女子を味方に!マウンティング対象外になるコツ5つ

【モデルプレス】女性の多い職場で働いていたり、女子同士の集まりが多かったり…女の世界に当たり前にあるマウンティング。 しかし、できればマウンティングなんてされたくないですよね。どうやったらマウンティングとは縁のない存在になれるのでしょうか?

最大のポイントは「敵」だと認識させない事。

そこで今回は「女子を味方に!マウンティング対象外になるコツ5つ」をご紹介いたします。

褒める

褒める事のできない女性は、相手からすると「自分を認めてくれない」と勘違いされやすいのですよ。

プライドが高く、「マウンティングすべき相手」と認定されてしまうかもしれません。

褒め過ぎてしまうのは嘘くさくなってしまいますが、適度に褒める事のできる女性になり敵だという認識を取っ払いましょう。

自分を褒めてくれる女性に対して、さらに自分を誇示しようとは思いませんよね。

コンプレックスをさらけだす

女性であるのなら、同じ女性の悩みが分かるはず。

「太っている」「胸が小さい」という外見の悩みや「結婚への焦り」「年齢」という目に見えない悩みが色々とありますよね。

悩みやコンプレックスを話す女性に対して、「私は大丈夫」などと自分の自慢に話題を転換するのは絶対NGですよ。

自分の中で優劣がはっきりしていたとしても、自分は優れているというアピールは誰も得しません。

相手に同調しつつ、自分も弱みをさらけだすと相手は親近感を覚えて、好印象を抱くでしょう。

男性の前での態度を変えない

女性の前と男性の前の態度が違い過ぎる女性は敵を作りやすいです。

男性の前で可愛く振る舞えるのであれば、女性の前でもそれを貫きましょう。とにかく態度を変えない事が大事なのです。

ぶりっ子も裏がなければぶりっ子にならないという事は覚えておきましょう。

情報は共有する

特に「この化粧品よかったよ」や「○○ダイエット効果的だよ」等、良い情報は共有するようにしましょう。

良い情報を与える事で「こちらに敵対心はありません」と仲良くしようとしている事が伝わりますよ。

アドバイスは控える

アドバイスは「どうしたらいいんだろう」と求められている時だけにするといいでしょう。

女子の会話の多くは、ただ聞いて欲しいだけなのです。同調することを忘れてしまうと「偉そうに」と思われてしまうきっかけになりやすいのですよ。

アドバイスをすることより、同調することを心掛けるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。

同性同士だからこそ分かり合えることはたくさんありますが、逆に刺激を与え過ぎてライバル視されてしまうと関係が上手くいかない要因になってしまいます。

敵にならずマウンティング対象外になるよう心掛けが必要ですね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 女子を味方に!マウンティング対象外になるコツ5つ
今読んだ記事

女子を味方に!マウンティング対象外になるコツ5つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事