デート中にやってはいけない「幻滅される行動」5つ

【モデルプレス】デートの後から何だか連絡が減ったと感じた事ありませんか?それは気付かないうちに幻滅されているからかもしれません。 そこで今回は、「デート中にやってはいけない『幻滅される行動』5つ」をご紹介いたします。

1.過去の男の話

デートをしている時に、過去の恋愛話になる事もあると思いますが、話し過ぎてはいけません。

ついつい盛り上がって色んな事を話し過ぎてしまった挙句、元カレの悪口や元カレとの性生活に関する事を話した時は、幻滅されてしまいます。下品な話になる前に話をうまく切り上げる技を身に付けましょう。

2.電話にしっかり対応

デート中、自分の電話が鳴った時、電話に出て「今、外だからまた帰ったら電話するね」と早めに切る分にはOK。

しかし、「どうしたの?」と用件を聞いてから、「後でかけ直すね」と言うまでの時間が長い場合や、「今、話す事?」と思われる内容の時は、不快な気分にさせてしまうので幻滅されてしまいます。

緊急の用なら仕方ないですが、今でなくても良い話の場合は待ってる彼を優先しましょう。

3.お店への文句ばかり

食事をしている時に、店員さんへの態度に対して文句を言ったり、「これ美味しくないね」と料理に文句言ったり、とマイナスな発言ばかりしてしまうのはドン引きされる原因です。

お店選びを慎重にする事も大切ですが、マイナス発言で雰囲気が悪くなってしまわぬよう空気を読むように心掛けましょう。

4.酒癖

お酒が入ると絡んだり、言葉遣いが乱暴になったりする人は要注意です。ほとんどの男性は、酒癖の悪さに引いてしまいます。

酔っている本人はなかなか気付かない「酒癖」ですが、周りの友達に確認しておきましょう。周りの友達から、酒癖悪いと言われているのなら、デート中はお酒を控えた方が良いかもしれませんね。

5.ムダ毛ハプニング

冬だからといってムダ毛処理に気を抜いていてはいけません。食事の時に腕をまくる等、無意識にしている行為で未処理部分は簡単に見つかっちゃいます。

男性は女性を美化しており、ムダ毛を発見されて引かれてしまうのはよくある話です。特にデート前のムダ毛処理は念入りに行いましょう。

いかがでしたか?

1度幻滅されてしまったら、それから恋愛に発展することは難しくなってしまいます。デートに向けての準備やお互い楽しめるデートを心掛けましょう。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - デート中にやってはいけない「幻滅される行動」5つ
今読んだ記事

デート中にやってはいけない「幻滅される行動」5つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事