山田裕貴(提供写真)

山田裕貴「ULTRAMAN: RISING」日本語吹替え版声優に決定「まさか自分がウルトラマンになるとは」

2023.11.10 07:00

株式会社円谷プロダクションとNetflixが共同で製作し、2024年に全世界配信されるCGアニメーション長編映画のタイトルが『ULTRAMAN: RISING』に決定。俳優の山田裕貴が日本語吹替え版声優を務めることがわかった。


「ULTRAMAN: RISING」

「ULTRAMAN: RISING」(C)円谷プロ
「ULTRAMAN: RISING」(C)円谷プロ
この度、新たな場面写真とティザー予告が、Netflixのオンラインイベント「GEEKED WEEK」で解禁となった。そこでは、ウルトラマンとなる主人公の野球選手、サトウ・ケンの変身シーンや、怪獣との迫力ある戦闘シーンの一部が公開された。

「ULTRAMAN: RISING」(C)円谷プロ
「ULTRAMAN: RISING」(C)円谷プロ
Netflix映画『ULTRAMAN: RISING』は、1966年の放送開始以来、57年にわたり全世界で愛され続けている不滅のヒーロー「ウルトラマン」を、『KUBOクボ 二本の弦の秘密』(2016・原案/キャラクターデザイン)などで知られるクリエイター、シャノン・ティンドルが監督・脚本を担当し、共同監督にジョン・アオシマ、もう一人の脚本をマーク・ヘイムズが担当。CGアニメーション制作を『スター・ウォーズ』『ジュラシックパーク』など、数々の名作・ヒット作を送りだしてきた「インダストリアル・ライト&マジック(ILM)」が手掛け、新たなウルトラマンストーリーとして創造している。

山田裕貴、日本語吹替え版声優に決定

「ULTRAMAN: RISING」(C)円谷プロ
「ULTRAMAN: RISING」(C)円谷プロ
今回の解禁に伴い、日本語吹替え版声優として、ウルトラマンとなる主人公サトウ・ケン役を、山田が演じることが決定。山田は「まさか自分がウルトラマンになるとは、ヒーロー作品でデビューした身としていろいろな想いが駆け巡ります。携わりたかったILMの制作チームの皆さんとご一緒できることもとても嬉しいです。全力で変身して、世界に轟かせたい」と意気込み。

「ULTRAMAN: RISING」(C)円谷プロ
「ULTRAMAN: RISING」(C)円谷プロ
また、11月25日に行われる、円谷プロが贈るファンに向けた最大の祭典「TSUBURAYA CONVENTION 2023」(ツブコン2023)のオープニングセレモニーに、シャノン・ティンドル監督、ジョン・アオシマ共同監督が来日し登壇予定。そこに山田も参加し、ファンやメディアに挨拶することも決定した。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 山田裕貴「ANNX」初イベントチケット応募数が半日で予定枚数到達「高まる期待をひしひしと感じる」
    山田裕貴「ANNX」初イベントチケット応募数が半日で予定枚数到達「高まる期待をひしひしと感じる」
    モデルプレス
  2. 永野芽郁、月9でフジドラマ初主演決定 山田裕貴とファンタジーラブストーリー<君が心をくれたから>
    永野芽郁、月9でフジドラマ初主演決定 山田裕貴とファンタジーラブストーリー<君が心をくれたから>
    モデルプレス
  3. 「ワタナベ次世代オーディション」GPは14歳・下川愛陽 山田裕貴からエール
    「ワタナベ次世代オーディション」GPは14歳・下川愛陽 山田裕貴からエール
    モデルプレス
  4. 浜辺美波の“天然発言”に山田裕貴即ツッコミ「俳優だから俺」<ゴジラ-1.0>
    浜辺美波の“天然発言”に山田裕貴即ツッコミ「俳優だから俺」<ゴジラ-1.0>
    モデルプレス
  5. 山田裕貴「すげー嬉しかった」反響をもらった存在明かす<ゴジラ-1.0>
    山田裕貴「すげー嬉しかった」反響をもらった存在明かす<ゴジラ-1.0>
    モデルプレス
  6. 山田裕貴・杉野遥亮・板垣李光人・北川景子「家康行列」参加で7000人にお手振り
    山田裕貴・杉野遥亮・板垣李光人・北川景子「家康行列」参加で7000人にお手振り
    モデルプレス

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. ドニー・イェン演じる「盲目の殺し屋ケイン」にキアヌも興奮 「ジョン・ウィック:コンセクエンス」特典映像が一部公開
    ドニー・イェン演じる「盲目の殺し屋ケイン」にキアヌも興奮 「ジョン・ウィック:コンセクエンス」特典映像が一部公開
    WEBザテレビジョン
  2. 宮世琉弥、即興S台詞・頭ポンポン…憧れシチュエーション実演でJK崩れ落ちる<恋わずらいのエリー>
    宮世琉弥、即興S台詞・頭ポンポン…憧れシチュエーション実演でJK崩れ落ちる<恋わずらいのエリー>
    モデルプレス
  3. 宮世琉弥&原菜乃華、女子高サプライズ訪問で会場沸かす「気持ちいいです」<恋わずらいのエリー>
    宮世琉弥&原菜乃華、女子高サプライズ訪問で会場沸かす「気持ちいいです」<恋わずらいのエリー>
    モデルプレス
  4. 映画コメンテーター・有村昆が語る台湾映画の魅力「良い意味でガラパゴス進化しているのが面白い」
    映画コメンテーター・有村昆が語る台湾映画の魅力「良い意味でガラパゴス進化しているのが面白い」
    WEBザテレビジョン
  5. 「アベンジャーズ」“ハルク”役マーク・ラファロ、「哀れなるものたち」でアカデミー賞受賞なるか “愛され俳優”の軌跡
    「アベンジャーズ」“ハルク”役マーク・ラファロ、「哀れなるものたち」でアカデミー賞受賞なるか “愛され俳優”の軌跡
    WEBザテレビジョン
  6. 柴咲コウ、全編フランスロケ&フランス語で映画主演 黒沢清監督初のセルフリメイク<蛇の道>
    柴咲コウ、全編フランスロケ&フランス語で映画主演 黒沢清監督初のセルフリメイク<蛇の道>
    モデルプレス
  7. flumpool山村隆太、スクリーンデビュー 杉野遥亮と松下奈緒を奪い合う兄弟役で初共演<風の奏の君へ>
    flumpool山村隆太、スクリーンデビュー 杉野遥亮と松下奈緒を奪い合う兄弟役で初共演<風の奏の君へ>
    モデルプレス
  8. 鈴鹿央士、初の撮影方法振り返る「僕らの拙い操作をスクリーンに映せなかった」<PLAY! 〜勝つとか負けるとかは、どーでもよくて〜>
    鈴鹿央士、初の撮影方法振り返る「僕らの拙い操作をスクリーンに映せなかった」<PLAY! 〜勝つとか負けるとかは、どーでもよくて〜>
    モデルプレス
  9. 高橋恭平、アクションシーンに挑戦も所作がきれいすぎて注意「『アイドルになってるよ』と言われた(笑)」<マイホームヒーロー>
    高橋恭平、アクションシーンに挑戦も所作がきれいすぎて注意「『アイドルになってるよ』と言われた(笑)」<マイホームヒーロー>
    WEBザテレビジョン

あなたにおすすめの記事