DOBERMAN INFINITY・SWAYを斎藤工・金子ノブアキらが絶賛

DOBERMAN INFINITYのSWAYが8日、都内で行われたSSFF & ASIA 2019「チーム万力presents ショートフィルムの未来地図 vol. 2」に、斎藤工永野金子ノブアキ、清水康彦監督と登壇した。
SWAY (C)モデルプレス
SWAY (C)モデルプレス
俳優・映画監督・写真家とマルチに活躍する斎藤(齊藤工名義で企画・プロデュース)、ピン芸人の永野、ミュージシャン・俳優の金子の個性的な3人の演者に、映像ディレクターの清水氏を加えた、映像制作プロジェクトチーム「チーム万力」。

この日のイベントでは、SWAYを迎えた「チーム万力」の個性を凝縮した最新自主制作ショートフィルム『DEATH BIKE』と、11月29日に公開となる長編映画『MANRIKI』を「SSFF & ASIA」のために1つの短編作品として再編集した特別作品、2作を上映した。

写真50枚超フォトギャラリー


SWAY、永野(C)モデルプレス
SWAY、永野(C)モデルプレス

SWAY、せっかく鍛えたのに…

『DEATH BIKE』上映後、「チーム万力」初参加となったSWAYは、上裸でバイクにまたがりエンジンを蒸す役どころ。「なんせセリフが1個も無いのこの日のために僕が出来ることはジムに行くことだけだったので、『それをやってきた俺にタンクトップ用意するんですか?』って。(鍛えた体を)隠すことになるじゃないですか、だから(劇中では着用していないが)そのタンクトップにはちょっとイラっとしちゃいました(笑)」と、笑顔で振り返った。

斎藤工、永野、金子ノブアキ、SWAY (C)モデルプレス
斎藤工、永野、金子ノブアキ、SWAY (C)モデルプレス

絶賛の言葉にSWAY「ドッキリですか?」

一方、チームに初参加したSWAYについて「人間関係が出来すぎていることによる向かう先を、すごく高いところに位置づけてくれたのがSWAYさんだった」(斎藤)、「現場で盛り上がっちゃったというか、『MANRIKI』という作品も去年撮っていたメンバーの感じだと思っていたが、まさかSWAYがここまで影響を及ぼすかと。ポジティブな影響をくれた」(永野)と絶賛。

続けて、清水監督がSWAYを「太陽みたいだった。メンバーには無いキャラクターだった」とも称し、相次ぐ称賛の言葉に「今日なんかのドッキリですか?なんですか?」と困惑しつつ照れていた。

斎藤工、永野、金子ノブアキ、SWAY、清水康彦監督 (C)モデルプレス
斎藤工、永野、金子ノブアキ、SWAY、清水康彦監督 (C)モデルプレス

SWAYは「ごきげん」?

さらに、『MANRIKI』上映後に金子も加わったトークでも、斎藤が「散らばりかけた作品を、SWAYさんという存在が照らして、さらに導いてくれた」と完成した作品の感想を語り、金子も「本質的にすごく明るい」とSWAYの人柄を称賛。

永野から上がった「ごきげんですよね」の言葉には、「『ごきげん』はちょっと…(笑)」と突き返したSWAYだったが、その後も登壇者から「機嫌いいやつだった」「ヘルシー」「景気いいやつ」「わんぱく」などの評価が飛んでいた。(modelpress編集部)

齊藤工が企画・原作・監督・出演の新作発表




【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - DOBERMAN INFINITY・SWAYを斎藤工・金子ノブアキらが絶賛
今読んだ記事

DOBERMAN INFINITY・SWAYを斎藤工・金子ノブアキらが絶賛

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事