松山ケンイチ、早乙女太一&堺雅人に「ムラムラしました」<プロメア>

【松山ケンイチ/モデルプレス=5月15日】映画『プロメア』(5月24日公開)の完成舞台あいさつが15日、都内にて行われ、声優を務めた松山ケンイチ早乙女太一堺雅人ケンドーコバヤシ古田新太、佐倉綾音、脚本の中島かずき氏、今石洋之監督が登壇した。
早乙女太一、松山ケンイチ、堺雅人 (C)モデルプレス
早乙女太一、松山ケンイチ、堺雅人 (C)モデルプレス

松山ケンイチ、早乙女太一&堺雅人に「ムラムラ」

アフレコは約1年前に行われたそうで、収録時のエピソードを振り返り、松山は早乙女について「太一くんは本当に色気がある。キャラクターにマッチしていて、男性ですけど、ちょっとなんかムラムラするというか…そういう感じはありましたね」と発言。早乙女はすかさず「気持ち悪いな(笑)!言い方が」とツッコミを入れた。

映画『プロメア』完成舞台あいさつの様子 (C)モデルプレス
映画『プロメア』完成舞台あいさつの様子 (C)モデルプレス
すると松山は「堺さんは二面性がある。そういうところも僕ムラムラしましたね」と続け、早乙女に「ずっとムラムラしてたんですね」と言われてしまうことに。

しかし同作で松山は「最終的には7歳の子供に帰った気持ちで必殺技を言い合ってた」と言うほど全力投球の演技だったそうで、「それ(ムラムラ)を消すかのようにセリフを叫んでたんですけどね」と笑わせた。

映画『プロメア』 演技派俳優陣×実力派声優陣が夢の競演

映画『プロメア』完成舞台あいさつの様子 (C)モデルプレス
映画『プロメア』完成舞台あいさつの様子 (C)モデルプレス
本作は人気TVシリーズ「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)でタッグを組んだ、アニメ界を沸かせる今石と演劇界を牽引する中島が監督・脚本を担当。構想から6年。2人が手掛ける初の長編映画作品となっている。

燃える火消し魂を持つレスキュー隊員・ガロ役に松山、ガロと対峙する<マッドバーニッシュ>のリーダー・リオ役に早乙女というダブル主演をはじめ、自治共和国プロメポリスの司政官・クレイ役に堺、科学者デウス博士を古田が演じるなど、「劇団☆新感線」への出演経験を持つ演技派俳優陣が集結。ガロを支えるアイナ役には佐倉、さらにTRIGGER作品の常連である実力派声優らが脇を固め、夢のキャスティングが実現した。

『プロメア』ストーリー

全世界の半分が焼失したその未曽有の事態の引き金となったのは、突然変異で誕生した炎を操る人種<バーニッシュ>の出現だった。あれから30年――攻撃的な一部の面々が<マッドバーニッシュ>を名乗り、再び世界に襲いかかる。対バーニッシュ用の高機動救命消防隊<バーニングレスキュー>の燃える火消し魂を持つ新人隊員・ガロと<マッドバーニッシュ>のリーダー・リオ。熱き魂がぶつかりあう、二人の戦いの結末は――。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 松山ケンイチ、早乙女太一&堺雅人に「ムラムラしました」<プロメア>
今読んだ記事

松山ケンイチ、早乙女太一&堺雅人に「ムラムラしました」<プ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事