彼に「好き」と言わせる5つの方法

【モデルプレス】なかなか「好き」を言ってくれない彼、気持ちは伝わってきても言葉で伝えて欲しい時もありますね。 男性には2通り、「好き」をたくさん言えるタイプと全く言えないタイプとがあるようです。全く言えないタイプのほとんどが「照れ」ているのだそう。だったら女子側で、照れにくい状況を作ってあげるしかないですよね。

プレゼントとしておねだり

誕生日や記念日のプレゼントとして、「好き」の言葉をリクエストしてみましょう。普段は照れから口にしにくい言葉でも、特別な日のプレゼントとしてなら、頑張ってくれる可能性大です。

好きなものをリストアップ

お互いの「好きなもの」のリストアップをしてみましょう。あなたのリストには当然彼の名前が入っているはず。彼のリストにもしあなたの名前があれば、それを読み上げながら、「焼肉が好きなの?」などの間に、「私のこと好きなの?」を入れれば、「うん、好きだよ」の言葉を導きやすく、彼も口に出しやすいはずです。また、リストにあなたの名前が入っていなくても、機嫌を悪くしないように。ちょっとすねて「私のこと好きじゃなかったの?」といえば慌てて、「好きに決まってるだろ」となるはず。

罰ゲーム感覚で

デートの時間に遅れやすい彼に「今度遅れたら『好き』って言って」と通告しておくのも1つの手です。それ以外の場面でも、罰ゲーム的な軽いノリなら、口にしやすい面があるようです。

ムードを作って

男子たるものやたらとそんな言葉は口にできない、そんなタイプの彼には、「ここぞ」という状況を作ってあげましょう。夜のベッドイン中に、「好き?」と耳元でかすかに聞けば、「好き」と言いやすいでしょう。この時、目を合わせずにいることが大切。互いの頬を寄せ、ささやき声でも耳に届きやすく、照れくさい言葉を口にしている顔を相手に見られない状況が大切です。

ストレートに

「好きよ、好き?」とストレートに聞きましょう。この時、真剣すぎると彼が引いてしまう可能性があります。かといって軽すぎてもスルーされてしまうかも。ちょっと会話が途切れた時、2人きりでムードが高まっている時にサラっと口にするのがコツです。彼が「好きだよ」と返してくれれば成功。無言だったらそれは単なる照れなので、「やっぱりダメか」程度のがっかり発言で許してあげましょう。もし、「何言ってんだよ」的な言い逃れをするようなら、「好き」の言葉をもらえない寂しさや悲しさを思い切って伝えるいいチャンスかもしれませんね。

いかがでしょうか?

男性は、心で思っていても「好き」の一言を口に出すのに多大な勇気が必要な場合があるようです。普段はそのあたりも理解してあげたいけれど、時には言葉も欲しいものですね。言葉が全てではありませんが、彼女が本当に欲している言葉なら、状況さえ揃えば言ってくれるはず。5つの方法を状況に合わせて試してみてくださいね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 彼に「好き」と言わせる5つの方法
今読んだ記事

彼に「好き」と言わせる5つの方法

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事