもはできないような話も出来るはず。

2.「露天風呂付きの部屋」で恥じらう姿を見せる

「やっぱり、露天風呂付きの部屋が一番燃えるし、部屋からお風呂へどんなふうに彼女が入るのか気になって見ちゃう」(28歳・男)

露天風呂つきの部屋は、二人だけで裸の付き合いが存分に楽しめるので、愛は深まりますよね。そして、女性が恥じらいながら浴衣を脱ぐ姿にぐっとくる男性が多いよう。決して家にいる時のように雑に服を脱ぐのはやめましょうね。ゆっくり、ゆっくり、焦らしましょう。

3.カレに「浴衣」を着せてあげる

「温泉に入った後、彼女に浴衣を着せてもらえて、すごく照れた。けど、嬉しかった」(25歳・男)

「浴衣を着せてあげたとき、新婚さんみたいな気分になった」(26歳・女)

浴衣を着せるのはもちろんのこと、乱れた浴衣を直してあげるのもグッド。帯を結んであげるときなどは、まさにカレの腰を触ることになります。普段してもらうことのない触れ合いにカレはドキドキしてしまうことでしょう。

4.「お土産」は相談しながら決める

「家族へのお土産を、カレと相談しながら決めるのが楽しい」(21歳・女)

「別行動でお土産を買うのは、なんだか寂しいもの。常に彼女と一緒にいたい」(26歳・男)

お土産も、二人で仲良く選びましょう。お互いの交友関係を知るキッカケにもなりますし、記念にお揃いのお土産を買うのも良いですね。

5.夕食の2時間後、「お楽しみ」の時間

「エッチは夕食の2時間後が基本。旅館の食事は多いから、すぐにエッチすると気持ち悪くなる」(24歳・男)

「夕食後は胃を休め、しばらくしてからお楽しみの時間」(28歳・女)

食後すぐは体が消化活動を行っているため、過度な運動は控えたほうが良いでしょう。「すぐにエッチしたい」と思わず、まったり過ごした後、ことに至りましょう。

いかがでしたか?

非日常体験ができる温泉旅館。二人だけの素敵な思い出が作れると良いですね。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「温泉旅行」で愛を深めるコツ5つ
今読んだ記事

「温泉旅行」で愛を深めるコツ5つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事